ホーム画面 コーチング その他


通常

台詞

……
輝き…
響いている…
仲間…
…にゃん
未知なるもの…
…ぐす
括目なさい
新たな私を装う…
旋律をなぞるわ…(アイドル同伴時のみ)
…心地良い(アイドル同伴時のみ)
画期的ね(アイドル同伴時のみ)
良いわ(アイドル同伴時のみ)
悪くないわ(アイドル同伴時のみ)
完璧に…(アイドル同伴時のみ)
○○ 可能性を信じて(悲しんでいるアイドルへの声かけ)
応援…届いている(スワイプしてファンまでカーソルを伸ばすと「挨拶」をする)
…おはよう(スワイプして同僚までカーソルを伸ばすと「挨拶」をする)
健闘を祈るわ(ユニットメンバー→他アイドル→のあへスワイプしてカーソルを伸ばすと「挨拶」をする)
私たちによって紡がれる(ユニットメンバーユニットメンバー→のあへスワイプしてカーソルを伸ばすと「挨拶」をする)

台詞(画像)


固有モーション(ぷちキャラが天体望遠鏡を取り出す)

趣味の天体観測が固有モーションになっている、望遠鏡を使って星を観る姿はこれが初出となった。
ユニットの友好度を上げることで仲間と一緒に星を観て楽しむ姿を見ることも出来る。

台詞

見えるかしら…
ずっと眺めていたい…
美しいでしょう(アイドル同伴時のみ)
○○、貴方にも見える?(アイドル同伴時のみ)

台詞(画像)


タップ時


台詞

星を、見ていたの。……太陽が出ている間、星の光はかすんでしまう。でも、見えないだけで確かにそこに在るのよ。
にゃにゃ。にゃうにゃうにゃーん。……ええ。猫と意思疎通を図るところ。貴方も、やってみる?
調和の取れた旋律、胸の奥が熱くなる。高鳴りの由来は、協調、反射、伝播……?私も、その一つを創り上げたい。
仲間との雑談……。それもまた、私の時間。ようやく、気づいたの。その時間を誰と過ごすかに、意味があるのだと。
ユニットの光は、個の輝きによって満ちる。完成させてみせるわ。私たちだけの、アイドルの形を。
飲み物に、自由なトッピングができるカフェに行ったの。ええ、ユニットの仲間と。画期的なシステムね。
プロデューサー。貴方が、私たちに見た可能性とは一体、何?知りたいと思うの、その未来を。
涙……?産み出したい、そこに感情を見出すなら。私の求める姿には、それが必要。
……いつも、独りで星を眺めていた。でも今は、大切な人たちとこの光景を分かち合っている。貴方も……その一人。
同じ世界の共有……。それは、心に温かな火を灯す。……聞かせて。貴方は、望遠鏡の向こうに何を見る?
ぐっ……学習したわ。ぐすっ、ぐすん。私はもう間違えない。適正なワサビの量……。プロデューサー。水を……。
メイクで得られるのは、視覚的な美だけではないわ。それはあくまで、私の新しい内面を引き出すトリガー……。
完璧に仕上げましょう。今の私たちは、一つの意思、一つの生命……。
プロデューサー。貴方もまた、挑戦を恐れてはならない立場の者。刺激的な味は、見出されるのを待っている。

台詞(画像)



友好度台詞

ユニットの友好度を上げることでメンバーとの関係が変化していく。
スワイプしてカーソルでユニットメンバー同士を繋ぐことで見ることが出来る。
(数値が不明のため、変化順に記載しています)

台詞

初期(アイドル仲間)
??(気心の知れた仲)
??(信頼している)
??(息ピッタリ)
最大値(感覚と意志の共鳴…同じ輝きを求めている)
最大値の台詞のみ固有の台詞です。

台詞(画像)




プレゼント入手時([+]をクリックで台詞表示、ネタバレ注意)

ユニットの友好度を最大値まで上げることで受け取ることが出来る

台詞・台詞画像




ミッションマス

未知への挑戦を、恐れたりはしない。その向こうに、星があることを知っているから。

加入時

……高峯のあ。少し前までは、名もなき光の一つに過ぎなかった。……でも、今は知っている。
星たちは皆、輝きを秘めている。違いは、それを引き出せたか否かなのだと。……貴方には、その力が?

限界突破

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆あらゆる刺激、経験が私の内側を揺さぶるの。そう、インストールしたのは私自身。貴方はいつも、新しい私を引き出してくれる。
☆☆☆仲間と過ごすのは、刺激になるわ。私の知らない視点、価値観、世界……。混ざり合うことで、私達はもっと輝ける。
☆☆☆☆幾重もの色が重なっていくのを感じる。偶然すら、自分を魅せるための武器とするわ。
☆☆☆☆☆スーパーノヴァ……。最期を迎える星の、爆発的な輝き。……私も、命を燃やし尽くしたい。
☆☆☆☆☆☆光らない星はない。……けれど、可能性を信じ続けるのは難しい。それは、闇の中を独り進むようなもの。
私ですら、諦めていた。臆していた。……でも、プロデューサー。貴方という光が、私をここまで導いた。
☆☆☆☆☆☆☆迷わないわ、プロデューサー。私の目指す先には、常に貴方という星がある。その事実は、私を私以上の存在へ押し上げる。
星の数は無限。私たちの命は有限……。それでも、永遠を残すことはできる。歴史に、刻みましょう。私と貴方の名を。

PRODUCED@YS!!!!!

♪プロデュース開始

♪1回目のフェスを終えて

♪2回目のフェスを終えて

♪3回目のフェスを終えて

♪グランドフェス直前

♪グランドフェスを終えて

Menu

ようこそのあペディアへ

のあペメニュー

アイドルマスターシンデレラガールズ(Mobage)

メディアミックス

のあペディア内検索

メンバーのみ編集できます