現在閉校中のココネ学園ですが、生徒たちは現在もいろいろな形で自習活動を続けています。お久しぶりの人もぜひ遊びに来てください♪

品川区のスギ・ヒノキ花粉飛散データと 東京都の飛散数予測をもとに、
あとどれくらい花粉が飛ぶのかをアバウトに計算しました。
今シーズンは、予想よりかなりたくさんの花粉が飛んだため、おまけが出てしまいました。
算出方法など詳しいことは ここ をご覧ください。
今シーズンのヒノキ花粉の飛散終了日は5月1日となりました
ヒノキ組のみなさんも、さようなら〜 (^。^)丿゛


残りあと何%?


136.4 % の花粉がすでに飛んだ。おまけ 36.4 %!



2018年の飛散総量(品川区)


今シーズンのスギ・ヒノキ花粉の飛散予想量(個/cm2)
5,900.0
昨日までに飛んだスギ・ヒノキ花粉の総飛散量(個/cm2)
8,049.3
おまけ(個/cm2)
2,149.3

今週の品川区の花粉飛散量


曜日スギ花粉
飛散量
(個/cm2)
ヒノキ花粉
飛散量
(個/cm2)
その他の花粉
飛散量
(個/cm2)
4/280.01.276.9
4/290.01.9114.2
4/300.00.623.5
5/10.00.370.1
5/20.00.014.2
5/30.00.015.7
5/40.60.047.2

飛散数グラフ












2018年春の品川区の悲惨状況まとめ


スギ花粉ヒノキ花粉
初観測日1/22/24
飛散開始日2/103/1
飛散量最大日3/43/30
最大日飛散量
(個/cm2)
446.6814.5
飛散終了日4/265/1
総飛散量
(個/cm2)
4,156.93,892.4

トピックス

舌下免疫療法用錠剤「シダキュア」について

永倉先生が 4/19 の 花粉情報 に、
スギ花粉症の舌下免疫療法に使う錠剤「シダキュア」が6月から販売されると書いておられます。
従来の液剤とは異なり常温で保管でき、治療効果も高くなっているとのこと。
舌下免疫療法については こちら
シダキュアについては こちら をご覧ください。

ヒノキの様子

ココネのメンバーが埼玉県で撮影したヒノキの様子です。
(左 4/28、中 4/8、右 4/1、クリックで拡大します)
  

東京都、スギ花粉飛散開始を発表

東京都は2月16日、スギ花粉の飛散開始を発表しました。
 → 都内でスギ花粉の飛散開始(速報)

今季のスギ花粉情報

毎年ながくらクリニック様のホームページで公開されている、杉並区などの定点観測の情報です。
こちらのページ からご覧ください。
  第1報(2018/1/24)第2報(2018/2/8)第3報(2018/2/21)
  第4報(2018/3/7) 第5報(2018/3/14)NEW 第6報(2018/3/27)

東京都のスギ花粉飛散開始日の予測

平成30年春 都内各地点の飛散開始日予測(東京都健康安全研究センター)より
2/13千代田杉並
2/14大田青梅八王子
2/15葛飾
2/16多摩町田立川府中
2/17小平

東京都の花粉症患者実態調査について

花粉症患者実態調査報告書を取りまとめました(東京都福祉保健局 2017年12月18日)
花粉症患者実態調査 (これが4回めの調査。過去の第2回、第3回の調査報告書もあり)


このページについて

このページは2(5)ちゃんねるのアレルギー板
◆◆花粉症 関東地方 総合◆◆ Part72
毎年スギ・ヒノキ花粉の時期に行っていた「残りあと何%」を
2015年からこちらのページをお借りして計算することにしたものです。

数少ないデータから強引に計算していますので
結果が100%から大きく外れる年もあります。
おおよその目安としてご利用いただければ幸いです。

グラフはご自由にご利用ください。
下の方に「添付ファイル一覧」もあります。
(データの入力間違いなどあるかもしれません。
 間違いを見つけた方は、下の方にあるコメント欄でお知らせください。)

花粉観測データについて

品川区の花粉観測データは、
遠藤耳鼻咽喉科アレルギークリニックの遠藤朝彦先生が毎日観測してくださっています。
プレパラートの交換は0時で、直ちに花粉の数をカウントした後、
ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニックに観測結果が提供され、
永倉先生によって ながくらクリニックのホームページ にコメントとともに飛散数が掲載されています。

観測方法はダーラム式です。

東京都の「平成29年版 花粉症一口メモ(pdf)」  の23ページより
どのように花粉をカウントするのか、空中花粉捕集マニュアル(大阪府) の解説が詳しいです。

ダーラム式で花粉の飛散量を観測してくださっている所は他にも何ヶ所かありますが、
観測結果をすぐに、そしてシーズン中継続してホームページで公開してくださる所は、
他に見当たりませんので、毎年2ちゃんねるで一週間分にまとめて紹介させてもらっていました。

残りあと何%について

今シーズン予想されるスギ・ヒノキ花粉の総飛散量は、
東京都が1月中旬に発表する千代田区の予想値をもとにします。
 → (今年)平成29年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果
 → (昨年)平成28年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果
今年の予測値には幅があります。
おまけは出したくないので、例年、最大値を採っています。

