とある集団のプログラムメモ


abstract

OSSな分散型のバージョン管理システムになる。
GITを使う際、学習コストがかかる問題があるが、理解できれば柔軟なコード管理が行えるようになる。
ここではInstall方法、特徴、Gitコマンドの使い方を記述していく。

Install

ダウンロードとインストール

Git Install サイトでダウンロードする。
http://git-scm.com/

インストール時の選択説明

セットアップ

Gitを使用する上での必要な作業と知識。

ユーザ名とメールアドレス設定

改行コード設定(windows, Linux, Macのマルチ環境ならば必須)

Git 入力補完(git-completion)

Description

特徴

利点、欠点、その他の特徴


コマンド

git <command> 
上記のコマンドでgitの操作を行う。
  • 基本コマンド
コマンド簡易説明
git add対象をコミットリストに登録
git commitローカルレポジトリにコミットリストをコミット
git statusファイル状態表示
git reset現在のブランチを任意の状態へ変更。また状態をリセット
git mvファイル名変更、ディレクトリ変更し変更情報をコミットリストに登録
git rmファイル、ディレクトリ削除しコミットリストに登録
  • 設定と初期化
git configgit設定と設定表示
git initリポジトリの初期化
git cloneリモートレポジトリをローカルレポジトリとして複製
  • ブランチ
git checkout指定のブランチに変更
git branchブランチ関係の処理(作成、削除、ブランチのリスト表示)
git merge2つのブランチをマージする
git rebaseブランチの根元を変更する
git stash未コミットな変更を隠す
  • 共有と更新
git fetchリモートからブランチ情報を取得する
git pushリモートへ、ローカルの変更を反映させる
git pullリモートの変更を、ローカルへ反映させる
git format-patchコミット情報入りのパッチ作成
git amパッチを適用
  • その他
git diffブランチ情報を比較
git logログ表示


git add
コミットリストに登録
git commit
ローカルレポジトリにコミット
git status
git log
ログを出力
git reset
git checkout
ブランチを変更

sample

etc

Tips

AngularJSのGitコミットメッセージの規約
https://docs.google.com/document/d/1QrDFcIiPjSLDn3...

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます