お使いのPCの健康に関わる話です。PCゲーム初心者必見!

目次


そもそもFPSとは?

ここでいうFPSというのは「Frame Per Second(フレーム毎秒)」のことです。フレームレートと言ったりもします。
これは動画で1秒間に何回画像を更新してるかを表す値のことです。

動画というのは、写真を何枚も撮って、それを連続で見せて動いてるように見せています。簡単に言うとパラパラ漫画みたいなものです。パラパラ漫画はページ数が多ければ多いほどfpsが高いという事になり、動きが滑らかになります。

たとえば1fpsだったら1秒間に1枚しか画像が更新されない紙芝居のような映像になります。
ちなみに映画は24fps、人間の目は30fpsらしいです

ゲームにもfpsは存在します。
fpsが高ければ動きが滑らかになって快適に遊ぶことができます。
fpsが低ければ動きがカクカクになって、いわゆる「重い」という状態になります。

FPSを制限しよう!

FPSは必ずしも、高ければ高いほど良いというものではありません!!
FPSが高いほどグラフィックボード(グラボ)やCPUに負荷がかかります。

PCゲームの中にはFPSの上限が設定されてないものもあり、高性能PCで古いゲームを遊んだりするとfpsが999とか異常なぐらい上昇し、無駄にPCのパワーを使ってしまいます。そうなると消費電力も上がるし、温度が上がって冷却ファンがうなりだして騒音にもなるし、PCによってはパワーの使い過ぎで電源が落ちたりします。とあるオンラインRPGではアルファテストの際、FPS上限が設定されていなかったためにグラフィックボードが燃えたプレイヤーがいたとか…(あくまで噂です)

また、ゲームによってはFPSが高すぎることによってバグが生じるものがあります。(ごく一部ですが)

これを避けるには、FPSの上限を設定する必要があります。
本項では、そのための方法をいくつか紹介します。

ほとんどのゲームは最大60fps出てれば十分スムーズです。
対戦ゲームのプロなんかは60fpsじゃ足りないという人もいるかもしれませんが、普通に遊ぶ分には問題ないです。

動きの少ないゲームであれば30fpsぐらいにして節電したり、映画っぽくしたかったら24にしたり、オンラインゲームなど放置する場合は1にするのもアリだと思います。

「fps…? なにそれおいしいの?」という方は絶対にFPS制限すべきです。

垂直同期(V-Sync)を使う

垂直同期について理解するには、先ずリフレッシュレートについて理解しないといけません。

.螢侫譽奪轡絅譟璽箸箸蓮


60hzのモニタでゲームが60FPS以上出てる場合はどうなるの?


垂直同期というのはゲーム内のFPSをリフレッシュレートの値と同じにする機能です。
つまり、お使いのモニタが60Hzの場合に垂直同期をONにすると、ゲームが最大60fpsで動作します。

ほとんどのゲームには、この機能をオプションで有効にできるので、最も簡単にfpsを制限できる方法です。英語ではVertical Synchronizingと言います。短くV-Syncと略されることが多いです。ブイシンクと読みます。

また、これを使うとテアリングという映像が乱れる現象が起きなくなるメリットがあります。

ただし幾つか欠点もあります。

1つ目は遅延です。


2つ目はスタッタリングです。



垂直同期に対応していないゲームもあります。そういった場合はグラフィックドライバの設定で有効にできます。
NVIDIA製グラボならNvidiaコントロールパネル、AMDならAMD Settingsで設定してください。AMD Settingsにはフレームレートターゲットコントロールという設定があり、これで最大FPS値を固定することもできます。

グラフィックボードのドライバからFPS制限を行う。

NvidiaのカードならNvidia コントロールパネル
AMDのカードならAMD Settingsを使います。AMD Settingsの使い方はここでは説明しません。すみません。
※このやり方だとDirectX8を使用した古いゲームには適用されません。最近のゲームならほとんど使えますので、ご心配なく。


Nvidiaユーザーの方。
まずデスクトップ画面の何もない部分を右クリックして、「Nvidia コントロール パネル」をクリックします。
コントロールパネルが起動したら、左側のメニューから「3D設定の管理」をクリック。

そしたらグローバル設定とプログラム設定を選ぶことができます。
グローバル設定では3D設定が全てのゲームに適用されます。

プログラム設定ではゲームごとに3D設定を適用することができます。基本はプログラム設定を選びます。

「カスタマイズするプログラムを選択する(S)」の下にあるプルダウンメニューをクリックすると、インストール済みのゲームのリストが表示されると思います。FPS制限したいゲームを選びましょう。

設定したいゲームがなかった場合、「追加(D)」を押せば直近に起動したゲームの実行ファイル(exe)のリストを見ることができます。

その下の大きな四角を下にスクロールすると最大フレームレートというのがあります。
そこでFPS制限をできます。お好みの数値を入力しましょう。

最大FPS値をモニタのリフレッシュレートと同じ値にするとティアリングが酷くなります。リフレッシュレートの値から2、3ぐらいプラスした値にすると多少マシになります。60hzなら62とか

バックグラウンドアプリケーション最大フレームレートという設定もあります。これでゲームが裏で動いてる状態での最大FPSを設定することができます。たとえばゲーム中にAlt + Tabを押してWebブラウザを見てるとき、裏で動いてるゲームはここで設定したFPSで動作することになります。もし頻繁に放置するようなゲームをプレイしているのであれば、ここを最低値の20に設定して、Alt + Tabを押してから放置することでPCの節電になります。

FPS制限ソフトを使う

どういうわけかドライバからのFPS制限が適用されないゲームもあります。そういった場合はFPS制限ソフトを使います。ここでは「Dec」を紹介します。

ゲームのFPS最大値を好きな値に設定でき、FPSを画面の端っこに表示出来たりします。

日本語の説明書が付いているのでそれを読めば使い方がわかると思います。
DirectX 8かDirectX 9を使用しているゲームにしか使えないのが欠点です。

DecのDLリンク
http://www.mediafire.com/file/3wgztz5v8tg7mg0/dec....

↓これはリンク先の画像です。緑のDOWNLOADという部分を押せばOK。


また、BandicamやDxtroyのような動画撮影ツールにもFPS制限機能があります。
これらはほとんどのゲームで使えますし、無料版でもFPS制限機能が使えます。
動画撮影中じゃなくても、これらのツールを起動しながらゲームを起動すればFPS制限が掛かります。(先に設定が必要)

英語のツールでもOKという方はRivaTunerもオススメです。

BandicamやDxtroy, RivaTunerならゲーム中でも最大fps値を変更できます。

FPS制限ソフトを使う注意点として、オンラインゲームではこれらのソフトを使うとチート検出ツールに引っかかったり、これらを使う事自体が、不正行為や利用規約違反に当たる可能性があるということに気を付けてください。

実際どれぐらい省エネになるのか?

パフォーマンス監視にNvidia Geforce Experience, FPS表示にRivaTunerを使って検証しました。

Battlefield 1でのテストです。2016年発売ですが、今見ても十分美しいゲームです。フルHD最高設定です。


FPS制限なし

グラボが全力を出しています。

FPS制限あり 62fps

クロック数は同じですが、GPU使用率が低下しています。
GPU電力は約30%の節電です。
ファンも止まりました。

FPS制限あり 62fps 「」設定

クロック数が下がり、グラボが力を抜きました。
FPSが同じでも、グラフィック設定を下げることでも節電になるようです(当たりまえ!)
温度も10度も下がっています。

FPS制限あり 1fps 最高設定

ものすごい節電になっています。ゲームを長時間放置するひとは1fpsにしたほうが良いと思います。

BandicamやDxtroy, RivaTunerならゲーム中でも最大fps値を変更できますので、活用しましょう。


次はArma Cold War Assaultというゲームで検証しました。もともとOperation Flashpointというタイトルで2001年に発売された古いゲームで、今見るとグラフィックはかなりショボいです。発売当時は相当重いゲームとして知られてたらしいですが、今の時代のPCならゲーミングPCでなくても問題なく動かせるでしょう。フルHD最高設定です。


FPS制限なし

GPU使用率がかなり高くなっており、パソコンからキーーンという甲高い異音(コイル鳴き)が発生しています。
グラフィックが古いにも関わらず、BF1をFPS制限なしでプレイした時とほぼ同じレベルでグラボが全力を出しています。
fpsはなんと1260!!!一秒間に1260ページめくる紙芝居です。

不必要なほどfpsが高く、グラボが完全に無駄なエネルギーを使ってます。
どのぐらい無駄かというと、割りばしを割るのにチェーンソーを使ってるような感じ。

これだけfpsが高くても映像や操作感は60fpsと比較してほとんど変化を感じられません。(60hzモニタ使用)
そのため、FPS表示が無ければこれほど高いFPSが出てることに気付かず、知らない間に無駄なエネルギーを使ってるなんてこともあります。

FPS制限あり 62fps

GPU使用率やクロック数が大幅に下がっており、グラボがかなり力を抜いてることがわかります。コイル鳴きもありません。
GPU 電力は15~40wを行き来しており、だいたい約40%ほどの節電になっています。

