すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ラルゲユウス

 
古代怪鳥
ラルゲユウス


【INDEX】
データ
プロフィール
ストーリー
小ネタ
アイテム

◆Data

呼称:ラルゲユウス【LARUGEUS】
 登場作品:ウルトラQ(1966) 第12話『鳥を見た』
別名: 古代怪鳥
身長: 7cm〜50m
体重: 300kg〜1万5千t
出身地: 第三氷河期の地球
分類 地球怪獣、
共演怪獣:なし

◇デザイン:

前回 次回
バルンガ←第12話→ガラモン

◆Profile


第3氷河期以前に絶滅したと言われていた古代怪鳥。
10世紀半ばのインド西部の都市で大量発生し、現代にも998年前の船と共にタイムスリップしてきた。
通常時は白い文鳥によく似た小鳥の姿をしているが、太陽の異常活動による宇宙線の変化で空腹によって巨大化するらしい。
鋭い口ばしを持ち、巨大な翼により風速40mの突風を巻き起こす。マッハ1.5の速度で500時間飛び続けることができる。
肉食性で、一度に肉を5tも食べてしまう。
拘置所に鳥篭内に閉じ込められた状態で収容されたが、拘置所を破壊して突如巨大化する。
街を羽ばたきで生じる突風で破壊しながら海を目指し、途中自分と親しくなった三郎少年との別れを惜しみつつ、空の彼方へと消え去った。

◆Story




◆Trivia


  • ラルゲユウスによって引き起される突風のシーンは、空の大怪獣ラドン(1956)などのライブフイルム流用である。


  • ラルゲユウスのセットは用意されていた。しかし破壊シーンに不満があり、上記ラドンのライブフイルム流用となる。破壊シーンは一度失敗すると撮り直しがきかない故である。

  • ラルゲユウス巨大化シーンの特撮は円谷英二御大が自ら演出。

  • この回に警官の一人として助監督の満田かずほが出演している。

◆Item


  • X-PLUS 大怪獣シリーズ ラルゲユウス STカラー
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ ラルゲユウス モノクロ
  • マーミット 怪獣天国 ラルゲユウス
  • マーミット 怪獣天国 ラルゲユウス 2期
  • マーミット ビニパラベビー カネゴン&ラルゲユウス

ガレージキット
  • 怪獣無法地帯 ラルゲユウス
写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
【↑トップへ】

2019年09月03日(火) 20:41:07 Modified by ID:8sLMMwE5jg

添付ファイル一覧(全3件)
2a343abb1a0ec5fc.jpg (2.32KB)
Uploaded by ID:ffH7QKgwnw 2006年08月21日(月) 07:26:31
eed1995e2577ae85.jpg (5.88KB)
Uploaded by ID:t9RZPyyg0w 2006年08月21日(月) 07:06:41
2e17d73899a50c30.jpg (1.95KB)
Uploaded by ID:OGMPpz1IZQ 2006年08月13日(日) 22:48:41



スマートフォン版で見る