第8回グランプリ
 名称は昨年に引き続き、黒ウィズゴールデンアワード2021となった。

概要

 8周年の際に一切触れられなかったために今年はなしかと思ったが、そのような事はなく3月17日のおせニャんで開催される事が告知。
 投票期間は3月24日〜4月19日。投票券入手期間は3月24日〜4月15日。

 なお、今年はこれまであった1枠でもっとも多く投票された精霊の賞である特別賞がない。
 運営によると、ユーザーの皆様への健康上の影響が大きいためとの事。リティカちゃんさよなら…。←案外そうでもなかった
 これを見た多くのプレイヤーは「魔道杯は健康上の問題はないのか」と突っ込んだようである。

 下記の受賞数から考えると、GA2021ガチャは前半後半それぞれ7体ずつとなるようである。
 男性女性それぞれ3位以上がGA2021ガチャ対象となり、残りの受賞精霊は黒ウィズクロニクルチャレンジの報酬となる模様。

 しかしどうも不評だったらしく、今冬にGA2021後半を別途設け、4位以下の精霊も別途イラストを作成した上でGA2021後半ガチャに登場させ、3位以上の精霊はカード枚数を調整すべく相互進化解放させることとし、受賞精霊全てに個別ストーリーが作成されることとなった。(お知らせ全文に関しては折りたたんで下記に記載)
 個人的な主観だが、確かに投票時に何位までゴールデンアワードガチャ登場しますとか発表していないのも悪いし(普通にアナウンスなしなら去年と同じになると予想する人が多数)、おせにゃん#127の放送中には1〜6(7)位の精霊を特別なver.でガチャに登場予定とまで言っていたにも関わらず、4〜6(7)位の精霊は配布と言い出したり、配布の内容として全く特別でも何でもない精霊を渡されるというのは、さすがに詐欺過ぎる。苦情でて当然な気がする。枠が広がるならまだ分かるにせよ…。と言うかGA上位の誰にもストーリーがなかったことが判明し、一部で騒然となったとかならなかったとか。嘘猫で頑張りすぎたんやなあ

お知らせ掲載文章

男性精霊賞

 ガチャに登場した男性精霊の中から得票数上位6体の精霊が受賞。

女性精霊賞

 ガチャに登場した女性精霊の中から得票数上位7体の精霊が受賞。

イベント精霊賞

 これまでの配布精霊の中から得票数1位の精霊が受賞。

ベストイベント賞

 これまでのイベントの中から得票数1位のイベントが受賞。

その他

投票券

 投票券は通常エリア(トルリッカの1-1〜3-4、シークレットは除外、エリア型)、トーナメント、
 7周年ガチャで復刻対象の八百八町2、MARELESS4、ドルキマス4、シュガバン3、エニグマ2、アレヴァン2&3、
 開催中イベント&同時復刻のSOUL BANKER1&2(銀行探索とステージ5以外、2はエリア型)、アナテ1&2で得られる。
 エリア型と書いてある物に関しては道中の宝箱でしか得られないため、オートやカジュアルだと入手不可能という事になる。

ミッション

 男性部門に投票(MAX300票)、女性部門に投票(MAX300票)、投票数合計(MAX300票)の3種類がある。得られる栗は合計ミッションで3つ。

データ

中間結果(4月6日発表)

男性女性イベント精霊イベント
1位スノウアレスちゃん嘘猫のウィズSOUL BANKER
2位ディートリヒルミスフィレスエターナル・ロアARES THE VANGUARD
3位ディオニソスリレイクロ黄昏メアレス
4位アポロンクレティアアテナVIIFairyChord
5位アルドベリクリフィル若葉SUGARLESS BAMBINA
6位ヴィレスラシュリィ
7位ノクスアリエッタ
8位リュオンリルム
9位アシュタルガトリン
10位ラギトエニグマブラックリリー
11位サージュエニィ
12位タツマリニーダ
13位キワムアーシュ
14位リュディガーヤーシャラージャ
15位ルダンルリアゲハ
 中間結果が発表された時点で、上位2人が去年と全く変わってない時点で代わり映えしないと言う不満の声が多い。
 特に投票期間にアンダーナイトテイル2が開催されたため、シラユキが1位になるのはほぼ確定だろう。

 しかし、この投票で一番注目されるべきなのはもう少し下の順位で、バレガチャに出た影響なのか他のエニグマ戦士を差し置いて五所川原が10位にいたり、正月ガチャにいたにも関わらずレッジがいなかったり、専用イベントは続編が来ず久々に登場したもののハズレ扱いで活躍できるクエストがなかったガトリンが9位にいたり、GA中のイベントの主役なのにヴィレスとラシュリィが意外と低かったりするのが面白い所である。

 イベント精霊部門は嘘猫があまりにも出過ぎなのが原因なので、誰も突っ込まなかった様子。
 ベストイベントに関しては、メアレスシリーズはどれも相当人気が高いイベントであったが、メアレスシリーズの天下は既に終わってしまったのかと時の流れを実感する事となった。
 そこまでの高評価ではなかったと思われるSOUL BANKERが1位なのは、投票期間中に開催していたのが一番大きかったと思われる。しかしシュガバンはよく盛り返したな…。

最終結果(8月4日発表)

男性女性イベント精霊イベント
1位スノウアレスちゃん嘘猫のウィズSOUL BANKER
2位ディートリヒリルムエターナル・ロアARES THE VANGUARD
3位アポロンルミスフィレスクロ黄昏メアレス
4位アルドベリクリレイアテナVIIFairyChord
5位ディオニソスクレティア若葉SUGARLESS BAMBINA
6位ノクスリフィル
7位ヴィレスアリエッタ
8位アシュタルラシュリィ
9位リュオンガトリン
10位ラギトエニグマブラックリリー
11位サージュエニィ
12位キワムリティカ
13位タツマルリアゲハ
14位ケネスアーシュ
15位アヤツグリニーダ

 黒ウィズグランドフィナーレ記念生放送で結果発表となった。
 イベント精霊、ベストイベント部門では動きはなかったが、男性精霊賞ではアポロンがディオニソスを抜き去り逆転、ノクスも入賞圏内に入った。
 また、女性精霊賞では中間発表8位と次点の位置にいたリルムが2位になる大躍進を見せて入賞した。
 この結果として男性部門でヴィレス、女性部門でラシュリィが落選し、ベストイベント賞の主役が揃って落選することとなった。
 なお、この生放送で男性部門、女性部門の上位3名がガチャ、残りは黒ウィズクロニクルチャレンジの報酬となることが発表された。ただしこれについては方針の撤回・変更があったのは上記の通り。
 余談だが、1位のアレスちゃんを除き個々の順位こそ変わっているものの、女性部門上位7人の顔ぶれは去年と全く同じである。
 また、特定のどなたかが最後にまとめて入れたのか圏外だったリティカが12位まで上昇している*1

GA2021ガチャ前半

 8月20日〜9月まで開催。
 とりあえず前半開催時点では毎年行われている精霊プレゼントは行われなかった。
 後半は前述の通り2021年冬開催予定。それと同時に全精霊に性能変化はおそらくなしの見た目のみ変更の相互進化が可能となる予定。
 全員が選ばれし者の絆(ボス戦開始時稀に*28tの間、HPと攻撃の基礎ステータスを4000アップ。のろいにより解除はされない)を所持している。
 8周年記念精霊の君と精霊の祝祭が100%発動で何度でも発動するのを見ると100%発動でもよかった気がしないでもない。
 あと、アレスちゃんとシラユキはアドヴェリ潜在が1.2倍になっている。

 ……わりとどうでもいいがスプラッシュ画像が左上からルミスフィレス、アポロン、リルム、ディートリヒ、シラユキ、アレスちゃんとなっている。
 アレスちゃんとシラユキが逆だと左女性、右男性になるのでもしかして間違えたんじゃ…。

祝福だっしゃしょか! アレスちゃん

 変身前 火 AS:回復・攻撃強化 SS:特殊パネル変換/ブースト EX-AS:チェインプラス・チェインカウンター
 変身後 火/光 AS:攻撃・回復 SS:パネル属性カウント大魔術 EX-AS:全体化・起死回生
 八百万4のアルテミシアもしくはバレフレイの火版。ナディ(ドルキマス杯の総合報酬)の単色といってもいいかもしれない。
 40ch以上だと60%でクリティカルが出せるというのが魅力。
 SS1はもはや恒例となりつつあるリコラ型のSS1。
 ただし最大でもスキチャ+2(4tキャラだとループできない)しか付与できず、付与を忘れているとSS2になってしまうということには注意。
 変身後は2T周期のパネカン。合計30色で4000の効果値なので、効果値はロザリアと同じだがこちらの方が最大まで貯まるのが早く、周期が早い。

とにかくめでたい リルム・ロロット

 水/雷 AS:連撃 SS:パネルリザーブ EX-AS:全体化・パネルリザーブ
 GPガトリンの水版。
 SS1は回復系、SS2は攻撃系の付与効果がある。EX-ASはガード系なので、3種のリザーブを使い分けて戦える。
 効果ターンが短いのが少し気になるが、SS1のWAS絡めて回すだけで毎ターン40〜60%回復+8チェイン増加。
 SSが回復の統一強化と一緒に運用するだけで他はヒーラーが要らなくなるほどの過剰回復が魅力。
 回復反転などにはご用心。

帰郷 ルミスフィレス

 雷/火 AS:回復・ガード SS:AS特殊変化 EX-AS:ダメージブロック・チェインプラス
 クリスマスイスカ、エリエリの色違い。
 防御に特化しており、WASで各種効果を2回得られるためかなり強い。時間停止無しでもチェイン+2(3)×2や30%(50%)×2回復は安定して発動できる。丑結晶やマケーシュラとは併用できないのだけは注意。
 統一ルミス、回復WASルミスと組むと明らかに過剰回復なので、連撃WASのルミスやダメージ強化連ルミス、種族強化ルミスと組むと良い。ルミス大集合ルミ〜
 SS2を時間停止+ガードパネル(25%)+スキチャ(+2?)などと併用すると簡単に100%軽減できるというのも魅力。必須精霊が多いように思えるがレマとカナメ(ヴェレフキナ)で簡単に達成可能。

儚く麗しき姫王子 スノウ・シラユキ

 火/水 AS:属性特効 SS:爆裂連鎖 EX-AS:全体化・属性特効
 GWラティオルシーニア、魔轟8ホロビィの色違い。
 ついに登場した火水の単体爆裂連鎖。火水にはGWリヴェルドやラディウスVSミハネ等相性が良い精霊が多く、GWから期待されていたのだが、UUG、アレヴァンでの未登場、50日間のガチャ空白を経て3ヶ月後の登場となった。
 チェインは売るほど稼げるので、SP封印さえ来なければ強い。SP封印対策には丑大結晶等を用いよう。

戦略の彼方 ディートリヒ・ベルク

 水 AS:連撃 SS:連鎖強撃/凶暴化 EX-AS:連続化・チェインプラス
 自身のみにかかる連鎖強撃。凶暴化は発動時200chあればターゲットが自由になるので実質AS3倍。
 AS倍率強化のネ―レイスと組めばさらに最大4倍、クエスト次第では連結パネルでさらに4倍等最大火力は非常に高いロマン枠。
 頑張ればクリティカル込みで1000万×6とか出せはするがあくまでロマン火力。通常なら200ch時のクリティカル込みで100〜300万×6程度と思っていいだろう。
 ちなみにこの連鎖強撃は自身の〜なのでラプシヌプルクル等でコピー可能。
 鉄壁を先に倒してしまい戦略が崩れたり、多層で阻まれたりするかもしれないがそういうのを使いこなしてこそ真の元帥といったところか。

 余談だが、このカードはディートリヒ名義だがクエスアリアスではテオドリクとして登場していた。そのため名前の面では結構ややこしい。まあ皆元帥呼びだし決戦ドルキマスでは混在してたし良いか
 →ストーリーでは呼び分けにちゃんとした意味があった。半年近く経ってようやくの判明だが、ストーリー追加がなければただややこしいだけになるところだった。

友へ贈る勲章 アポロンVI

 雷/光 AS:連撃・チェイン攻撃 SS:激化大魔術 EX-AS:全体化・融合特効
 セカンドファスト型激化。条件は融合寄りだが、反転でも十分強い。
 普通に反転で組んだ場合でも(390+75)×3×3=4185の反転火力を全体にばらまく。融合で組めた場合は最大4725。
 一番強いのは反転と組み込みつつ融合に組むというものだが、構築難易度はかなり高い。
 サブクエが許すならばウィズ&アナスタシアと無属性を活かすという手もある。
 しかし変身くらいできても良いと思うのだが、アレスちゃん以外の変身は許されないのだろうか…。

 たぶんここ最近のキャラの中では最強クラスにマイページ性能が高い。勲章のところに適当な精霊を置くだけで雑コラが完成してしまう。

 →ストーリーは尊みの過剰摂取でなんか腹立ってきたアルテミス爾了訐から見たアポ兄ちゃんの話。死ぬ!死んでしまいます!てかアルテミス叱堕蟆修靴泙擦鵑?

GA2021ガチャ後半part1

 いろいろありつつも2022年1月10日のお知らせに近日開催予定となった。
 また、開催に先んじてGA2021受賞セレクションガチャというGA2021受賞精霊がピックアップされたガチャを1日1回、最大10回まで引ける催しが10日〜21日まで行われた。
 その後1月14日の16時より後半part1ガチャは開催となった。
 part1となっているのは3種ガチャ+4種ガチャ(part2)にするためなのだろう。
 ちなみに同じ時間から前半ガチャキャラのイラスト替えに相互進化できるようになった。

 ただでさえ分割した後半ガチャをさらに分割するのはどうなのよ?という意見もあるが、2022年現在の1月における無料クリ配布が、魔道杯や通常配布クリスタルを込々で1月あたり100〜130ちょいしか配られていないという状況を鑑みると、地獄の7種ガチャをやるよりはよいのでは?といったところ。
 実際に欲しい精霊を狙いやすいというメリットもある。

 発表直後はこれにより約1月の間イベントクエストが追加されず、1〜2か月の間漫画と小説を更新するだけのアプリになることが懸念された。*3がそんなことはなく、黒ウィズダンジョン ゴールデンアワード2021が開催された。

 ちなみに、1月って新春とかであって今冬ではなくない?と思われるかもしれないが、ゲーム業界の慣例的には2月〜6月が春、6〜8月が夏、9月〜11月が秋、11月〜3月が冬で冬が終わったら次の年といったような認識なので特に問題はない。
 なんかかぶってる時期が多い気がするが気のせい。
 真面目な解説をするとゲームの発売時期が遅れたりすることが多いためマージンが長い感じなのが原因。夏/秋はゲームの発表などが少ないため伸びたり縮んだりしない。

魔物狩りの夜 アルドベリク・ゴドー

 火/雷 AS:連撃・種族特効 SS:AS強化フィールド/蓄積解放大魔術・連 EX-AS:全体化・貫通
 新登場のAS強化フィールドをひっさげての登場。
 蓄積・連と同じカウントで火力が上昇し最大1400の火属性のAS火力が上昇する。
 蓄積解放強化・連などとの違いはAS強化フィールドはフィールドなので1度張れればリスタートでも解除されない、EXASにも乗るのが利点。
 ただし、蓄積・連のほうとカウントが同じなので、連を撃った直後では効果値100の微妙な効果にしかならない点や火属性にしか乗らない点など問題点がかなり多い。
 ちなみに連は初回5tの2回目以降10t周期の効果値13500という蓄積・連にしてはかなりの火力を誇る。

 ストーリーとしては訣別のクロニクルの後の話だと思われる。

13歳の魔道修行 リフィル

 雷/光 AS:種族特効 SS:斬撃大魔術 EX-AS:パネル属性カウント攻撃
 SSはヴィレスの色違い。EX-ASはパネル属性カウントとなってはいるが、回復や軽減に加えてステアップまで付いているので、EX-AS縛りのないEX強化といった印象。
 黒猫氏と出会う3年前のリフィル。セリフなどもやや幼い印象を受ける。

眠れる怪獣 アリエッタ・トワ

 水/雷 AS:連撃・回復 SS:無属性変化/パネルリザーブ EX-AS:貫通・反撃
 数多くのステージで猛威を振るった3倍色無属性の亜種。
 フル覚醒だとパネルリザーブが、8覚醒だと無属性変化が開幕から使用可能。状況に応じて使い分けられるとベスト。
 水雷は激戦区だが、その中でも積極的に採用できる性能。

 眠っている最中にも知らないうちに研究をしてしまうというヤバい事が判明。
 歪みも作ってしまったため、今後の動向が気になる所である…。

GA2021ガチャ後半part2

 いろいろありつつも2022年1月24日のお知らせに近日開催予定となった。
 数日かと思いきや、待てども待てども来ず、最終的に開催されたのは1週間後の31日に開催された。
 また、開催に先んじて久々の英雄凱旋祭が開催され、1日1回、最大10回まで無料でガチャが引けた。期間は1月28日〜2月13日まで。

巣立ちの音 鶴音リレイ

 水/雷 AS:種族攻撃強化・連撃 SS:ASカウント大魔術 EX-AS:全体化・パネルリザーブ
 シャロンの色違い。
 カウントが溜まれば3ターン毎に起死回生を張りつつ強力な攻撃ができる。
 水雷は超激戦区であるが、攻撃SSは比較的薄いため上手く使えば強力。GA同期組のリルムやアリエッタと組んでも使いやすい。

最強のヒーロー ディオニソスXII

 雷/火 AS:連撃・種族特効 SS:AS強化フィールド/蓄積解放大魔術・連 EX-AS:全体化・貫通
 同期のアルさんの色違い。今年度は変身不可。
 AS強化フィールドは強制進行に強い、EX-ASに乗るなどの利点はある反面、主属性のみが強化対象になる点が弱点。
 また、無属性変化のメイマオとは相性が悪い。

救星の儀 クレティア・ブライユ

 水/光 AS:回復・ガード SS:AS特殊変化 EX-AS:カバー・ダメージブロック
 SSはルミスフィレス/エリエリ/イスカ/ツヅミ/ヴァンガードと同じ。
 潜在にパニシャ無効があるので1t目パニシャに対応はできるが、他と違いSP封印が無いのは注意。

 EX-ASは新スキルのカバーを所持している。
 カバーは味方全体が味方から受けるダメージを100に固定できるというもの。
 味方から受けるダメージとは、AS自傷/強パニシャ/ブースト/烈眼/夢現メアレス2の潜在結晶/終焉結晶によるダメージが確認されている。
 終焉って味方だったのか……。
 一方で自傷パネルから受けるダメージや連鎖狂化、回復反転で受けるダメージは味方によるものではないので注意がいる。
 強パニシャに対する対策キャラではあるのだが、このキャラに合わせてクエストを作成するとほとんどのデッキがクリア不可(オートだけ対策としててもクレティアがいなければオート不可)になるのでやめて欲しいところ。

 とか言ってたら黒ウィズダンジョン81層で早速1T目強パニシャで接待される事に。

る夜の賭け ノクス・ヴァニタス

 火/闇 AS:分散攻撃 SS:逆襲大魔術 EX-AS:逆襲攻撃
 正月キャラにいなかったっけ!?
 というわけでヨミチのSS属性が闇版、AS分散攻撃になった奴。こちらはSP封印耐性持ち。
 EX-ASは読んで字のごとく逆襲大魔術のAS版。最大効果値は7950と非常に高いので、弱い連撃が飛んでくるようなステージでは輝く可能性が高い。

関連ページ

どなたでも編集できます