繰り返しになりますが、60hzモニタ使用で1260fpsと62fpsを比較しても体感できる変化はほぼ感じられません。

垂直同期に対応してないゲームたち

これらは私が今まで遭遇した、垂直同期も無ければFPS制限も掛かってない危険なゲームたちです。
  • Arma: Cold War Assault (旧Operation Flashpoint)
  • Chromeシリーズ(Techland)
  • Legendary(2008年発売のFPS)
  • NecroVisionシリーズ
  • Nordlicht
  • Nosferatu: The Warth of Malachi
  • Metro 2033 (オリジナル版)
  • Painkillerシリーズ(Hell and damnation以外)
  • Risen 1
  • Tribes Vengeance
  • Two Worlds 1
  • The Witcher(初代ウィッチャー)
  • ラストレムナント(通常版)

他にもたくさんあることでしょう。古いゲームやUnityエンジンを使用した短編インディーゲームなどが当てはまってることが多いです。


FPSが高すぎると不具合が起きるゲームたち

GTAサンアンドレアス(2004年オリジナル版)

オプションに垂直同期なし
FPSが高いと泳ぎが非常に遅くなり、潜水時に至ってはほとんど動けなくなります。
60fpsでも十分とはいえず、30ぐらいまで下げないと潜水時に動けません。ディスプレイ設定でフレーム制限(FRAME LIMITER)をONにすれば最大30fps上限になるので、60FPS以上でプレイしたい人は、泳ぐ必要がある時だけONにすると良いです。

デッドスペース1(2008年オリジナル版)

デッドスペース1はFPS値によってマウス感度(カメラの感度)が変わります。
FPSが高いとカメラの動きが遅くなり、低いと速くなります。
FPS制限を掛けなければ、場面によってカメラの速度が変わるのでプレイが困難になります。

ゲーム内オプションにVsyncがありますが、ONにすると30fps上限になるので、嫌だという人はグラボの設定からVsyncを有効にするか、FPS制限ソフトを使う必要があります。

「Dec」を使う場合はd3d9.dllを使いましょう。

Nosferatu: The Wrath of Malachi

オプションに垂直同期なし
FPSが高すぎるとタイトル画面でマウスの操作が困難になる他、ちょっとした段差や宝箱にぶつかると大ジャンプする現象が発生します。これのせいで移動が煩わしくなるし、NPCが天井に引っかかったり、転落死する可能性があるので、FPS制限したほうがいいです。

FPS制限を掛けると初回ロードが少し長くなるという欠点もありますが、しょうがないです

本作を含むDirectX 8を使用してるゲームはNvidiaコンパネからのFPS制限や垂直同期を無視します。

Decを使う場合はd3d8.dllを使いましょう。

スカイリム(を含むベセスダゲームスタジオ制作のRPG)

スカイリム(スペシャルエディション含む)は60fpsを超えるとオブジェクトが荒ぶります。
120hzのモニタを使用している場合、垂直同期を掛けても意味がないので、60hzに変更するか、FPS制限ソフトを使用する必要があります。(75hzの場合は垂直同期を掛けていてもさほど問題ないかも。)

「Dec」を使う場合はd3d9.dllを使いましょう。スペシャルエディションはDirectX11を使用しているのでDecは使えません。

↓120FPSでのオープニングシーン


Oblivion, Fallout3, Fallout New Vegas, Fallout4でもFPSが高すぎるとゲームが加速したりします。

Spyro Reignited Trilogy(スパイロ リマスター)

ゲーム内の物理演算が30fps向けに作られているため、fpsがそれ以上で出ている状態でプレイするとゲームが正常に進行しない場合があります。

たとえばAlpine Ridge(グライドマウンテン)というステージで、魔法使いが足場や階段といったオブジェクトを動かすのですが、FPSが高い状態だと動かしてくれず進行不能になります。

それ以外にもFPSが高いと、床を滑ったり、ジャンプが低くなるようです。

OPITONSのGRAPHICSからMAX FPSを30にしましょう。

追記(2021-01-21)
どうやら50fpsまでなら問題ない模様。MAX FPSの設定に50fpsがあるのはおそらくそのため。

豆知識
このゲームに限らず、30fpsで遊ぶときはモーションブラーをONにすると映像がなめらかっぽく感じます。しかしその場合、スクリーンショットの画像がブレてしまうことがあるので注意。


The Suffering シリーズ

オプションに垂直同期あり。
60fpsを超えるとAIの挙動がおかしくなる。

The Suffering Series AiO Patch を導入すれば、リフレッシュレートが60hzになり、ワイドスクリーンにも対応するので導入をオススメ。その他のバグも修正されます。

Chrome 及び Chrome: SpecForce

オプションに垂直同期なし
fpsが高すぎると、主人公がまるで氷の上を歩いているかのように滑りまくります。
何故かNvidia コントロールパネルから垂直同期をONにしても有効になりませんでした。ゲームの実行ファイル名がGoogle Chromeと被ってるからかもしれません。知らないけど。本作を含むDirectX 8を使用してるゲームはNvidiaコンパネからのFPS制限や垂直同期を無視します。

