デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム00
形式番号GN-001REII
頭頂高18.3m
本体重量56.9t
武装GNソード改、GNソード(実際には装備していないが記載されている)
GNビームサーベル、GNバルカン
GNシールド(本編では使用せず。ガンプラには同梱されている)
専用機パイロット刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(劇場版)
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ&三日月・オーガス
本館

VS3弾SEC・VS3-079

証言タイトル刹那の『最初の』ガンダム
内容「こっちは見覚えあるだろ?そう、エクシアさ。
刹那がイアンさんに預けて、最新技術で改修されたんだ。
動力推進系の変更や、太陽炉の安全装置の解放機能に、武装も整理されて……
え?お互い太陽炉を積んだ0ガンダムとリペアIIが戦えば、どちらが強いのかって?
……なかなかロマンのある質問を投げかけてくるじゃないか、でも残念ながら……
この2機は一緒に仲良くプトレマイオス2に配備されるのさ」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバー
備考同弾SECオーACDの続き。
証言の時系列はソレスタルビーイング号に攻め込む直前で、そのロマンのある質問の答えは本編最終回で実際に起こることとなった。

DW3弾ヴァリアブルP・DW3-021

証言タイトル『強さ』とは
内容「単純な戦闘力で測るなら、もちろんエクシアよりダブルオーライザーの方が性能は上さ。
……が、そんな道理が完璧に通じないのが戦いって奴でね。
あの決戦で刹那が示した強さは、モビルスーツの性能なんてものを超えた、ガンダムになったあいつ自身の力だったよ」
インタビュー人物ソレスタルビーイングの構成員
備考ダブルオーライザーからヴァリアブル。

DW3弾PARA・DW3-089

証言タイトル彼の『琴線』に
内容かつてガンダムエクシアのガンプラをビルドしていた私にとって、ダブルオーライザーからエクシアリペアIIへの乗り換えは特別なシーンさ。
機体のスペックよりも、パイロットの気迫が勝敗を決する……
ガンプラビルダーとして、ガンプラファイターとして、あの決戦は私の心の琴線に触れた……ああ、とめどなく、そして激しくね
インタビュー人物3代目メイジン・カワグチ
備考ダブルオーライザーからヴァリアブル。

編集にはIDが必要です