曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

訓じれば「いぶかし」と読む。
‐椶靴分からない、の意。
今百丈至晩上堂、挙前因縁。この挙底の道理、もとも未審なり、作麼生挙ならん。 『正法眼蔵』「大修行」巻

△い辰燭ぁ△修發修癲△里茲Δ紡梢佑砲發里鮨劼佑觧に使う言葉。
大悟底人却迷時如何と問取するがゆに、正当却迷時を未審するなり。 『正法眼蔵』「大悟」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます