デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


パイロット解説

出典作品機動戦士Zガンダム
年齢不明
所属ティターンズ
解説ムラサメ研究所で育てられた4番目の強化人間。
過去の記憶を取り戻す為に戦いを強要される。
別バージョンパイロットカミーユ・ビダン&フォウ・ムラサメ&ロザミア・バダム?
専用機サイコ・ガンダム
本館

3弾R・03-058

証言タイトル-
内容「与えた名前は、あくまで識別コードのようなものだ。
ムラサメ研究所で4番目に作られた強化人間……
非常にわかりやすいだろう?
記憶をすべて消去した彼女は、そんなものでも必死にすがりつく。
ふふ、滑稽だよ」
インタビュー人物ムラサメ研究所員
備考まさに本編でもカミーユが言ったように卑怯者のやり口である。

4弾C・04-063

証言タイトル-
内容「わたしは上からの命令に従う兵士の道を信念の元に『選んだ』。
彼女は、きっと選択の余地もなく従わされているんでしょう?
信念の無い戦いほど、むなしく辛い行為はないのよ」
インタビュー人物エゥーゴ女性パイロット
備考

B3弾C・B3-046

証言タイトル「もし『救えて』いたら」
内容「最近のカミーユは見てらんないよ、すっかり元気がなくなっちゃってさ。
もし……もしもだよ、あのときフォウ・ムラサメを救えていたら、彼女はエゥーゴの一員として力になってくれていたんだろうか。
あの黒いガンダムも、Mk−IIみたいに白く塗り替えてさ。
まぁ、そんな妄想よりカミーユを元気づけてやらんとな」
インタビュー人物アーガマの整備兵
備考フルバースト・サイコ・ガンダムについて…なのだろうがフォウには専用機補正はない。
ちなみに、ガンダムVS.Zガンダムの宇宙世紀モードの分岐の一つにフォウを助け出せるかどうかのルートがあるが、助け出した場合彼女はスーパーガンダムでカミーユと共に闘ってくれる。
BG1弾クロスifサイコ・ガンダムとリンクする証言。

BG6弾C・BG6-048

証言タイトル「『悲哀』なる境遇」
内容「知りたがりのあなた、それが仕事だろうから仕方無いでしょうけど。
人としてやってはいけないことが正当化される戦争では、そちらの想像以上に非道なことも行われている。
つまりフォウ・ムラサメに関して、私からの答えはノー・コメント。
悲しすぎるのよ、彼女にまつわる話は」
インタビュー人物アーガマの女性乗組員
備考

VS1弾R・VS1-055

証言タイトル認めぬ『古参』兵
内容「かつてのホワイトベース隊のようなイレギュラーな出来事があったわけでもなく、突然現れた小娘が少尉待遇だと?
長く軍に人生を捧げてきた自分からすれば、時代が変わったとしか言いようがない」
「腐るなよ、あの少尉殿はムラサメ研究所から送られてきたらしい……
大方ヤバい実験の被検体って奴だ、モルモットと変わりねぇさ」
インタビュー人物地球連邦軍の兵士たち
備考

OA5弾C・OA5-050

証言タイトルその『雰囲気』は
内容「この女の人、見かけたことあるよ!
一度しか見てないけど、とても印象的だったからよく覚えてるんだ。
1人で寂しそうにしてるなって思ったら、とても楽しそうな表情になったり、大人っぽい女性だなって思ったら、突然子供みたいな笑顔をしたり……
うん、とても不思議な雰囲気の人だったな」
インタビュー人物ホンコン・シティの住民
備考その雰囲気はより。
証言の時系列はZ本編の第18話〜第19話の出来事の裏側と思われる。

OPR-029

証言タイトル『生み出さない』ために
内容「モビルスーツは自分が望んでいなくても、人より上手く扱える素質がはっきり外に出てしまうことが問題なんだ。
つまり戦争に利用されてしまうんだよ非戦闘員がさ。
僕はいつか、望む人間だけで十分に戦えるような技術を作りたいんだ。
もちろん戦争のためじゃないよ、彼女のような悲しい強化人間を生み出さないためにね」
インタビュー人物サイコミュ研究所の所員
備考証言者は人間の理性のタガ(頭のネジ)が外れまくったマッドな人種が多いニタ研(ニュータイプ研究所)の科学者の中ではまともな意見を持った稀有な存在と言える。

編集にはIDが必要です