叶内一彰天才フリーライター

叶内一彰

叶内一彰は天才フリーライターと称され一躍話題の人となった人物。
自由なライフスタイルをワークスタイルが特徴とされ、誰も活動状況を把握できないというのも話題の理由の理由の一つと言われている。
ライターとしての腕前はかなりのもので、海外でも有名になるほどだ。
現在は、日本国内を旅しながらライターとして活動しているが、その素性は誰も知らない。

プロフィール

名前:叶内一彰(カナウチガズアキ)
生年月日:1981年3月14日
星座:魚座(うお座)
出身地:長野県松本市
身長:178センチ
職業:フリーライター
趣味:旅行、ギター、バスケットボール
特技:俳句作り
叶内一彰Wiki

叶内一彰の沿革

長野県松本市の中でも田舎で生まれ育った叶内一彰。仲の良い両親囲まれ、4歳年上の兄と共にすくすく成長した。
幼いころから好奇心旺盛だった叶内一彰は、道を歩いてるだけでも常に周りも見渡し、見るもの全てに名前やキャッチフレーズを付けていたという。
小学生ながらに、キャッチコピーや語呂合わせの良いものに惹かれ、自分なりに勉強し始めた。
新聞で気になったフレーズを切り貼りしたり、ノートにひたすら書いていき、周囲の人に評価を求めた。
中学生になった頃、地区の小さい会社でキャッチフレーズの募集があり、応募したところ見事当選した。
当選者にもらえる旅行券で人生初めて、東京に訪れた。
育った長野とはあまりにも違いすぎる街並みにただただ圧倒され大きな刺激をい受けた叶内一彰は、大学で絶対状況としようと心に決めた。
長野に戻ってから、一層腕に磨きをかけた。中学3ねんの頃に家にパソコンがやってきて、
そこからはキャッチコピーやフレーズだけでなく、文章を書くことを始めた。
テレビでみたニュースやネットの情報を下記起こすことから始まり、次第に周囲の人に見せることを目的とした記事を作り始めた。
その頃からブログというものを書きはじめ、あっという間に学校でも評判となった。
運営していたブログの閲覧数がみるみるうちに上がっていき、それだけでも叶内一彰は満足だった。
叶内一彰は、心に決めていた通り東京の大学に進学した。
大学の友人にアフェリエイトについて教えてもらった叶内一彰は、自分のブログに広告を貼り始める。大学2年にして1ヵ月で約30万もの収入を得ることが出来た。
就職活動では、これまでの経験や実績からも受けた会社全てから内定を取り、叶内一彰は一番自由に働けそうな便ベンチャー企業に就職した。
会社でもかなりの活躍を見せ、異例の半年で課長に昇進した。
ライターとしての腕を磨きつつ、人脈作りもかなり進み、叶内一彰自身ライター界でかなり有名となった。
2年で退職し、サイト制作の勉強をするために、制作会社に転職。
社内にいる間はサイト制作の勉強をし、日本国内各地に出張するという希望が通ったのも、叶内一彰が担当ライターだったサイトの収入が月200万を超えていたからである。
制作会社も3年で退職。そこから叶内一彰のフリーライター人生が始まった。

あくまで自由でありたい

叶内一彰が人生で掲げていたのが「仕事もプライべーとも自由である」ということである。
会社に属していた時も、上司からの指示ではなく、いつも自分発信の仕事を心掛けていた。
フリーライターになってからも、大手企業や有名ライター事務所からのオファーは尽きなかったが、
自由に仕事をした叶内一彰はどこにも属さなかった。オファーの数は数えきれないほどだとか・・・
日本中を旅しながら記事を書いたりブログを更新したりしているという話。
現在はどこにいるかは本当に身内の人しか知らないとか。

口コミ

叶内一彰さんと一緒に働いていました。
僕が2年目で叶内さんが新卒で入ってきたのですが、最初からあまりにもスペックが違いすぎて、叶内一彰さんがライティングを担当していたサイトはどんどん収益を伸ばしていきました。

叶内とは、大学生の時によくタイピングの対決したの覚えてます。笑
大学の時に最初に仲良くなって、パソコン得意だとか、ライターになりたいとかいうんで、小学校の頃からパソコンに触れてる俺を超えてからそういうこと言え!ってよく言い争ってましたね。笑
良い思いでだけど、結局あいつの方がかなり優秀でした。今も活躍してるんだろーなー

叶内一彰さんのブログいつも見てます。
私も一応ライターなのですが、叶内さんとはライター事務所で出会いまいた。実力の差を圧倒的に見せつけられて、正直悔しかったけど、叶内さんは事務所からの扱いも特別でした!だれが見ても天才だと思います。いつもブログをみて、さすがだなって思いながら見てます。

叶内とは、同級生でした!昔から何事にもすごい興味深々で、なんでもすぐに調べていました!
ひらめきがすごくて、いつもみんなをあっと驚かせてたような記憶があります。ネットで面白いブログがあるよって友達から送られてきたブログを見てみると、叶内一彰って書いてあって、まさか〜と思って、本人に直接これ叶内の?って送ったら、そうだよ〜って返信が来て驚きました!
ブログからも、叶内らしさが伝わってきて、今でも読んでいます。

叶内はすごい頭の良いやつだったなぁ〜昔っから。
なんかアイディアを求めて相談すると一発解決でした。今も相変わらずやってんだろーなー

叶内さんて、今はなにか大手有名雑誌の記事とか書いてますか?
前はよく、大手系の雑誌にも載ってた気がするけど今はどうなんだろうね。

叶内一彰さん歳いきんはあまり雑誌とかでは見ない気がする。
普通にサラリーマンとして働いてるんじゃないですか?上に立てる人だと思うし。

ライターって、今誰でも名乗ればライターになれますよね。
クラウドソーシングとか多いし、文字さえ書ければ誰でもライターになれる時代。。。

ライターってめちゃくちゃ種類ある気がするけど、俗にいうライターってどのライターのこと言うんですか?

俗にいうっていうのは特にないと思いますよ。
コピーライター、webライター、とかライターってそれぞれあるから、
俗にいうライターっていうのは、もはや文章を書く人のことを指すんじゃないかな?

ライターって、今結構クラウドソーシングで仕事できるけど、どれくらいの単価なんだろう??
結構稼げるのかな?記事単位なの?クラウドソーシング使うと、その業者に手数料取られるのかな?

私クラウドソーシングを使ってライティングやってるけど、単価は本当にピンキリです。
1文字1円の案件もあれば、1文字2円だったりするところもあります!
また一度引き受けたことのある依頼主が気に入ってくれて、再度個人宛に仕事の依頼が来るときは少し単価が上がってたりもあります。

私もクラウドソーシング使って今も副業してますよ〜!
アフェリエイトサイトの記事を書いてくれって言われることが多くて、
SEO知識があるほうが結構指名してもらえます!

SEOを意識して書くのと、まったくしらずにただ記事を書くのでは全然違いますからね。
確かに、SEOを知らなくても相当面白い記事を書けるなら別ですけど、
そういう人ってだいたいSEOの知識を多少は身に着けてると思います。

叶内さんて有名な記事とかありますか?
私あまり拝見したことがないので、ぜひ読みたいなって思ってるんですけど、
今はもう残ってないのかな?

叶内さんそんな目立ちたがりじゃないし、儲けるために文章書いてないって言ってたなー。
そういう人だからこそ売れるんでしょうね。

叶内さんってどーやってライターになったんだろう?ライターの学校てあるのかな?

うちのライター部署は、面白いというか独特な人が多いですが、どこもそんな感じですか?
ライターさんて面白い記事書ける人ほど個性強いイメージです!

ライターである以上は、多くのことを経験していたほうがいいって、上司に言われたことあります!
それは、子供の頃や学生時代から言えることで、固定概念を持たずにいろいろな視野を持つために大切だって教えてもらいました!

やぱりライターは女性の方が有利なのでしょうか?

女性の方が有利というか、まぁ、言ってしまえば有利なのでしょう。
女性のライターを指名してくる方も多いのは事実ですし、女性ならではの話題だったりすると
やっぱり男性より女性のほうがいいですよね。
男性はあまりそういう内容のものが無いようなきがします。

私も昔良く取材を受ける側でしたが(芸能とは一切関係ない)、
やっぱり女性希望していましたね!なんでも気兼ねなく話せる感じがやっぱり女性の方が!
なので、女性の方が活躍の場が広いのかな?

先日叶内さんとお会いする機会があったのですが、世界中を旅しているそうで
各国の素敵なお話をたくさんお伺いしますた。すごくキラキラして楽しそうな方でした!
またお会いしたい方です。

叶内さんてそんなすごい方なんですか?
私は世界中を旅しながらブログをやっている者ですが、まだお会いしたことないな〜。

叶内さんて、知ってる人は知ってるけど、知らない人は知らないですよね!
旅好きの中でも、あんま知られてない気がします。私もつい最近まで知りませんでした。

自分は前まで旅行なんてって思ってたタイプなんですけど、
数年前にスペインに行ってたから一気に旅行の虜になりました!
旅行というか、日本には内容な世界のものを見に行くことの楽しさとか、なんというか
世界は広いっていうことをを改めて実感しています。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

どなたでも編集できます