曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

経蔵律蔵?論蔵?の三蔵のこと。蔵というのは、一切の仏教の文書や教義を蔵するものという意味である。
その最第一清浄の衣財は、これ糞掃衣なり。その功徳、あまねく大乗小乗の経・律・論のなかにあきらかなり、広学咨問?すべし。 『正法眼蔵』「袈裟功徳」巻

三乗に同じ。
?の三蔵に精通した僧への敬称。三蔵法師?。基本的に訳経事業に携わった者に与えられる場合が多い。中国仏教では玄奘や鳩摩羅什などが著名。なお、禅宗では経師論師などと並んで、経典の文字に拘る者への蔑称としても用いられる。
大般涅槃、これ無常なるがゆえに仏性なり。もろもろの二乗小見および経論師の三蔵等は、この六祖の道を驚疑怖畏すべし。もし驚疑せんことは、魔外の類なり。 『正法眼蔵』「仏性」巻

小乗仏教の教え、或いはその教えを信じる者。
大耳三蔵、はるかに西天よりきたれりといへども、このこころをしらざることは、仏道を学せざるによりてなり、いたづらに外道二乗のみちをのみまなべるによりてなり。 『正法眼蔵』「他心通」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます