海外都市同盟に加盟の都市をまとめるウィキサイト。編集からどなたでも投稿出来るようになっています。

台湾・台北・台中・高雄今昔限定T(限定シリーズ三部作)
http://jbbs.livedoor.jp/travel/6318/
名 前合言葉は「日本人にとっての中国=故郷台湾」
期 間4年目

管理人@shinkai編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

台北

台北市(たいぺいし/たいほくし)は、中華民国の首都(直轄市)。261万超(2009年4月)が居住する台湾最大の都市であり、東アジア屈指の世界都市。1949年以来、台湾の実質的な首都として、政治、商業、教育、大衆文化、物流の中心地としての地位を確立している。面積は約272平方キロメートルで四方を台北県に囲まれている。

日本統治時代はタイホクと日本語読みしていた。現在でもNHKの放送ではタイホクの呼称を採用している。北京語発音ではタイペイ (Táiběi) 、台湾語発音ではタイパク (tâi-pak) である。

IT経済化、さらにバイオなどの知識集約経済化を進める台湾では、台北を中心とした地域の重要性がさらに高まっている。しかし台北市内には余剰空間が不足しているため都市の発展は周辺部に波及し、台北都市圏を形成している。特に台北から板橋、中正国際空港へ至る回廊は人口が密集し、移動人数に対処するため新交通システムが建設または計画されている。2006年までの台北大都市圏(台北市、台北県、基隆市)の人口は676万人を数え、香港と同規模の都市圏を形成している。2008年には、グローバリゼーションと世界都市の研究グループおよびネットワーク(GaWC)により、第1級世界都市-に選ばれている。

また台北市南部には台湾に出稼ぎにきたフィリピン・ミャンマー人らが密集して居住する地域が存在している。これらの地域は従来交通不便地であったが、交通インフラの整備により急速にベッドタウン化が進んでいる。

2006年には高雄市との高速鉄道の完成に伴い、それまで工業都市として発展していた高雄地区が工場の海外移転及び脱工業化にともない産業が空洞化したことで、高雄都市圏の人口を吸収する可能性も指摘されている。

台中

台中市(たいちゅうし)は台湾の省轄市。人口はおよそ106万人、台湾第三の都市で、台湾島中部に位置している。

高雄

高雄市(たかおし[1]/カオシュンし)は台湾南部に位置する台湾第二の都市。

1895年に下関条約により台湾が日本に割譲されると、日本は海軍の南方方面での補給港を確保すべく打狗開発を進めた。地名に関しては1920年9月の地方制度実施で、「その文字が卑俗」という理由、またそれまで台湾人にとっての地名と考えられていた民雄(旧「打猫」)との釣り合いも考慮し、台湾総督府により打狗と発音の近い内地の名所でもある高雄(たかお)に改称され[2]、高雄州に帰属するようになった。1924年には高雄郡が廃止され、高雄街は「高雄市」に昇格し高雄州に直属した。

市内には台湾最大でアジアでも香港港・シンガポール港・上海港に次ぐ規模のコンテナ港である高雄港を有しており、台湾で消費される石油の大部分が輸入され同国の重工業を支えている。また輸出港としてアルミニウム、木及び紙製品、肥料、セメント、金属、機械類、船舶が輸出されている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

リサーチアルチザンranking




Wiki内検索

メニューバーA

中国・深セン・東莞・珠海・広州限定X
新界商事
三大スレッドから普通スレッドへ格下げ移行

ベトナム首都ハノイとその近郷ハイフォンさらに中越国境BBS
新界商事マーク

フィリピン・アンヘレスチェック掲示板(海外都市同盟・盟主)
新界商事V3

香港&マカオの仕事&生活限定W(中国姉妹都市特別同盟)
真・新界商事
三大スレッド格上げ予定

台湾・台北・台中・高雄今昔限定T(限定シリーズ三部作)
悟・新界商事
三大スレッド格上げ予定

中国・深セン・東莞・珠海・広州限定X
冥・新界商事
新スレッド作成予定

ケータイ版新界商事

メール:shinkaiakikazu@gmail.com

管理人の評判について

まずその掲示板にて一番文句をかかれなければならないのは管理人である。それだけ掲示板の盛衰、すなわち全ての責任を一手に持つ。

ビジネスモデルについて

十万円以上かけて海外旅行しかも多少危険な風俗を体験しようというのにネットの情報だけを頼りに渡航するというのは得策ではない。
2008年の北京オリンピックを絶頂期としてそれ以降は下り坂であり、もはや他人にお勧めできる旅行ではなくなった。
いい時期にこそいい体験しておかないとそのチャンスはもう巡ってこないということを痛感させる事例である。

編集にはIDが必要です

メンバー募集!