デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
形式番号EB-05s
頭頂高18.1m(記載なし)
本体重量32.5t(記載なし)
武装ワイヤークロー、フライトユニット(記載なし)
専用機パイロットアイン・ダルトン
アイン・ダルトン(阿頼耶識バージョン)

鉄血の3弾CP・TK3-073

証言タイトル『セイ・レイジ』組に聞く
内容2人組の秘訣を知りたいのか?
もしかしてそれ、
セイとの絆うんぬん……
あー、やめてくれ!
背中がムズかゆくなってくるじゃねぇか!
んなこと考えたこともねぇよ、オレの無茶を聞いてくれるあいつには、いつも感謝してるけどさ……
え?そんな話を聞きたかった?

(顔を真っ赤にして)
だーかーら、やめてくれってば!!
インタビュー人物レイジ
備考鉄の絆キャンペーンより。

OA3弾C・OA3-044

証言タイトル乗り手が『表れる』
内容「左腕に装備したワイヤークローは、文字通りワイヤー式のクローユニットを射出する。
でだ、ライフルやバトルアックスよりも、この兵装はパイロットのクセが特に強く出やすい。
敵機の拘束や敵艦に取りつくためのアンカー、その他発想力次第で……
さて、今度のパイロットはどんな使い方をするんだろうな?」
インタビュー人物ギャラルホルンの整備兵
備考ワイヤークローについて。
その活躍ぶりは表面のイラストに現れており、見事に使いこなし、阿頼耶識搭載機相手に優位に立ち回っている。

DW1弾C・DW1-045

証言タイトルシュヴァルベの『資格』
内容シュヴァルベ・グレイズはその名の通りグレイズ同型機にあたるが、その特性は別の機体かと思うほどに変わり、パイロットには高い操縦技能を求められる
つまり選ばれた人間にしか扱えないグレイズなんだ。
それがアイン・ダルトンに託されたということは……
彼もギャラルホルンを代表する軍人の1人として認められたということかもしれないな」
インタビュー人物ギャラルホルンの技術者
備考物語開始時点では新米パイロットだったのが、ここまで成長するあたりアイン自身がかなりの有望株であることが窺える。

編集にはIDが必要です