観測地は品川区ですが、東京都は品川区の予想値を出していません。
なので、品川区と飛散の仕方が似ているという理由で、千代田区の数値を採用しています。

予想数は当たる年もありますが、大きく外れる年もあります。
おおよその目安と考えていただけたらと思います。

昨日までに飛んだスギ・ヒノキ花粉の総飛散量は、
スギ・ヒノキそれぞれの花粉の、飛散開始日から飛散終了日まで、とします。

飛散開始日の定義は、
ダーラム式で1平方センチメートルあたりの花粉数が2日連続して1個以上になった最初の日、
飛散終了日の定義は
飛散の終了期に3日連続して観測数ゼロが続いた最初の日の前日、です。

ヒノキ花粉は飛散終了日前に観測が終了してしまうこともあるので、
その場合は観測終了日まで、とします。

環境省の花粉情報

飛散数予測は平成28年春をもって終了しています。
平成29年度スギ雄花花芽調査の結果について
(平成29年春におけるスギ・ヒノキ花粉の実測飛散量のデータあり)

環境省花粉観測システム(はなこさん)
花粉飛散情報(スギ・ヒノキの全国24ヶ所のダーラム法による飛散数データ)

東京都の花粉情報

とうきょう花粉ネット
   永倉先生の花粉情報 によると、とうきょう花粉ネットは今シーズンで配信を終了するとのこと。(追記

東京都が配信している花粉予報
メール配信(事前登録が必要です)
Myとうきょう花粉ネット
・テレホンサービス 【電話】03-3233-1187(イイハナ)

過去データ

花粉飛散量の過去データ

準備中

環境省の飛散数予測

スギ・ヒノキ花粉の飛散予想数には、
もうひとつ、環境省が出しているものがありましたが
環境省による予測は平成28年春をもって終了となりました。
平成28年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第1報)について(お知らせ)

この環境省の飛散数予測を元に、2005年から2012年まで
2ちゃんねるの GoogleSpreadsheet 氏がまとめた、もうひとつの「残りあと何%」のデータがあります。
毎日の飛散数など基本データがそろっている貴重な資料です。
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
【参考資料】2001年からの年別累積飛散数(千代田区、青梅、八王子市)

文責

このページの執筆者:いつもの人@2ちゃんねるアレルギー板住人
執筆者プロフィール:ただの花粉症患者。東京都の職員でも医療関係者でもありません。
執筆者への問い合わせは、こちらの 連絡フォーム からお願いします。
メールアドレスは捨てアドで構いませんが、そのアドレスが有効かどうか認証する手続きがあります。
内容が他に漏れることはありません。






ここより下に広告が掲載されることがあります。
コメント欄は広告の下にあります。




このページへのコメント

>>パー子さん
スギが終わりそうでもなかなか終わらなかったので、
ヒノキもダラダラと飛び続けるのでは… と心配していたのですが、
割とすんなりと終わってホッとしました。
今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。

0
Posted by いつもの人 2018年05月08日(火) 16:07:33 返信

今年もどうもありがとうございました。
大変励まされました。
お疲れ様でした!!

0
Posted by パー子 2018年05月08日(火) 07:21:20 返信

>>花粉症ベテラン患者さん
グラフを見てくださっているとのこと、ありがとうございます。

今シーズンの飛散量だと、
飛散量 0.6 はグラフ上では0になってしまいますので、
一時的に 50 に変更しました。
今朝、部分的に拡大したグラフを作りましたので元に戻しました。
スギ花粉の飛散終了も間もなくですね。

スギとヒノキのグラフの横幅も同じサイズに揃えたいのですが、
なかなか難しく思案中です。

0
Posted by いつもの人 2018年04月20日(金) 06:50:50 返信

スギ、ヒノキの花粉飛散数の情報、私の花粉症の症状実感に合致していて、いつも拝見して納得しています。毎日の情報提供ありがとうございます。
グラフのメモリを元に戻していただけるとありがたいです。通常の花粉情報の「非常に多い」の定義が50個/㎠以上で、その上の区分が無く、私の実感と合っていませんでした。当グラフ・数表が100個、・・500個と桁違いの飛散数も表現しておられたのが、私の実感に合致します。100個だとこの程度の症状、300個だとかなり厳しい症状等々。今後もよろしくお願いします。

0
Posted by 花粉症ベテラン患者 2018年04月19日(木) 07:19:44 返信

>>とんぶりさん
ありがとうございます。

このページが書けるのも、
毎日花粉を数えてくださる遠藤先生や
掲載してくださる永倉先生のおかげと
私自身も毎日、諸先生方に感謝しています。

ヒノキの終わりが早く見えてくるといいですね。

0
Posted by いつもの人 2018年04月04日(水) 23:37:11 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Amusement

英語で歌おう♪
Japanese poem
4択クイズは終了しました
スタブロ
Chrome対応PC版リンク集
mogg
なぞってピグキッチン
ガールフレンド(仮)
天空のクリスタリア
天下統一クロニクル
ボーイフレンド(仮)
moggの対応ブラウザはExplorer,FireFox,Chrome,Safariの4つになりました
【メニュー編集】

Wiki内検索

国立国会図書館

オンライン資料収集制度

メンバーのみ編集できます