デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品ガンダムビルドファイターズ
形式番号侍ノ弐
頭頂高17.9m(ビルダーの独自設定・記載なし)
本体重量58.2t(ビルダーの独自設定・記載なし)
武装サムライソード、粒子発動(BG3弾より加筆)
専用機パイロットニルス・ニールセン
本館

B5弾M・B5-041

証言タイトル「『真』の武士とは」
内容「武芸十八般という言葉を知っているかい?
日本の武士が合戦で勝つために修得すべきとされた18種類もの武技のことなんだ。
その中には自らの手足を武器とする格闘術も含まれていてね、武士は刀の扱いだけに秀でていたわけじゃない。
そして……戦国アストレイもまた、ホンモノの武士だったのさ」
インタビュー人物日本びいきのアメリカ人
備考本証言が出たのは本編ニルス戦前。

B5弾C・B5-042

証言タイトル「『匠』も学んだ」
内容「戦国アストレイ頑駄無がその手にする二振りのサムライソード、『菊一文字』と『虎徹』は紛れもなく歴史のある銘刀だ。
かつて人が手にしたそれは『鎧兜』や『石灯籠』を両断できたと聞くが……
いやはや、まさかこの時代で『ビーム』をも斬れるということが学べるとは」
インタビュー人物日本の刀鍛冶
備考英訳すると「ガーベラストレート」と「タイガーピアス」・・・オリジナル機が所持していた刀に

B6弾C・B6-037

証言タイトル「拳『対』拳」
内容「今までほぼ無傷で勝ってきた戦国アストレイ頑駄無があんな姿を見せるとは。
いやはや、さっきの準々決勝3回戦はショッキングだったよ。
途中で中断するほどの究極の格闘戦……
やる方もやられる方もダメージがハンパ無かったが、互いの気持ちをそのままぶつけ合ってるようなアツイ戦いだったぜ」
インタビュー人物ガンプラバトルの観戦者
備考

B7弾C・B7-039

証言タイトル「なぜなにもびるすーつ第『8』回」
内容「よい子のみんな、今日はプラフスキー粒子について勉強しよう!……ゴホン。
高濃度の粒子を流体的に操作することで、プラスチックが反応……
ん?難しすぎるかな?
よーするにふりかけたらガンプラが動き出す魔法の粉みたいなもんだ!
じゃあお台場の1/1ガンダムにかけたらどうなるんだろうね?
また約2ヶ月後に会おう!!」
インタビュー人物モビルスーツはかせ
備考なぜなにもびるすーつ第8回である。
お台場ガンダムは鋼鉄製なので仮に散布したところで動かないと思われる・・・多分。

BG3弾CP・BG3-073

証言タイトル「『ブーステッドマン』に聞く」
内容俺達に3人チームの秘訣を聞こうって言うのがそもそもの間違いだぜ。
こっちからすれば、
シャニクロトもいい弾よけになってくれりゃ有り難いってレベルさ。
あいつらにも聞いてみな?きっと同じようなことしか言わないと思うがな。
どっちにしたって、命令されたら戦うしか無いんだ……うぜーけどよ
インタビュー人物オルガ・サブナック
備考トライブレイズキャンペーンより。
証言者は三馬鹿(※公式愛称)の一人、オルガが担当しており、彼自身はDW2弾とだいぶ先で参戦することになる。
しかしながら、そんな彼らが特殊演出付きトライブレイズを引っさげてくるとはこの時点で予測できたのは何人いただろうか・・・。

VS2弾C・VS2-029

証言タイトル『戦国』のアストレイ
内容「『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』に登場するアストレイレッドフレームを独自改造した和風ガンプラだ。
製作者のニルス・ニールセン氏は日本の武術に精通しており、本機の操縦にもそれが活かされることだろう。
菊一文字と虎徹と名付けられたサムライソード(日本刀)がメイン武器で、その切れ味はビームすら切り裂くことが可能だとか!?」
インタビュー人物HOBBY HOBBYより
備考

VS5弾C・VS5-027

証言タイトルビームを『……』
内容「ビームは撃ったり、当たったり、回避したり、弾いたりするものだとばかり思っていました……
いえ、思い込んでいました、戦国アストレイ頑駄無と出会うまでは!
さすがアーリージーニアス、ニルス・ニールセンはとんでもない少年だよ、彼は飛んできたビームを『斬っちゃう』んだから!!」
インタビュー人物ガンプラバトルの観戦者
備考くどいようだがそれは原型機が既にやっている。

OA5弾C・OA5-013

証言タイトル『スペシャル』アタック
内容「すごいバトルだったよね……!
どんなに強力な装備を手にしていたって、相手もそれは同じ。
だったら最後は自らの身体の中にある力を使って勝負を決める……
トールギス・ワルキューレを倒した戦国アストレイのスペシャルアタック、僕のガンプラにも是非取り入れてみたいよ!」
インタビュー人物選手権の参加者
備考

DW1弾M・DW1-030

証言タイトル彼もまた『未熟』だった
内容「戦国アストレイは白兵戦の武装ばかりで遠距離戦が苦手……?
まったく、ガンプラを見たままで評価しているようじゃ、ファイターとしてまだまだ未熟だぜ。
あの機体が装備するサムライソードの斬撃は、離れた相手だって斬り裂くのさ……
実際に喰らっちまった俺が言うんだ、間違いのない証言だろ?」
インタビュー人物とあるガンプラファイター
備考本機の遠距離攻撃であるサムライスラッシュについて。
本ゲームでも無属性の射撃攻撃で採用されている。

BPR-030

証言タイトル「頑駄無の『魂』」
内容「モビルスーツは人の姿をした機械だけど……
だからこそ人が使ってきた色々な武器を上手く扱えるし、なによりも似合うんだ。
こいつがメイン武器としているサムライソード(日本刀)は、それ自体が『魂』と例えられるほど、日本の武士にとって大切なものだったのさ」
インタビュー人物日本武術に詳しいガンダムファン
備考

編集にはIDが必要です