曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

^貽を隔てて一晩おきに、の意味。
一晩ずつ、の意味。
A鞍佞ら次の日の朝まで、の意味。
新命、吉日を選びて入院す。隔夜に山下の寺院に止宿す、両班大衆、夜前に問訊す、或いは大衆、随意に問訊す、通衆、必ずしも之れ下らずとも妨げず、新命、之を正さざれ。 流布本系統『洞谷記』「新住持入院」項

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます