日本の周辺国が装備する兵器のデータベース




Y-9は、老朽化したY-8輸送機を代替する目的で開発された戦術輸送機[1][2]。開発中止となったY-8F-600から発展したモデルで、当初はY-8Xと呼ばれていた[1]。2005年9月に北京で開催された国際航空博覧会においてY-9という新しい開発名称が公開された[1]。

Y-9の開発では、ウクライナのアントノフ社が技術的支援を行っていると見られていた[1]。しかし、漢和防務評論の取材によると、アントノフはY-9については直接的な技術協力は行っていないとの事[3]。アントノフは以前、Y-8F-600の開発において陝西飛機航空集団公司に対して技術支援を実施しており、大型輸送機開発に必要な風洞建設にも協力している[3]。漢和ではそこで得られた技術的成果がY-9の開発に生かされたと見ている[3]。

【性能】
Y-9の機体形状やサイズは、ベースとなったY-8F-600と大きな変化は無い。ただし、実際に試験飛行を行ったY-9は、水平尾翼に模型には無かった垂直安定板を追加しており、これによって低速飛行時の安定性が改善された[4][5]。垂直安定板の採用は、機体の安定性確保の必要性が生じたため、もしくは(機外に各種装備を搭載するため安定性改善のための措置が必要となる)Y-9ベースの特殊任務機と機体構造を共通化させる狙いがあるものと想定される。

最大ペイロード(20t)はY-8と変わりないが、Y-9は貨物室の容積が拡大されており[3]、貨物搭載にあたってY-8よりも搭載可能な貨物の種類が増えており、運用の柔軟性向上に資している。貨物室は長さ16.2m、幅3.2m、高さ2.35mでペイロードは約20t[3]。最大132名の空挺兵の搭乗が可能[1]。胴体後部はローディングランプになっており、Y-8よりも迅速に貨物の出し入れを行う能力を有している[1][2]。Y-9の最高速度は650km/h、巡航速度は550km/h、実用上昇限度は11,000m[5]。航続距離はフェリー5,000km[5]、最大ペイロードで1,000km[3]。Y-8F-600が米国プラット&ポイットニー社の子会社であるプラット&ポイットニー カナダ社製のPW150Bターボプロップエンジン(5071ehp[6])を搭載しているのに対して、Y-9は中国国産のWJ-6C(5.100ehp)に変更されている[5]。プラット&ポイットニー カナダ社製エンジンの場合、軍用機への搭載はアメリカ政府の輸出停止措置を受ける可能性があるが、国産エンジンであればその懸念はなく、輸出に際してもアメリカの影響を受けない利点がある。プロペラは複合素材製のJL-4型6翔プロペラ[5]。エンジンの出力向上と効率のよいプロペラの採用によって、Y-8と比較すると、高高度飛行性能や高温地域での性能の低下を抑えることに成功している[5]。固有の乗員は4名。コクピットはグラス化されており、6枚のカラーMDFと電子飛行計器システムを備えている[5]。Y-9は全天候性能を可能とするため、先進的な通信・航法システム、レーダー、光学/赤外線監視装置、対地接近警告装置、衝突回避システムを備えている[5]。機首と尾部に気象レーダーや各種アビオニクスを収納するレドームを配置、機首レドーム下部には光学/赤外線センサーを搭載したターレットを装備している[5]。

Y-9は、Y-8をベースに開発された機体であり、Y-8用の整備インフラを使用することが出来るため導入に掛かる新規費用を節約する事が出来る。設計の合理化により、機体の維持や整備に掛かるコストが低減されており、機体寿命も延長されている。しかしPW150Bを装備したY-8F-600と比べて、Y-9は搭載燃料を5t増やしているにもかかわらず、最大ペイロードでの航続距離はY-8F-600の半分に過ぎない[3]。WJ-6Cエンジンは出力こそPW150Bと同等だが、燃費の面ではかなりの差をつけられていると見られる。性能面での問題は存在するが、エンジンをはじめとして国産コンポーネントを幅広く使用する事で、生産コストを抑え自給率を高める事が目指されたとされている[2]。

Y-9は、アメリカのC-130J輸送機と同等の性能を目指したとされる[1]。特に、貨物室の容積拡大は、C-130Jを念頭に置いたものと見られている[3]。ただし、最大ペイロードや貨物室容積以外の性能では、まだ遜色があることは否めない。特に戦術輸送機として重要な短距離離陸性能では、Y-9の場合1,350mを必要とするのに対しC-130Jは953mと大きな差をつけられている[3]。

【開発の長期化と配備開始後の状況】
Y-9は2007年の実用化を目指していたが、開発は順調には進まず、2007年には一旦停止状態となった[5]。陝西飛機工業公司は、Y-9の開発と前後してY-8Cやその派生型(高進シリーズ)の開発、そして次期大形輸送機(Y-20)の開発に着手しており、開発陣、資金、機体製造設備等の開発リソースの限界に達していた事もY-9の開発の一時中断をもたらした要因であると見られる[5][7]。

2008年末から改めて開発が再開されたが[5]、2010年1月時点では中国空軍や外国ユーザーによる発注を得るには至っておらず、開発作業は再び停止状態となった。開発計画に通じた情報筋によると、発注が得られれば2010年の年末から2011年にかけてY-9試作機の初飛行を実施することが可能であるとしているが、実際に試作機の製造に着手できるか否かは、発注の有無に掛かっているとされた[7]。その後、最終的に開発再開が決定された模様で、2012年にはY-9試作機の飛行シーンが撮影されるに至った[4]。(初飛行は2010年11月5日に実施されたとの情報も[5])。2012年には、中国空軍での運用が開始され、2014年までに3機の配備が確認されている[5]。陝西飛機集団公司でのY-9量産ペースは次第に加速しており、2017年4月までに30機が生産され部隊に引き渡されている[9]。2016年12月24日には、陸軍航空隊でもY-9の引渡しが開始された[10]。

Y-9は輸送機として使用されるだけでなく、同機をベースとした特殊任務機開発が積極的に進められている。この点から、Y-9は輸送機としてよりもむしろY-8に替わる特殊任務機のベースとしての位置付けのほうが大きいとの分析もなされている[5]。
【Y-9派生型】[8]
Y-9輸送機型。2010年初飛行。2012年から中国空軍への配備開始
Y-9JBELINT(電子情報収集)型。中国空軍で2機の運用が確認されている
KJ-500早期警戒管制型。AESAレーダーを搭載した円盤型レドームを装備。中国空軍と海軍航空隊が配備
Y-9G特殊任務機としてはGX-11(高進11型)の名称もあり。EW(電子戦任務)型
この他、KJ-200、Y-8FQもY-9の派生型であるとの説も存在する[8]。

2014年10月に開催された珠海航空ショーでは、Y-9の後継と目される次世代中型輸送機Y-30の存在が公開されている[5]。ただ、Y-30の実用化にはそれなりの時間を要すると見られるので、その実用化までのストップギャップとしてそれなりの機数が量産される模様。

性能緒元
重量39,000kg(空虚重量)、65,000kg(最大離陸重量)
全長36m
翼幅38m
全高11.3m
エンジン哈爾浜 渦奬6C/FWJ-6C(5,100ehp)×4
最大速度650km/h
巡航速度550km/h
航続距離1,000km(ペイロード20t)/2,200km(ペイロード15t)/5,000km(フェリー[5]、[3]だと7,800km)
上昇限度10,100m
離着陸距離共に1,350m
ペイロード20t
乗員4名+106名

▼飛行試験中のY-9

▼Y-9三面図と貨物室のサイズ


【参考資料】
[1]Chinese Defence Today「Yun-9 Multipurpose Transport Aircraft」
[2]Kojii.net「今週の軍事関連ニュース (2005/12/23)〜完全中華輸送機」(元ソースはJDW, 2005/12/14付けの記事)
[3]Y・Sidov著、平可夫改稿「Y9運輸機研製完成?」(『漢和防務評論』2013年1月号)22〜23ページ
[4]China Defense Blog「Could this be the first Y-9 in-flight photo」(2012年5月14日)
[5]Chinese Military Aviation「Y-9」
[6]プラット&ホイットニー カナダ公式サイト「PW150A」
[7]Flightglobal「Shaanxi's Y9 still waiting on Chinese military to commit」(2010年1月29日)
[8]AIR Recognition.com「Focus - New Chinese EW/ECM Aircraft GX-11 / Y-9G」(2015年1月5日)
[9]「中国空降兵的装備重型化」(『漢和防務評論』2017年4月号)31ページ
[10]空軍世界「运−9运输机交付陆军,载力仍非理想」(2016年12月24日)

【関連事項】
KJ-500早期警戒管制機(空警500)

中国空軍
中国海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます