デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
形式番号AMS-119
頭頂高20.0m
本体重量23.0t
武装ビーム・マシンガン、ビーム・ソード・アックス、シュツルム・ファウスト
グレネード・ランチャー、シールド
専用機パイロットレズン・シュナイダー
本館

B5弾R・B5-025

証言タイトル「恐いものは『恐い』」
内容「前の戦いでよ、ギラ・ドーガに出会っちまったんだ」
「はは、そりゃそうだろ?今は新生ネオ・ジオンと戦っているんだから」
「そいつ、青かったんだよ」
「えええええぇぇぇっ!?ほ、ホントに?」
「相も変わらず驚きすぎだろ……いいかげん進歩しろよ、オレ達もうベテランだぜ?」
インタビュー人物ロンド・ベルのパイロットたち
備考同弾の赤い機体の続き。

OA2弾R・OA2-011

証言タイトルギラ・ドーガが『青い』なら
内容「通常の緑カラーとは違って、青いギラ・ドーガはひと味違うのよ。
ネオ・ジオンの女性エースパイロット、レズン・シュナイダーの専用機なんだから。
こいつをGBNで使うなら、アタシのように彼女の攻撃的な性格を常に意識して欲しいわね。
……ほらほら、ロンド・ベルなら鈴を鳴らしてりゃいいんだよっ!!」
インタビュー人物勝ち気な女性ダイバー
備考

DW6弾C・DW6-010

証言タイトル『結束』のアイコン
内容「ギラ・ドーガは新生ネオ・ジオンの中核を成す機体として100機あまりが生産され、82機が実戦配備された。
その内の10機が指揮官仕様機としてロールアウトしている。
レズン・シュナイダー少尉の青く塗装された指揮官機は、実質的に公国軍残党の寄り合い所帯に過ぎなかった新生ネオ・ジオン軍の結束を象徴するアイコンでもあったのだ」
インタビュー人物モビルスーツ研究家
備考

編集にはIDが必要です