高藤仙道を実践するためのまとめWikiです。

仙道錬金術房中の法

「高藤仙道の書籍目録」へ戻る

 Amazon  YouTube

前書き


  仙道の行の中に房中術という分野がある。セックスを利用して仙道の行を進めていく技法だ。これは相当に古い歴史があり、そのテクニックを記したさまざまな書が伝わっている。
  たとえば、『素女経』『素女方』『玉房秘訣』『玉房指要』『洞玄子』『天地陰陽交歓大楽賦』、さらには金丹仙道の書である『三峯丹訣』『玄微心印』など、名前を挙げればキリがないほどである。
  さらに近年、湖南省長沙の馬王堆からは『十問』『合陰陽』『天下至道談』などという名の竹簡本(竹を削って作った本)の房中術の書まで出土している。
  古代においては、もっとたくさんのこの種の書があったらしい。たとえば、漢代の歴史を記した『漢書・芸文誌』の「方技略」には「房中八家」という名で『容成陰道』26巻、『務成子陰道』36巻、『堯舜陰道』23巻、『湯盤庚陰道』20巻、『天老雑子陰道』20巻、『天一陰道』24巻、『黄帝三王養陽方』20巻、『三家内房有子方』17巻などが挙げられている。

  さて、房中術だが、セックスを利用するという言葉が災いして(幸いして?)か、仙道の行ということが置き去りにされ、ひたすらセックステクニックそのもののようにとられてきた傾向がある。本家本元の中国にしてからがそうなのだから、仙道などさっぱり理解できない日本においては、それ以上なのである。
  かくいう私も仙道を始めた当初は、房中術=セックステクニックと考えていた。真面目な仙道の行、つまり内功などから見れば、魅力的だがエロチックで不真面目な行としか思えなかったからである。
  しかし、仙道というものが本格的に解り出してからは、これはとんでもない誤解であることに気づいた。房中術は決してセックステクニックではないのだ。とくに奥深いそれは、仙道の起源、仙道の存在理由、隠された真のテクニックといった、仙道の根幹に関わることを含み、さらには、タントラヨーガ、西洋の錬金術といった、ほかの神秘行の分野とも密接にからみ合うものである。
  その世界は素晴らしく奥深い。この世界に足を踏み入れることができた人は、おそらく神秘行の秘密を掴むことができるはずである。

  とはいっても、われわれ現代人、いや本当に仙道をマスターした中国の古代人を除いては、当の中国人でもこれを理解している人は、大海の水の一滴ほどだ。もちろん、そんなことをてっとり早くマスターできるように書いた本などは、古今東西を通じて一冊もない。
  私でさえ、仙道を20年も追求してきたのに、ほんの数年前までは、その秘密がさっぱり解らなかったぐらいである。
  むろん、仙道をずっと研究、実践してきたから、断片的には何となくこれを掴んでいた。しかし、その本当のところは、どうしても理解できなかったのである。ましてや、それが仙道をはるかに超えて、すべての神秘行の根幹に位置するものとは、とうてい解らなかった。
  その正体不明のものが、どうしたわけか、ある時期からつながりが見え出し、ある日突然に、その驚くべき体系がひとつのものとして思考の中に躍り出てきた。それはまさに突然といった状態で、イメージの中に飛び出してきたのである。同時に、本当の房中術はセックスとはまったく無関係、という恐るべき事実とも、まともに向かい合うことになった。これについては本書でおいおい語っていく。
  これから書いていくのは、そうした私のつかみ得た房中術の本質と、トレーニングに関する秘伝的なテクニックの数々である。どうかあなたも、その神髄を会得していただきたい。

目次


第1章 中国仙道の謎の部分・房中術
  • 房中術を行わない房中術の謎
  • 女の仙人・太陽女の房中術
  • 『老子道徳経』は房中術の本だった?
  • 古代のスーパーウーマン太玄女の不思議な術
  • 房中術をやっていると女性の神仙が出現する?
  • 漢の武帝は西王母から房中術を伝授された?

第2章 房中術の謎めいた実態とトレーニング法
  • 房中術は3つもの違ったものから成る
  • 普通の房中術は体を損ねる効果しかない?
  • 房中術は年齢によって使い分けが決まる
  • 房中術のペアの選び方は反比例式年齢法をとる
  • 南派には清浄派と陰陽双修派の2つがある
      • 南派清浄法と陰陽双修法
  • 南派陰陽双修法(初級功)――隔体神交第1段階テクニック
      • 鼎器の用意と神交の心構え/座る場合の注意/結果
  • 陸西星と李西月転生の謎――東派と西派を結ぶ不思議な糸
  • 東派陰陽双修法(中級功)――隔体神交第2段階テクニック
      • 離形にて交わる/凝神聚気/開関、展竅、交気
  • 謎の仙人・劉海蟾と最高の秘伝を持つ陰陽双修法の青城派
  • 青城派陰陽双修法(上級功)――隔体神交第3段階テクニック
      • 男不寛衣、女不解帯/守無致虚/隔体神交/千里神交、万里心通/通神入化/内覓陰陽

第3章 西洋錬金術が明かす房中術仙道の謎
  • 房中術の秘密は西洋錬金術にあった!
      • 築基/煉精化気/煉気化神/煉神還虚
  • 男性原理と女性原理により生み出される謎の黄金
      • 硫黄/水銀/塩
  • 仙道の内丹法は煉丹術と房中術のドッキングから生まれた
  • 神秘的作業の準備
      • 鼎と炉/投入する材料
  • あなたの体からは材料が大量に漏れている!
      • 材料の投入と外薬/止漏法/補修法
  • 竜と虎の結婚をまとめあげる仲人の黄色いお婆さん
      • 火候(火加減)/火加減の監視(火や丹のコントロール)/竜虎交媾(意識による陽気のコントロール)/運火煉薬/煉薬をうまくやるためのテクニックと注意

第4章 男性・女性原理の合一と煉丹の神秘的色の発現
  • 黒化、白化、赤化という3つの神秘的色の出現
      • 黒色/白色(内的光Q&A)/赤色
  • 3つの閃光が告げる不老不死の薬の出現
      • 陽光三現(陽光一現、陽光二現、陽光三現)
  • 小薬と大薬は錬金術における銀作りと金作りの差に相当する
      • 大薬の発生
  • 『老子道徳経』の神秘体験は内丹完成のプロセスのこと
  • 仙道の不老不死の金丹と錬金術の賢者の石の驚くほどの一致
      • 赤化/発酵/特質1/特質2/隠形/空中浮遊/通霊/究理/生命再生/生命創造
  • 男性と女性を同時に具現した錬金術師フルカネルリ

第5章 陰陽双修法房中術の最奥義
  • 虚空より仙人・仙女が現れて仙道を伝授するというのはある種の真実だった
  • ユングの不思議な学説――ゲーテも見た元型イメージによる超常現象
      • 元型的イメージ/元型
  • 心の中よりこの世界に躍り出てその人を導く老賢者・アニムス
  • 魔術や秘められた知恵をもたらす自分の中の女性原理アニマ
      • ゼーレ/アニマ
  • 女性原理と男性原理の知られざる作用
      • 男性原理・女性原理出現の実態/男女原理が発現させるプラス面
  • 程度の低いアニマや偽の女性原理に取り憑かれると命取りになる
      • にせものの男性原理、女性原理/アニマの分類とあなたの意識の成熟度/本格的アニマの4段階
  • 本当の房中術が明かす謎めいた段階

あとがき



×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます