福袋ガチャは、正月企画の一環として2018年から実施されている10連全部L確定、1人1回のみ購入できるガチャの通称である。 
 初回の英雄凱旋福袋ガチャ開催期間は2018年1月3日〜2月5日。
 詳細は後述するが、クリスタルを消費しない直接課金となっている。
 かつての蔑称として鬱袋、ゴミ袋がある。
 
 基本的に無微でやっているプレイヤーや始めて1〜2年くらいまでのプレイヤーあれば、未所持精霊を比較的安価*1で複数入手できる可能性の高いお祭り行事的なガチャ。
 普段からしっかり課金してほぼコンプしたり目玉を抑えるようにしているプレイヤーにとっては、ALL虹板を拝めること以外に恩恵は受けられない可能性も高いので注意。

 このガチャに関しては2017年末のニコ生でも詳細*2が明らかにされておらず、実装されてから騒然となった。

2024年版

 震災の影響で例年より2日遅れの5日に実装された。
 今年は去年までと比較して大幅にリニューアルされ、もはや鬱袋とは言わせない!というレベルの内容となっている。

変更点

キープ機能実装
 抽選結果のうち何枚かをキープし、確実に入手することができる。
 例えば欲しい精霊の内1枚が登場したが他は不要という時には、その1枚をキープして他9枚を再度抽選できる。
価格バリエーションの変更
 例年は4900円で1個までや3回までといった感じだった。
 今回は1回のみ購入可能な特選福袋9800円、松竹梅の福袋がそれぞれ6900円、4900円、2900円で最大5つまで販売されている。
 最大で44,300円。
 この内再抽選とキープのパターンが以下の通り、松(再抽選7、キープ3)、竹(再抽選5、キープ2)、梅(再抽選3、キープ1)となっており、特選はこれに加えて(再抽選5、キープ5)ラインナップが異なる。
排出対象の変更
 例年では一定時期までに登場したほぼ全精霊が抽選対象だったが、今回は昔のカードがほぼカットされている。
 具体的には、特選はグランドフィナーレ後のGA2021前半〜GA2023後半(9/15)まで(対象精霊数202体)、松竹梅はGW2020〜新説桃娘伝3(5/12)まで(対象精霊数335体)が対象。
 それ以前の精霊はおまけの1枚L確定英雄凱旋(対象精霊数不明。数えたくない…。2017年の魔轟精霊〜八百万5くらいまでが範囲?)で出ることを期待するしかない。
 尚、この英雄凱旋のラインナップは前年12月22日から開催された煩悩108連無料ガチャとほぼ同じ品揃え。同月のマンスリー最終追加分に合わせた形か……*3

問題点

キープバグ
 2020年の時と同じように恐怖の不具合が発生している。
 キープした精霊が別の精霊に入れ替わってしまうというバグである。
 一応すぐに修正対応が取られたが、キープバグが怖くて引けないというプレイヤーもかなり現れた。

反響

 特選ならば比較的最近の精霊も入手可能、ある程度狙った精霊が入手しやすいといった利点は大きく概ね受け入れられている。
 たった1体しかほしい精霊がいないという場合でも精霊数が202体と少ないので1÷202=0.45%。
 そこから60連ガチャなので25%くらいは当たる。
 実際1体しかほしい精霊がいないという人は少なく、キープ機能などもあるので爆死という結果はあるだろうがある程度軽減できる爆死になるかなり良い福袋であると評判である。
 下手をすると、キャラプレ+2よりも欲しいキャラが当たる確率の高いガチャとなっている。
 かなり素晴らしい改定だったので運営の中の人が変わっただのなんだの言われまくっていた。

 しかし、人によっては本命がGW2020以前にいる*4、最近のキャラはある程度持っているから未所持の昔のキャラが欲しいというようなケースも見られた。

 キープバグに関しては、即座に修正対応が取られ(キープバグが発生したらエラーでタイトルに戻るという対応策)、後に保証をすることも確約されたが、起きてしまったことでガチャ結果が信用できないといった人を生み出すに至った。
 また、去年はガチャで排出対象精霊が排出対象でないというかなりやばめなことをやったのにクリスタル1個と名称の修正のみというものだったのも今年に響いている。
 最終的にキープバグが発生したプレイヤーはキープから外れてしまった精霊を最終ガチャ結果の精霊のどれかと交換できるという対応が取られたという。キープ精霊自体は運営の方で特定できていた模様。
 

2023年版

 今年は去年と違い選べる福袋として登場。
 去年と同じ点は、引き直し福袋10連ガチャ&英雄凱旋10連ガチャな点やお値段4900円、事前予告無しで2023年1月3日16:00から開催された点だろうか。
 反転強化聖、反転強化邪、純属性、AS倍率強化、WAS、融合の6種うち1つを選択し、そのピックアップされた精霊が引ける。
 最大3つまで購入できるようになった。

 ただし入っている精霊はアルティメットシュガーレスガールズごろまでの精霊までなので、注意がいる。
 また、融合精霊は属する精霊が多すぎてかなり闇鍋となっている。*5

 なぜか、直近のLtoLで純属性でなくなった精霊も純属性で含まれていることがある(トートや神んぐなど)。
 注意書きには2022年11月18日時点での最終進化段階とあるが、神んぐは8月12日に、トートは11月18日にLtoLしているため優良誤認にあたりそうだが…。
 最終的にガチャ名称の誤りであるとし名前が【純属性推奨ピックアップガチャ(一部複属性精霊も含む)】となり、全ユーザーにクリスタル1個を配布した。
 問題点は複属性ガチャからトートが出ないとかそっちだと思うのだがいいのかそれで…。

2022年版

 去年と同じく、引き直し福袋10連ガチャ&英雄凱旋10連ガチャとして、事前予告無しで2022年1月3日16:00から開催。
 2019版のように男女別になり、女性精霊(紅福袋)/男性精霊(白福袋)か男女混合精霊が5回まで引き直せる。
 今回は2019版と異なり、紅白どちらも1回ずつ購入することができる。
 価格は引き続き各4900円(税込)。

2021年版

 引き直し福袋10連ガチャ&英雄凱旋10連ガチャとして、事前予告無しで2021年1月3日16:00に開催。
 仕様と価格は前年と全く同じで、変更点は英雄凱旋ガチャに確定枠が付いたことのみ。
 排出対象は700体で、具体的に言えばSOUL BANKERまでが対象。

2020年版

 引き直し福袋10連ガチャ&英雄凱旋10連ガチャとして、事前予告無しで2020年1月3日16:00に開催。まあ大半の人が来ると思っていたようだが、それでも過去を顧みず「年末に告知が無かったから今年は無いかも」とか「元旦に実装されなかったから今年は無い」とか言われていた模様。
 排出対象は537体。アレヴァンガチャまでが対象で、正月までのガチャだと、イタズラ女神、メアレス3、エニグマ、フェアコ2、クリスマス、謹賀新年2020が除外されている。

多くの改善点

最大5回まで引き直し可能
 過去の結果は破棄されてしまうものの、6回のチャンスを得ることができた。

 しかし人間は欲望の塊故、余程良い結果で無ければ多少の当たりをスルーして最後まで抽選を行い、「あそこで止めれば良かった」と後悔するユーザーも多くいた様子。
 また、「再試行と確定を誤って押してしまった」という声も見られた。大体自業自得。

 まあ6回引いて好きなガチャ結果から選べるシステムであればそれが一番良かったのだが、ないものを強請ってもしょうがない。
値引き&オマケ付き
 「引き直し福袋10連ガチャ」と、引き直しなしでL確定もなしの英雄凱旋10連ガチャのセットで4900円の直接課金。
 消費増税もされた中、何故か100円安くなった。
ハズレ限定のリストラ
 神龍兇筌ぅ織坤藹神を筆頭とするSスタート組がリストラされたこともあり、引き直しと合わせてゴミ袋・鬱袋で終わってしまうリスクが大幅に減った。
 ただしSSスタート組であれば神龍兇筌ぅ織坤藹神でも出る可能性はある。

問題点

開幕時の不具合
 「確定を押したのにも関わらず再抽選が始まってしまう」という狂気の不具合が当初発生した。
 しかし、被害にあったユーザーは後ほど「自分が引いた中から好きな結果を選べる」という最高の補償がされたため、結果的には然したる問題ではなくなった。
6th記念の限定精霊がいない
 前年の男女ペアの件と異なり、理由が不明。

2019年版

 紅白福袋として事前予告無しで2019年1月3日16:00に開催。
 今回は紅白に分かれており、紅を引くと女性キャラのみ、白を引くと男性キャラのみが排出され、どちらか片方のみしか引くことが出来ない。
 この仕様上、ゼラード&コピシュ、イツキ&リンカ、和の国神んぐのような男女が入り交じる精霊は登場しない。セイ&スオウ、クレティア&プリフィカのように男性のみ、女性のみのタッグやトリオカードは普通に排出される。
 対象は同時開催中の英雄凱旋ガチャから以下の精霊を引いたもの(詳細は各自お知らせを参照のこと)。
 女性キャラの排出対象は294体、男性キャラは121体。

英雄凱旋ガチャからは出るが、どちらの福袋からも出ないキャラ

  • 機獣の咆哮 シャーリー&ヴォルフ
  • 五星方陣大成祈祷 トウマ&キリエ
  • あいむ神んぐ YAOYOROZ
  • Get a Kick アライナ&レリッシュ
  • 照れ笑い破顔戦線 アシュタル・ラド
  • 幽境の双葬者 イルーシャ&ファルク
  • 公爵と従者? クラリア&ヴィラム
  • 天譴が下る プルミエ&ルヴァル
  • 自由なる鏑矢 アトヤ&コベニ
  • に魂いち ヴェレフキナ&シミラル
  • 新たなる救世と正義 レグル&テーラ
  • 秘密は薔薇の下で イツキ&リンカ
  • 想い繋がる和の国神んぐ!
  • 夜会の策謀 ディートリヒ&ローヴィ
  • 翼の舞踏 アルドベリク&ルシエラ
  • 剣光無尽 ゼラード&コピシュ
  • ホリデー主従 ズローヴァ&ルルベル
  • 響く竜の鳴き声 リクシス&キャナル
  • 無窮の剣業 ゼラード&コピシュ
  • 昏眼と惺眼 アシュタル&ルミア

余談

 2018年のイベントで猛威を振るった複色アルルシ型が2体も排除されている。
 2019年は男女で分かれたため、母数が少ない男性キャラでダブりが発生しやすい。あまりにダブれば再契約も視野にいれよう
 イタズラうさぎや神竜2精霊は引き続きヘイトを集めている。

2018年版

 英雄凱旋福袋として登場。
 出て来る限定精霊は古の森の千年桜から双翼のロストエデン靴泙任暴个討た全てのイベント限定精霊達と書かれているが、AbCdやブレイダー、イタズラうさぎ、神竜II復刻ガチャの精霊も含まれる(お知らせ参照)。
 完全自社コラボのアイドルωキャッツも含まれている。

当たり

 純属性強化3種、変態兄貴ストル、アイドルωキャッツ、Re:アサギ、GA2017精霊などが引ければ一般的に当たりと言われている。

ブロッカー

 対象精霊であれば全てLで排出されるため、イタズラうさぎや神竜2などの古いイベント精霊が騎士団に変わるブロッカーとしてヘイトを集めている。
 これらの精霊が1〜2枚出ても他に使える精霊が出れば問題ないとされる。

ダブり

 対象精霊が300種類以上と非常に多く、ダブりは無いと思われるが普通にダブりは発生する。
 福袋ガチャ結果画像を見ると同じ精霊が2〜3枚出ていることがある。

直接課金

 有償クリスタル(課金栗)と無償クリスタル(配布栗)を区別する方法が無く、5000円の直接課金という方法が取られたと思われる。
タグ

どなたでも編集できます