海外都市同盟に加盟の都市をまとめるウィキサイト。編集からどなたでも投稿出来るようになっています。

TTRPGエルミナージュ素案


一番最初のオーニングで初心者には最初はとっつきにくいので
訓練場からはじまり、まずひとり目は何でも自由に職業選択できる。

前半はチュートリアルを兼ねたゲストパーティ

老君主男60歳レベル30 僧侶+錬金術師魔法習得
復讐の遊楽者女50歳レベル28 魔術師+妖術師魔法習得
苦労人の使用人?40歳レベル26 召喚魔法習得

上級職1つ中級職1つ基本職1つと計三人

3人のうち唯一のハイマスターレベルは?使用人
老君主が兄で放浪していたという腹違いの妹を名乗り出てきたのが遊楽者
そこから物語が始まるが性格が悪の遊楽者を本来の善に変えることが最初のクエスト

中盤はライバルパーティ

厨設定 勇者 賢者 聖者 重装歩兵 舞踏家 呪術師

編成は
後衛 賢者 呪術師 聖者
前衛 重装歩兵 勇者 舞踏家

勇者 戦士系 年少男 物理UP 呪文威力UP 首切り30%
賢者 盗賊系 青年男 任意の3系統呪文マスター
聖者 僧侶系 ふたなり偽女 古式 隠れずとも徳により攻撃対象にならず
重装歩兵 戦士系 髭男 自動ながら半分の確率で守りながら攻める ハイマスター時は味方指定
舞踏家 盗賊系 女 自動ながら味方をターン終了後に再行動 ハイマスター以降確率上昇100% 闘士と同レベル
呪術師 魔術師系 タチ偽男 呪文威力UP 召喚魔法 スキルに瘴怪波・マインドクラッシュ 首切り10%

バケツ劇場一例
賢者「さて、パーティのリーダーである勇者様よりお一言を」
勇者「…」
重装歩兵「はい、でしょうな」
呪術師「いいえ、だ」
舞踏家「はい、か、いいえ、しか言えないリーダーをよろしく」

中盤は6箇所の場所にキーアイテム探し

終盤はエルミナージュ以降の6箇所でレアアイテム探索

神影登場
君たちは大きな気配を感じて立ち止まった
気配は一瞬で世界を覆い圧倒的な存在感で迫ってくる
これは世界の外側にある者の影
君たちとは異なる存在
気をつけろ!
決して遭遇してはならない!
これは警告である

その魂が消し飛ぶ前に、身を隠すがいい

はい
いいえ

はい

君たちは息を潜めて
災厄が過ぎるのを待った
「それ」は現れたときと同様
一瞬にして消え去った

ハイマスターレベルでヒットポイント100前後

終盤はエルミナージュ以降の6箇所でレアアイテム探索

経験値1億でヒットポイント1000前後
能力値はレベルが100上がるごとに1上がる仕様にしてみてはどうだろう?
100で+1、レベル1000で+10になり、腕力・知恵・信仰・体力・敏捷・幸運の6種類あるので
レベル6000になるまで成長が楽しめるはず。またこの6000レベルではHPはカンストの9999である。
ただし能力値はレベル100を超えてからは敏捷以外は特に重要ではなくなってくるため、多少調整が必要である。
知恵と信仰は呪文を覚えることに関係するだけでなく、威力にも影響がするようにするなどは最低限だろう。

自分パーティのHPを5桁いかないのは何とかして欲しい
敵は栞とか含めれば10万越えてるのもいるんだろ?

宝箱について


戦闘における楽しみは複雑進化しているのに
いまだに最大のお楽しみである宝箱の改良が進んでいない
そこで新たな提案

ドロップテーブルレア周回で5%→10%→15%
16個のアイテムからランダムだと6.6%
5/100x1/16
160分の5すなわち0.31%から
15/100x1/16
160分の15すなわち0.93%まで
という1パーセント以下の確率になる

つまりレアアイテム自体は15%の確率で16のうちのいずれかだが
レアアイテムの中でも狙ったもの1個だけの場合は100回に一回も出てこない可能性があるのだ。

これではいくらなんでも低すぎる。また数を多くこなさなければならないため同じ場所で同じような敵を狩り続けなければならない。

宝箱の新要素
エンパイアシリーズでの宝箱の順位

皮袋 木製

盗賊技能+1がなくても大抵罠の解除可能。しかし序盤の入り口付近でしかでない。皮袋は罠がかかっていない場合が多い。
木箱は、それなりのアイテムは入っているが後半の宝箱でも十分に出る可能性がある。

銅銀金

中盤に役立つアイテム


中華風職業の豪傑妖術師軍師に関する装備が入ってる。


和風の職業侍・忍者・巫の装備が多く入っている、黒漆塗具足:わらじよりいい足装備一例を政宗から拝借

ダイヤ
インド系職業印導師神官修羅に関する装備が入ってる。

プラチナ 

ミスリル→レアメタル
錬度の高い鉱石、氷化エルブン鉄・ドヴェル軟鋼・ベクトレイム・魔蒼石・三層オラート・ミルストーンの6種類が入っている。

ケアルノバでも95パーセント確率でしか開かない。ただし罠を誤作動させることは絶対にない。
この三つは同じレア度の宝箱だが中に入っているものがレアテーブルによって違う。またひとつのレアしかはいっていない。
これはくだらないアイテムで捨てることの面倒さを省いている。

16のドロップテーブルのうち半分の8個をレアその半分をレアとまぎらわしい不確定名のカスアイテム。
例えば?武器であればバンテージとかブーメランとか村正とか手裏剣が出ると期待させる手法。

罠を増やす
ちょうど一つ分空いているので除霊という死亡回数を減らす罠
気にしてリセットしている人も稀にいるようなのでいつでも減らせるということになれば、やがて0に出来るので拘らなくなるはず
今回は死亡回数、撃破数は関係ない。様子見をして、次回作においてなんかのペナルティやイノセント要素、
加護の要素やエクストラスキルなどパワーアップ条件になりうる要素として死亡数0と撃破数1000を目安の数字とする

エクストラスキルを整理する


個別に誰が持っても役立つスキル
食いしばり→魔傀儡(まくぐつ) お邪魔タックル→フェアリー

パーティの内誰か一人持っていればいいもの
不思議な鞄→錬金術師専用 宝箱発見→遊楽者専用

死にスキル
盗賊の盗み渡し 歌関連全般 

あればよいスキル
逃走スキル マハマハ回数制限なし 盗賊のアクティブスキルとか
自爆スキル レイバー爆弾は問題 神女のアクティブスキルとか
瘴怪波防御スキル 巫のパッシブスキルとか

ぶっこわれスキル
精霊契約

時の加護はハズレ加護のため今回の3倍精霊契約+範囲拡大という時限の加護に変える
エクストラスキルの精霊契約はハイマスター以前の1.2倍据え置きで十分
十分使えるスキルとして魔術の真髄など他の魔術師専用エクストラスキルもある

3でも相変わらず錬金呪文が使えるのは錬金術師だけなのだろうか…
是非、狩人や忍者でも習得可能にしてもらいたい

魔:魔、司、遊、侍
僧:僧、司、神、君
錬:錬 + 狩人 忍者

日本人がつくっているのだからサマー技能体系を作るというのも一計
巫で装備解除、忍者で盗むのサマーコンビ盗賊技能
吹き矢・鎖鎌など忍者や巫が使えそうな武器類

忍者に特殊抵抗UPでその忍者のみ100%まで、君主は法印保護区だけで95%まで味方にも影響
味方を守りたいという気持ちが法印保護区になる。自分個人の特殊抵抗UPは二重にダブっているため不必要。
忍者のAC低下は闘士も持っており、ウィザードリィ初期のイメージ最強に特殊抵抗UPは欠かせないはず
また闇討ちの素手射程無限だけでなく素手で一回だけではなく「三回攻撃」があれば
奇襲防止の警戒や戦闘開始直後の自動隠れるでネタに出来ない経験値最高職

虫類は画像小さく多数に、ドラゴンが1体から3体に増えたように人間型の敵は一列3体を5体に増やす
首切りと食いしばり ヒドラとかツーヘッドスネークとかは何本か首を切り倒されても復活した神話より

敵武器の中に戦士・盗賊・魔術師・僧侶への倍打を増やし、味方パーティに大打撃を被る仕様に変更
中には10倍打もあるので一見似たような武器の差別化を図る

Elminage(エルミナージュ)関連
Elminage(エルミナージュ)の概略
Elminage(エルミナージュ)のパーティ編成
Elminage(エルミナージュ)の職業考察

エルミナージュ3 暗黒の使徒と太陽の宮殿

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

リサーチアルチザンranking




Wiki内検索

メニューバーA

中国・深セン・東莞・珠海・広州限定X
新界商事
三大スレッドから普通スレッドへ格下げ移行

ベトナム首都ハノイとその近郷ハイフォンさらに中越国境BBS
新界商事マーク

フィリピン・アンヘレスチェック掲示板(海外都市同盟・盟主)
新界商事V3

香港&マカオの仕事&生活限定W(中国姉妹都市特別同盟)
真・新界商事
三大スレッド格上げ予定

台湾・台北・台中・高雄今昔限定T(限定シリーズ三部作)
悟・新界商事
三大スレッド格上げ予定

中国・深セン・東莞・珠海・広州限定X
冥・新界商事
新スレッド作成予定

ケータイ版新界商事

メール:shinkaiakikazu@gmail.com

管理人の評判について

まずその掲示板にて一番文句をかかれなければならないのは管理人である。それだけ掲示板の盛衰、すなわち全ての責任を一手に持つ。

ビジネスモデルについて

十万円以上かけて海外旅行しかも多少危険な風俗を体験しようというのにネットの情報だけを頼りに渡航するというのは得策ではない。
2008年の北京オリンピックを絶頂期としてそれ以降は下り坂であり、もはや他人にお勧めできる旅行ではなくなった。
いい時期にこそいい体験しておかないとそのチャンスはもう巡ってこないということを痛感させる事例である。

編集にはIDが必要です

メンバー募集!