デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムAGE
形式番号xvm-zgc
頭頂高20.0m
本体重量46.7t
武装ゼイドラガン、ゼイドラソード、ビームバルカン/サーベル、ビームバスター
解説ヴェイガンのモビルスーツ。
極めて高い性能を誇る。(3弾)
ヴェイガンの赤いXラウンダー専用モビルスーツ。
ゼハートが駆る。(4弾)
ヴェイガンの赤いモビルスーツ。
ゼハートの専用機体として、極めて高い性能を誇る。(PR-061)
専用機パイロットゼハート・ガレット
ゼハート・ガレット(キオ編バージョン)
ゼハート・ガレット(最終決戦バージョン)
ゼハート・ガレット(アセム編バージョン)[MoE]
ゼハート・ガレット(キオ編バージョン)[MoE]
ゼハート・ガレット(最終決戦バージョン)[MoE]
本館

3弾M・03-011

証言タイトル「技術を越えた『技』を持つ者」
内容あのお方のXラウンダーとしてのお力は日に日に増しておられる。
もはやチューンアップを繰り返したところで、普通の機体では満足いただけないレベルにまでなってしまわれた。
ならば新たに作ればいい、普通ではなく特別なモビルスーツをね」
インタビュー人物ヴェイガン女性技術者
備考ゼハートは以前ゼダスの改良型・ゼダスRを使っていた。
4弾Mに続く。

3弾R・03-012

証言タイトル-
内容「3倍の加速度を持った機体、その凄さを簡単に表現してやろうか。
仮に攻撃を受けたと考えてみろ、3倍のパワーなら避ければ済む話だが、3倍のスピードを回避するのは……
きわめて困難だ」
インタビュー人物連邦軍士官
備考有名な「デファース印のゼイドラ」(デファースという名の赤いモビルスーツ)カード。

4弾M・04-017

証言タイトル「執念は『技術』を越えるか」
内容「Xラウンダーの力は予想以上だったわ。
結果として機体を守るため、ゼハート様ご自身にリミッターを施すことになってしまったのはきわめて不本意なこと。
ヴェイガンを確実な勝利に導くためにも……
わたし達技術者が全力を尽くしてこの壁を突破せねばならない」
インタビュー人物ヴェイガン女性技術者
備考しかし単独では限界があり挫折してしまう。
タイトルは同弾Mスサノオと似ている。
4弾Cギラーガに続く。

BG5弾C・BG5-028

証言タイトル「なぜなにもびるすーつ第『14』回」
内容「よい子のみんな、今日はXラウンダーについて勉強しよう!……ゴホン。
脳内に点在する『X領域』にアクセスし、超感覚や人並み外れた反射神経を発現する……
ん、難しすぎるかな?
よーするに、ガンダムAGE版のニュータイプってやつさ!
ちなみに覚醒したときの『ドフュン!』って音、超気持ちいいよな!
また約2ヶ月後に会おう!!」
インタビュー人物モビルスーツはかせ
備考なぜなにもびるすーつより。
お題はXラウンダー。搭乗者のゼハートもXラウンダーで、ゼダスRでは追従できないためにこの機体が製造された。

EB4弾M・EB4-026(準備中)

PR-061

証言タイトル-
内容「こちらの技術が進化していくなかで、ヴェイガンのモビルスーツも同様に進化している。
ゼイドラという機体はその象徴ともいえる性能を与えられているようだが……」
インタビュー人物ディーヴァ乗組員
備考この機体はアセム編のヴェイガンのフラグシップ機かつライバル機であり、証言の通り象徴とも言える。

編集にはIDが必要です