岩手県山田町の生活支援情報をまとめます。


被災自動車の課税について

今回の震災により使用不能や所在不明になった自動車などについて、課税の基準日となる4月1日を過ぎて廃車の手続きをした場合です、申立書を提出していただくことにより課税を取り消します。
問い合わせ
軽自動車税については町税務課町民税係(内線112)へ、自動車税については宮古地域振興センター県税室(電話64−2111)へ

参照元:広報やまだ特別号1広報やまだ特別号1 PDFファイル

移動自動車相談所

国土交通省は、自動車が津波に流された人らに、廃車手続きなどの相談に応じる「移動自動車相談所」を開いている。
 <岩手県>18日=山田町役場(10〜15時)▽19日=大槌小学校避難所(10時半〜13時)。両会場とも車両の無料点検にも応じる。
参照元:毎日新聞 サポート情報
2011/4/16

軽自動車の自動車税

震災で使えなくなった軽自動車は、4月1日時点で廃車手続きをしていなくても今年度は課税しません。税務課に届け出てください。
参照元:NHK盛岡放送局ウェブサイト 生活情報
(2011-04-16更新分)

免許証再交付について

震災で免許証を無くした被災者対象

場所:山田高校内
日時:4月12日と14日 午前10時〜午後1時
再交付手数料免除

交付は4月21日午前10時〜午後1時に同じ場所で

詳しくは 運転免許センターへ
019-606-1251
2011-04-09 11:30:00更新
  • 参照元:NHK盛岡放送局ウェブサイト 生活情報
2011-04-10



【お知らせ】【免許証期限延長】
対象地域(※)にお住まいの方で、3月11日以降に免許証が切れてしまう方へ。
手続き不要で8月31日まで有効期限を延長いたします。詳しくは、警察・免許試験場にお問い合わせください。
(※対象地域=岩手県は全ての市町村が対象です)

参照元:岩手県広聴広報課facebook警察庁PDFファイル

【お知らせ】【車両登録抹消】

被災地で使えなくなった車への課税を止めるには廃車手続きが必要ですが、その際、ナンバー等が分からなくてもご本人のご説明や納税証明書などで車が特定できれば手続きできるように致します。
参照元:岩手県広聴広報課国土交通省:東北地方太平洋沖地震に伴う抹消登録申請時の特例的取扱について


車検について

車検切れ救済
車検証の有効期間満了日が今年3月11日〜5月10日のものを最長2か月間延長する。
地震・津波被害のため、当面継続検査を受けることが困難なため。
問合せ→東北運輸局岩手運輸支局登録部門:019-638-2154
延長が適用された自動車の自賠責保険も、継続検査申請時までに契約すればよい。
参照元:IBC岩手放送ウェブサイト 生活関連情報

放置自動車について

4月30日まで町内6ヶ所に仮置きしますが期間を過ぎたら処分します。
参照元:NHK盛岡放送局サイト山田町生活情報 2011-04-16

燃えてしまった自動車は浦の浜駐車場に運搬してまいりましたが、これからは、流されたり、壊れた車を4月30日(土)まで仮置きします。期間が過ぎましたら、処分しますので、ご協力をお願いします。
仮置き場は次のとおりです。

大沢:ホタテセンター付近
山田:山田北小学校前・かもめ公園・JR陸中山田駅前広場
織笠:漁協荷さばき所
船越・田の浜:前須賀公園
大浦:大浦漁港トイレ付近

参照元:山田町役場に掲示してあるものを写真を撮ってご提供いただきました。2011-04-24

海水に浸った車両についての注意点

【東北運輸局岩手運輸支局からのお知らせ】津波によって海水に浸った車両は、外観上問題がなくても、塩分が原因となってショート等による車両火災が発生するおそれがありますので、次の点にご注意ください。
(1)自分でエンジンをかけない
(2)使用する場合は販売店や整備工場へ相談する
(3)使用するまでの間、バッテリーのマイナス側のターミナルを外す
参照元:岩手県広聴広報課岩手県広聴広報課facebook


運転免許に関する各種手数料の減免

被災された方を対象に、平成24年3月31日まで、運転免許に関する各種手数料が減免となる。

手数料の名称通常の手数料
普通免許試験(特定失効者)(併記免許のみ)2,050円
大型・中型免許試験(特定失効者)(併記免許のみ)2,000円
特定第1・2種免許試験(特定失効者)(併記免許のみ)2,000円
第2種免許試験 普通・中型・大型(特定失効者)(併記免許のみ)2,000円
小特・原付免許試験(特定失効者)(併記免許のみ)2,050円
運転免許証再交付3,650円
仮運転免許証再交付1,200円
警備業認定証再交付2,000円
警備業認定証書換え2,200円
警備員指導教育責任者資格者証書換え2,000円
警備員指導教育責任者資格者証再交付1,800円
機械警備業務管理者資格者証書換え2,000円
機械警備業務管理者資格者証再交付1,800円
許可証書換(猟銃)1,800円
許可証再交付(猟銃)2,200円
自動車運転代行業認定証再交付1,900円
自動車運転代行業認定証書換え2,100円
道路使用許可2,300円
道路使用許可証再交付500円
保管場所証明書交付申請2,200円
保管場所証明書通知申請2,200円
保管場所標章交付550円
保管場所標章再交付550円
届出受理証明(遺失届出受理証明及び行方不明者届出受理証明等)300円

必要な書類
  1. 手数料免除申請書(警察署等の窓口で受け取る。または、下記リンク先からダウンロード)
  2. 認印
  3. 市町村役場が発行するり災証明書。り災証明書がない方は、てん末書(警察署等の窓口で受け取る)。
参照元:岩手県警察本部 被災された方に対する各種手数料の減免のお知らせ(pdf)

(編集者コメント) 用語が難しいですが、簡単に説明すると、一般の方にとっては、主に、「運転免許証再交付」と「保管場所証明書交付申請」(いわゆる、車庫証明のこと)が関係します(手続きが無料になります)。免許試験(表の上から5件)は特定失効者(免許が無効となっている人)限定ですので、新規に試験を受けて免許取得を考えている人には適用されません。
この手数料免除は、運転免許センターなど、通常の免許証発行場所で実施されるものです。免許証再交付についてに記載されている臨時の免許証再交付場所では、免許証の再交付が無料となりますが、他すべての手続きが実施されるものではありません。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます