こちらはPC用ゲームPillars of Eternityの日本語版Wikiです。著作権等は英語表記ですが以下の通りです。Project Eternity content and materials are trademarks and copyrights of Obsidian Entertainment and its licensors. All rights reserved.


A Call to Court / 裁定への呼び出し

受注

  • メインクエスト「古の調停者」完了後、ディファイアンス・ベイからカエド・ヌアに戻ると始まる。

進行

  • メインキープで宮殿からの使者と会話する。
  • ディファイアンス・ベイのファースト・ファイアのデュカーレ宮殿で、正面の階段を上った先の記録庫に行く。宰相ウォーリンと会話。ギャスビン卿が到着する。エンウッドの伯爵の裁定を拒否した後、ギャスビン卿は怒って出て行く。
  • 宰相ウォーリンは、カエド・ヌアの所有権は公式に主人公のものになったことを告げるが、同時にギャスビン卿に注意するように警告される。

進行

  • ギャスビン卿が去った後で、メッセージを送る。
    • 1000cpを払う[慈悲]。
    • 招待する[機知/社交的]。
    • 領地に入らないように脅す[非道]。
  • また1500xpとソウルバインド杖「ギアード・ハワネス・スティネス」を受け取る。

備考

  • このタスクは、White March Part II と同時にリリースされたパッチ3.0でゲームに追加された。
  • 主人公がユニーク剣「エンウッドの囁き」を装備していて、宰相ウォーリンに領主について尋ねたら、剣の歴史について話してくれる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます

メンバー募集!