Decを使う場合はd3d8.dllを使いましょう。


SpecForceの場合はd3d9.dllを使いましょう。

Legendary(2008年発売のFPSゲーム)

オプションに垂直同期なし
ゲーム終盤、エレベーターに乗ると床をすり抜けて落下死するバグがあります。この時だけFPS上限を30にすれば問題なく進行します。

Decを使う場合はD3D9.dllを使う

初代Call of Duty & United Offensive

fpsが144以上になると主人公の足音が聞こえなくなる
オプションに垂直同期(Sync Every Frame)があるが遅延がすごい。

オプションでConsoleを有効にし、半角/全角を押して「/com_maxfps XX」でFPS上限を設定可能。XXの部分に好きな数字を入力

Daikatana

FPSが低いとロードが長くなる。


非公式パッチ1.3を導入すると改善。

FPSが高いと有利になるゲーム?

画面がより滑らかに動くから有利とかそういうレベルじゃなく、一部のゲームにはFPSが高すぎると攻撃力、移動速度が上がったり、ロードが早く終わるようになるゲームが存在します。

別に、こうしたほうが良いですよとススメているわけでは無く、FPSが高いとこういう現象が起こるゲームもあるんですよという紹介です。

ロードが早くなる。

一部のゲームはFPSが高ければ高いほどロードが早くなります。有名ゲームだと旧PSO2、Skyrim、Fallout 4などです。逆に言えばFPSが低いとロードが長くなります。

ロード時間の比較が始まるのは0:40から

PSO2はランチャーの設定からFPS制限が可能です。一部のユーザーはGSD_fpsといったFPS制限ソフトを使って、通常時はFPS制限を掛け、ロードの時だけFPS制限を解除するということをしているそうです。[FPS制限ソフトを使う]で紹介したBandicamやDextory, RivaTunerでもゲーム中でFPS制限のON/OFFが可能です。

Skyrimはロード画面に入ると30fpsに固定されます。
Skyrim.iniに以下を追記すると改善されます。
[Interface]
uTicksToWait=64

Fallout 4にもSkyrimと似た仕様が適用されています。Load Accelerator というModを導入することで、ロード中にfps制限を解除します。

垂直同期に対応してないゲームたちに上げたものだとPainkillerシリーズ、NecroVisionシリーズ、Nosferatuなども当てはまります。とくにPainkillerとNecroVisionは60FPSでも滅茶苦茶長いです。上で紹介したBandicamやDxtroy, RivaTunerで、ロード中だけFPS制限を解除すると良いでしょう

ロードが長いゲームに遭遇したらこのことを思い出してみるといいかも?すべてのゲームに当てはまるわけではないです。

最近のゲームには、ロード中だけFPS制限が解除されるものもあります。Apex Legends、ReCore: Definitive Edition など

攻撃力が上がる

BIOHAZARD RE:2 はFPSが高ければ高いほどナイフの攻撃力が上がります。原因は、ナイフが敵に当たったフレーム(コマ)ごとにダメージが入るからだと言われています(FPSが高いほど多く多段ヒットする)。いずれ修正されるかも?
ちなみにPS4 ProXBOX ONE Xでの最大FPSは60となっています

リリース初期のダークソウル2ハイスペック版でも似たような現象が確認されていて、FPSが高いほど武器の耐久値が早く下がるというバグがあったそうです。武器が敵に触れたフレームごとに耐久値が減るから(現在は修正済み)

銃の連射速度が上がる。

PC版PUBGにはFPSが高ければ高いほど連射速度が上がるというバグがあります。開発は既にこのバグを認識しており、テストサーバーで修正のための実験が行われました。かなり複雑なメカニズムを使っているために、このようなバグが起きているそうです。
↑現在は修正済み。

FPSやTPSでは、この手のバグは割りとよく見られるもので、私の知る限りではロストプラネット:コロニーズやペーパーマン(サービス終了済み)もそうでした。


ゲームのスピードが上がる。

FPSが高すぎるとゲームが早送りのように加速するゲームが存在します。SkyrimやFallout 3-4といったBethesdaゲームスタジオのRPGや、Unreal Engine 1 を使用したゲームなんかがそうです。

Unreal Tournament 99 0:40から加速


Fallout 76(オンラインRPG)のベータテストでは、fps高すぎると他のプレイヤーよりも速く移動できるようになることから、アップデートで60fps上限にされました。

Unreal Engine 1のゲームは非公式パッチ的なものを導入すれば高FPSでも加速しないようになります。たぶん

このページへのコメント

「it lurks below」というゲームで
NVIDIAのコントロールパネルから垂直同期をオンにしても
fpsが制限されなかったのですが、「Dec」を使ってみたら
ちゃんと制限出来ました。助かりました。

3
Posted by 名無し(ID:G97aHsrgQQ) 2018年04月27日(金) 21:05:37 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます