デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


パイロット解説

出典作品ガンダムビルドファイターズ
年齢24歳
所属イタリア
専用機ウイングガンダムフェニーチェ
本館

B3弾C・B3-064

証言タイトル「イタリアの『伊達男』」
内容「イタリアには面白いガンプラファイターがいるのさ、リカルド・フェリーニって奴が。
今は世界中を旅して回ってるらしいから、そのうち日本にも来るんじゃないか?
あんがいそこら辺で、ガンプラ片手にバトルじゃなく……ガールハントをしているかもね」
インタビュー人物世界のガンプラ事情に詳しい男
備考流石に証言主はラルさんじゃないだろうけど。「ビルドファイターズ」のパイロット達はほぼ時系列に沿って多数が排出され、「語る」量も多い。

B4弾R・B4-060

証言タイトル「陽気だけじゃ『ない』」
内容「意外と面倒見がいいところがあってな、困っている人を放っておけないという……
それが高じてレイジの練習相手になってやった部分も少なからずあるだろう。
オレもそうだが、イタリア人は気のいいヤツが多いのさ。
というわけでお嬢さん、今からお茶でもいかがかな?」
インタビュー人物イタリアのガンプラファイター
備考

B5弾C・B5-063

証言タイトル「イタリア『チャンプ』として」
内容「―スポーツマンシップという一言だけで、あの戦いを表現することはできない。
この時点で決勝大会出場の権利を有していたリカルドの辞書に『温存』という文字はなかった。
なぜなら、彼はいつでも『勝利』を掴むために戦ってきたのだから。
最終予選第8ピリオドの26試合目……わたしはこの試合を生涯忘れることはないだろう」
インタビュー人物ガンプラバトル評論家
備考名作「戦士のかがやき」から。

B6弾C・B6-063

証言タイトル「その『関わり方』はもはや」
内容セイ&レイジ組がここまで勝ち上がれた最大の立役者が、実はリカルド・フェリーニなんじゃないかって情報を仕入れましてね。
特にレイジ君が無名ファイターだった頃から世界大会出場者となった今でも、彼の成長を要所要所で後押ししたとか……
これじゃ、師匠と言っても過言じゃありませんな」
インタビュー人物ガンプラバトルの事情通
備考

B7弾C・B7-063

証言タイトル「伊達男の名は『ダテ』じゃない」
内容「やることはしっかりやってるんだな、フェリーニも。
いや、ガンプラの話だぜ?
短期間であんな新ウイングガンダムを密かに用意して……しかもそいつが強いと来たもんだ。
準々決勝での敗戦が、彼のビルダー心に火を付けちまったのかもな。
決めるところはしっかり決める。
やっぱり生粋の『イタリアの伊達男』ってワケだ!」
インタビュー人物フェリーニのファン
備考>新ウイングガンダム
フェニーチェの後継機であるガンダムフェニーチェリナーシタのこと。

BG2弾M・BG2-054

証言タイトル「酒と『ガンダム』と男と女」
内容「え、ガンプラバトルの世界大会出場者!?
さっきのイタリア人は、そんな有名な人だったんですか?
ぐでんぐでんに酔っぱらって、ただひたすらにガンダムトークを披露するだけのオタクにしか見えなかったけど……
伊達男っていうより、あれじゃイタリアの駄目男って感じね」
インタビュー人物ショットバーの女性客
備考>イタリアの駄目男
元々は世界大会第一ピリオドの前日に行われたレセプションパーティーで飲みすぎ二日酔いの状態になったフェリーニに対して視聴者が付けたあだ名だった。
しかし、この状態でも実力を発揮して世界大会第一ピリオドで勝利をもぎ取っている。

VS2弾R・VS2-062

証言タイトル英雄『だが』
内容「イタリアじゃ、リカルド・フェリーニの名前を知らない人なんていないくらい有名人だよ!」
「いつかあの人みたいなガンプラビルダーになりたいって思ってる子は、たっくさんいるんじゃないかな?」
「でもさ、パパやママにはあの人の中身までマネしちゃダメって言われたよ」
「俺もそれ言われた!」
「あ、私も!!」
「僕も〜!!」
インタビュー人物イタリア在住の子供たち
備考>パパやママにはあの人の中身までマネしちゃダメって〜
フェリーニの趣味であるガンプラを使ったガールハントの評判の悪さは、彼の故郷のイタリアに住む子供たちの親にも広まっていたようだ・・・

編集にはIDが必要です