曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

/佑冒韻い海箸魎めて行わせ、それを見て喜ぶこと。単に、人の為した善いことを見て喜ぶこと。
ただ一仏二仏のみもとにして功徳を修せるのみならんや、すでに恒河沙等の諸仏のみもとにして、もろもろの功徳を修習せるなるべし。たとひ自己なりといふとも、たふとぶべし、随喜すべし。 『正法眼蔵』「袈裟功徳」巻

⊇力すること。法要が行われる際に、縁故の寺院僧侶が手伝いに行くことであり、特に随喜する僧侶を随喜衆という。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます