クロマグの限定ガチャにて初登場。後に続編のクロムマグナ零で新たな限定精霊として登場。

性能

双つ刃の潜行者 エマ・ユーイング

 シナリオ中で「治癒魔法得意なの。」と言いつつSSは毒である。
 AS:5チェインエンハ+全属性軽減、SS:毒のスキル構成。登場時はトーナメント参式で活躍した。
フリーレよりもスキル周期が早かったのでイベントクエストや通常クエストでの鉄壁対策としても有用だった。

不可知の密偵 エマ・ユーイング

 AS:4チェイン特攻、SS:反動蝕。水属性の敵が多いクエストでは活躍できる。またSSの反動蝕は1ターン目から使用可能なので、初戦にすぐに倒さないと厄介な敵がいる場合は非常に役立つ。このスキルを頻繁に使うならば状態異常ガードとセットで使うことを考えるべきだろう。単体特攻魔術と違い、スキル反射を張っている敵に対しても遠慮なく使うことが出来るのも利点である。

人物像

 エマで有名な事は「犯人はニコラ」であろうか。初登場を果たしたクロムマグナ垢任聾事な迷探偵ぶりを発揮した。
 二つ名が双つ刃の潜行者、AS名が極秘任務、SS名が間諜の心得だったため、ユーザーの事前予想では学園に入り込んだスパイであり悪役、黒幕などとされていた。
 なお、クロムマグナ垢砲導催された人気投票では、ポスターの可愛さやスタイルの良さや迷探偵ぶりのネタもあり健闘し、前日までは3位は確定だと思われていたニコラを残り数時間で追い上げ3位となった。

 そして100年前が舞台のクロムマグナ零でも登場。ニコ生で予告された時には、名前を襲名してる・偽者・時間跳躍をしているなどと予想されていたが、特にひねりはなく正真正銘の本人?だと明かされた。
 ダンケルやアムベルは100年の年月が経って老けているのに何故エマは全く(外見上)歳をとっていないのかは不明のままである*1
タグ

どなたでも編集できます