デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>キャンペーンカードリスト>OA6弾CP

概要

OA6弾におけるキャンペーンカード、V作戦キャンペーンについてのページ。
1979年4月7日に放送がスタートしたファーストガンダムこと「機動戦士ガンダム」が放送40周年を記念としたキャンペーンカード。
全くの余談ではあるが、OA6弾稼働中の2019年4月6日23:30よりサンテレビで機動戦士ガンダムの放送がスタートし、放送終了後と同時に4/7・・・初放送日の40周年を迎えるという慶事が起きた。

裏面証言は証言タイトルは「機動戦士『○○(機体名)』」、内容はその機体の説明が書かれた広報資料となっている。

収録カード

ガンダム

カードページへ
証言タイトル機動戦士『ガンダム』
内容「地球連邦軍が発動したV作戦において開発された白兵戦用モビルスーツ。
サイド7から運び出す予定であったが、ジオンの急襲を受けたためそのまま実戦配備された。
『史上初の戦艦並みの威力を誇るビーム兵器を持つモビルスーツ』という戦闘力という戦闘力の高さから『連邦の白い奴』として、ジオン公国軍の前線兵士を震え上がらせた」
インタビュー人物広報資料
備考V作戦キャンペーンより。

ガンキャノン

カードページへ
証言タイトル機動戦士『ガンキャノン』
内容「地球連邦軍がV作戦の中距離支援用に開発した赤い砲兵型モビルスーツ。
両肩に装備した強力なキャノン砲と重装甲が特徴。
ガンダムガンタンクと同様にコア・ブロック・システムを採用しており、各パーツに互換性がある。
ホワイトベースで運用され、戦場を問わず活躍した」
インタビュー人物広報資料
備考V作戦キャンペーンより。

ガンタンク

カードページへ
証言タイトル機動戦士『ガンタンク』
内容「地球連邦軍がV作戦における長距離支援用に開発した、紺色の戦車型モビルスーツ。
上半身のAパーツには120mm低反動キャノン砲と4連装ポップ・ミサイル・ランチャーを装備、下半身のBパーツには履帯ユニットを採用。
ホワイトベースに実戦配備され、その性能をいかんなく発揮した」
インタビュー人物広報資料
備考V作戦キャンペーンより。

編集にはIDが必要です