デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
形式番号EB-06
頭頂高17.8m(OA5弾より加筆)
本体重量30.2t(OA5弾より加筆)
武装120mmライフル、9.8mバトルアックス、バズーカ砲、シールド(OA5弾より加筆)
専用機パイロットアイン・ダルトン
アイン・ダルトン(阿頼耶識バージョン)
クランク・ゼント
本館

鉄血の1弾C・TK1-042

証言タイトルギャラルホルンの『MS』
内容「我がギャラルホルンが建造した最新鋭機、それがグレイズだ。
もちろん、採用したフレームも素晴らしい出来でね。
この内骨格が機動の力を余すところなく伝達させ、人間の兵士のようにあらゆる装備を扱い……
それらが群れとなって、機械の軍団を形成する。
まったく、モビルスーツとは圧倒的だろう?」
インタビュー人物ギャラルホルンの技術者
備考

鉄血の1弾CP・TK1-070

証言タイトルIV
内容『行くんだよ』
「どこに?」
インタビュー人物オルガ・イツカ
備考鉄華団VSギャラルホルンキャンペーンより。

OA5弾C・OA5-025

証言タイトル当主大いに語る『8』
内容強大なギャラルホルンを支え続ける主戦力、それがこのグレイズだ!
この機体が備える実直な性能は、今となっては
新型に後れを取っていると評価できるが……
しかし
私のレギンレイズも、このモビルスーツが無ければ存在してなかったというもの……
感謝こそすれ、誹る必要などあるか?……いや、ないっ!!
インタビュー人物セブンスターズのクジャン家当主
備考当主大いに語るより。
連綿と受け継がれるギャラルホルンのMSでも完成度が高い機体で総合性能に優れている。
その点もセブンスターズの当主はしっかりと評価している。
後々己の棺桶になるのは皮肉としか言いようがないが。

編集にはIDが必要です