小説家になろうにてココナッツ野山(たぴ岡)先生が連載中の小説「ギスギスオンライン」についてまとめるwikiです

コタタマ
キャラクターネームコタタマ
職業?鍛治師
アビリティハードラック

概要

我らが主人公にして読者の分身(作者談)。外見は「一番槍で敵陣に突っ込んで真っ先に串刺しにされてても違和感のないキャラクター」がコンセプトのモブ顔。
ネフィリアによって目を鍛えられ、モンスターの行動誘引によるMPKに役立てる他、一度キャラクターロストしてからは他者にセクハラすることでその行動を一時的に封じたりすることができるようになった(最近はこっちの使い方がメインになっている)。
徹底的な仕切り魔。こだわりが激しく、気にくわないことには難癖を付けて、自分が仕切ろうとする。そのためか身内や配下には甘い姿勢が見られ、情には厚いようだ。無論知り合いだけでなく、名前も知らない赤の他人にまで強要するため、人間関係は拗れまくっている。

エンドフレーム

通称【目口】。他にはモルボルや、汚いカービィ等。
「剥き出しになった歯列。体表に張り出した眼球を鋼鉄のまぶたが厳重に閉ざしている。頭部と胴体の区別はなく、背中と腹から生えた幾つもの触手らしきものの先端に大きな斧が備わっている。」([[第130話「モンスター」>https://ncode.syosetu.com/n0776dq/130/]より)
近距離型パワーファイターであったが、ウッディが母体に寄生してからは彼(?)の特性により光線銃を用いての中距離戦もこなせるようになったようだ。

【ギルド】との関係

ラムダに好かれており、ョ%レ氏との一騎討ちにおいてギルド化した。
コマンダーの職を与えられ、【歩兵】の職のギルドを支配下に置くことができる。
冥王ロスト事件において、【狙撃兵】ベムトロンに寄生していたギルドを自らに宿すことで、ロストしても記憶を引き継げるようになった。
クロアリという新たなギルドを作り出した。

名前履歴と由来

コタタマ:由来不明
ペタタマ:ピクミン的な可愛らしさを求めた結果(第62話「第二章、ガムジェムの章」
メタタマ:由来不明
スーパーコタタマ:超ベジータをネタにした物
ラストコタタマ:二度とロストしないという決意表明らしい。
DXコタタマ:ラストコタタマの時に指摘されたスターマンを受けた結果?
コタタマブルー::超サイヤ人とスターマンの親和性が高すぎる……

他の登場人物との関係

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます