Wikiを利用した【かぐや姫事典】です。かぐや姫に関連する、あらゆる事実を後世に伝えましょう!現在の編集権限:Seesaa IDをお持ちの方のみ

(作詞:喜多条忠/作曲:南こうせつ/編曲:よしだたくろう)

収録アルバム:はじめましてフォーエバー

アコースティックギター:田口清
エレキギター:よしだたくろう常富喜雄
ドラム:木田高介
エレキベース:内山修
エレクトーン:木田高介

原題「ピラニアのために」。喜多条忠が初めて歌詞を書いた作品。最初は第一期かぐや姫として録音されたが、第二期かぐや姫のデビューアルバム『はじめまして』で、よしだたくろうのアレンジによりロック調にリメイク。

“マキシー”は実在の女性で、喜多条忠の学生時代の知人。彼女は、60年安保の大学紛争で活躍した、早稲田界隈では有名な女性活動家で、喰らいついたら離れないので“ピラニア”と呼ばれていた。しかし騒ぎが終わった後、時代の価値観が大きな変化を遂げ、自分の信じてきたこと、闘ってきたことがすべて無意味に感じてしまい、彼女は睡眠薬を飲んで自殺してしまう。
南こうせつから歌詞を依頼された喜多条は、彼女の想い出を歌詞にした。当初は「ピラニアのために」というタイトルだったが、ディレクターの田中迪から反対され、「マキシーのために」と改題した。
レコード会社の人は「ピラニアじゃ売れません」。その当時、マキシルックがはやっていて、「マキシーのために」と変わったんです。(南こうせつ)

大学を中退し、文化放送で番組の台本を書いていた喜多条が、こうせつから「原稿書くの早いねえ、詞を書いてみたら?」と言われたのが作詞のきっかけ。「マキシーのために」の歌詞は、一晩で書き上げたという。

「睡眠薬を百錠も飲んでサ」という歌詞のせいで、放送禁止になったらしい。

映画「神田川」にも、マキシという女性が登場する(配役:黒沢のり子)。
タグ

このページへのコメント

正直でキレイな人は、学生運動が失敗だと悟って死んで行った。
今、生き残っている安保世代老害はうんこパヨクのクズ

1
Posted by 名無し 2021年02月15日(月) 17:07:50 返信

名曲ですね。勝手な理想で、胡座ずわりをする白黒写真のりりィさんみたくな、かっこいい女性を想像してしまいます。

0
Posted by タカハシ 2010年12月22日(水) 17:01:59 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Himepedia検索

counter


無料カウンター
現在の閲覧者数:

編集にはIDが必要です

メンバー募集!