すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

怪獣総進撃(1968)

『怪獣総進撃(1968)』 タイトルバック
写真「□□□:△△」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


怪獣総進撃(1968)  


【INDEX】

キャラクター、設定
データ、記録
スタッフ、出演者
タイトル、企画
ストーリー、展開
カタストロフ、破壊
エピローグ、最期
エピソード、反響
S・E、音楽
ウンチク、豆知識
アイテム、商品
メモリー、想い出

怪獣島の決戦 ゴジラの息子(1967)←前作・次作→ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃(1969)

◆【キャラクター、設定】



登場する兵器(超兵器)

登場する兵器(通常兵器)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【データ、記録】 


1968(昭和43)年8月1日 上映(同時上映:海底軍艦(1963)、海ひこ山ひこ)
1972(昭和47)年12月17日 再上映(同時上映:怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス(1972)、パンダコパンダ)
英語タイトル:DESTROY ALL MONSTERS
配給:東宝
観客動員数:258万人

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【スタッフ、出演者】




  • 撮影:完倉泰一
  • 美術:北猛夫
  • 録音:吉沢昭一
  • 照明:平野清久
  • 音楽:伊福部昭
  • 整音:下永尚

  • 監督助手:谷清次
  • 編集:藤井良平
  • 音響効果:西本定正
  • 現像:東京現像所
  • 製作担当者:坂本泰明

特殊技術
 




出演者







(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【タイトル、企画】

当時の映画館の入場者数はすでに全盛期の4分の1まで落ち込んでおり、子供たちの興味も映画館での怪獣よりも妖怪やスポ根を題材にしたテレビ番組へと向けられはじめ、怪獣ブームにも陰りが見えはじめていた。これらの要因から、東宝では本作をもって莫大な製作費を要する怪獣映画の終了を見込んでいたが、前作『ゴジラの息子』の観客動員数を10万人上回る成績を上げたことにより、東宝の怪獣路線は継続されることとなった。

登場怪獣の数は昭和ゴジラ映画で最多であり、2004年に『ゴジラ FINAL WARS』が公開されるまではゴジラシリーズでも最多だった。

当初の予定タイトルは『怪獣総進撃命令』であり、企画段階では『怪獣忠臣蔵』という仮題だった。1967年には関沢新一により『怪獣総出動』という脚本も書かれており、『ゴジラの息子』と共に製作ラインナップに挙げられていた。
検討用台本の段階では、アンギラス、ゴロザウルス、ミニラは入っておらず、マグマエビラが含まれていた。


(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ストーリー、展開】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【カタストロフ、破壊】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピローグ、最期】 




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピソード、反響】

  • 近未来を舞台にしていることから『メカゴジラの逆襲』(1975年)より後の時代を描いていると解釈しているものも存在する。


(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【S・E、音楽】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウンチク、豆知識】


  • オープニングの「タイトルの文字が起き上がる」というのは、後の円谷プロ作品で多用されることになる。

  • 皇居を避けて通ることで有名なゴジラが一番皇居に近づくのがこの作品。ただし、お堀の前まで来ただけで、皇居内には入ろうともしなかった。ちなみに、日本の特撮作品で皇居が破壊されるのはスーパーロボット マッハバロン(1974)第24話の、水爆ミサイルで東京が破壊されるイメージシーンが唯一の模様。(ただし、破壊というよりも消滅に近い。)

  • ファイヤードラゴンがビルを爆発した次のカットは、世界大戦争(1961)からの流用。



  • DVDのオーディオコメンタリーで谷清次は本作が最終作である説を否定している。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【アイテム、商品】   


DVD


書籍

その他


写真
参考資料「■■■:▲▲▲▲▲」

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メモリー、想い出】  








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2020年12月12日(土) 17:59:22 Modified by ID:oH49p2hlXg




スマートフォン版で見る