ペンシルパズルに関する情報Wikiサイトです!

ルール

 後述の「解き方」の項目でもルールに触れますが、まださしがねのルールがよくわかっていない方は下のニコリのページをご覧ください。
さしがねの遊び方(ニコリHP)

 上のページにも書かれていますが、1つのブロックの中の記号は0〜3個のどれになっても構いませんというルールがあります。
普段パズルをやらない友達に解いてもらった時、何人かが1つのブロックに必ず1つの記号が入るものだと思い込んでいたので念のためここにも書いておきました。

解き方

 この項目では上の例題を実際に解き進めていく過程を解説するとともに、さしがねを解く上で役に立つであろう基本的な考え方を紹介していきます。なお、解説中に何度かさしがねのルールをニコリHPから引用しますが、その箇所は太字で表記します。



 はじめにルール4「矢印があるマスは必ずブロックの端になり、矢印が示す先にそのブロックの角が来ます。」から矢印があるマスでは矢印の向いていない3辺に線が引かれ、矢印が向いている方向に少なくとも1マスはブロックが伸びることが分かります。このとき細い線を引いてブロックがどこまで伸びているかをメモしておくと後々解きやすくなります。
 また、右下にある右向きと下向きの矢印がナナメに隣り合っている場所ではすでに、そのブロックの端2つと角1つが確定しているため、ここでは3マスのL字ブロックが決定します。この形はさしがねの最も基本的な手筋のひとつです。



 先ほどは矢印の基本的な手筋を紹介したので今度は〇です。
 〇に関するルールはルール2「白丸があるマスは、必ずL字型ブロックの角(折れ曲がるところ)になります。」とルール3「白丸の数字は、そのマスを含むブロックのマス数を表します。数字のない白丸は何マスになるかはわかりません。」の2つです。要するに「〇は角」「数字はマス数」ということです。簡単ですね。
 〇が角であるということは、〇のマスからは2方向(間は直角)にブロックが伸びていくということです。したがって右上のように盤面の角に〇がある場合は〇のマスに接した2マス(黄緑色のマス)が同じブロックになることが分かります。すると右から2列目上から2列目の〇からは右にも上にもブロックを伸ばすことができなくなるので、先ほどの盤面の角に〇がある状況と同様になります。〇がナナメに隣接していると、このように連鎖的にL字ブロックの一部が確定することが多々あります。
 また、中央上のイ里茲Δ法盤面の端に接した〇は壁になっているのとは反対側に1マス確定します。これは盤面の端の場合に限らず、他のL字ブロックとの境界線によっても成立します。
 ナナメに連なった〇が連鎖する形をまとめると下のようになります。




 それでは解説に戻ります。△涼奮で右下に、端が1つ決まっただけの状態のブロックがありました。それが角を求めてまっすぐ上に伸び、右から2列目上から4列目の→から伸びたブロックと合流し、黄緑色のブロックができます。すると今度は1番右の上から3列目のマスがブロックの端になり、上にあるい塙舂します。このL字ブロックはい凌字より4マスなので水色の状態になります。するとさらに1番上の右から3列目のマスがブロックの端となり、その隣のイ塙舂し、マス数から赤色の状態になります。
 〇の中の数字によってブロックが確定することもよくあります。また、今回は数字によって一発でブロックが確定しましたが、難しい問題では「少なくともここまではこの数字付き〇が入るブロックの範囲だから...」と考えることもあります。



 まで解ければあとはちょちょいと線を引いて完成!
 画像で黄色く示したように矢印も〇もないL字ブロックが発生することがあります。著者はこの記号なしブロックが大好きで、これを使った問題をよく作りますが、それについての詳しい話は手筋集等に書くので気になる方は読んでみてください。

 ということで駆け足でしたがさしがねの遊び方はわかっていただけたでしょうか。シンプルなルールでありながら記号を巧く使うといろんな魅せ方ができるのがこのパズルの面白いところだと筆者は考えています。ここまで読んでいただきありがとうございました。

解いてみよう

最後に、練習問題のページとは別で易しい問題を1問置いておきます。

ぱずぷれで遊ぶにはこちら

メンバーのみ編集できます