デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品ガンダム Gのレコンギスタ
形式番号YG-111+BPAM-02(記載なし)
頭頂高18.0m(記載なし)
本体重量34.4t(記載なし)
武装ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、頭部バルカン、シールド
専用機パイロットベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ラライヤ・マンディ(BG5弾〜)
ラライヤ・アクパール(BG6弾〜)
本館

BG2弾C・BG2-034

証言タイトル「『宇宙』のパック」
内容「地球じゃ大気圏パックがどうしたってメインにはなるけど、宇宙の場合は交換した方がいいな、G−セルフのバックパック。
ほら、アイーダ様とベルリ・ゼナムが初めてやり合った時に付けてたあれだ。
わざわざ交換するってことは、それだけ効果も高いってことだよ……
見た目だけじゃなくてさ!」
インタビュー人物G−セルフのメカマン
備考本ゲームでも地形適性が大きく変わるので、使い分けが肝要。
尤も戦場を選ばず、地形適性の優れたこのパックを使えば問題ないとか言うのは野暮である。

BG2弾CP・BG2-067

証言タイトル「聖鳳学園前にて『火曜日』」
内容1話でアイーダちゃんが初登場した時に付けていた、宇宙用のバックパックだ
「これってG−セルフを知らないアメリア軍が開発したんでしょ?なんで装着できてるのかな」
国際基準というやつだよ。TVとHDDレコーダーは、違う会社でも問題なく動くだろう?
「うち統一してるんですよ、家電メーカー」
ぬ、ぬかったあっ!!
インタビュー人物ラルさんと近所の中学生
備考フォトンライズキャンペーンより。
証言者の中学生の家の家電は統一してあるということは、家族が家電メーカーの社員だったりするのだろうか・・・。

鉄華繚乱2弾R・TKR2-027

証言タイトル選択に『後悔なし』
内容「宇宙用パックは、もともとG系モビルスーツの汎用ブースターにするつもりで作ってたのさ。
結局G-セルフに付けて使ってみたら、思いのほかいい働きをするってんで、専用ユニットみたくなっちゃったけどよ……
ま、オレたちが無事に生き残れてるんだから、この選択に間違いは無かったってコトだ、ワハハ!!」
インタビュー人物海賊部隊の隊員
備考

OA3弾C・OA3-042

証言タイトルBEFORE『と』AFTER
内容「両手と両足に新造パーツを装着した白と赤系のカスタムG-セルフが印象的でよく覚えているわ。
ティターンズカラーっぽいシャイニングガンダムのカスタム機と一緒にいたわね」
「ん?有志連合戦で俺が見たのはマスダイバーが使うG−セルフだったけど……
お前の言う様な武装だったが、白いシャイニングガンダムのカスタムと本気でバトルしていたぜ?」
「色も間逆じゃないの……
絶対に見間違いよ、その2機はとても仲がよさそうだったんだから」
インタビュー人物カップルのダイバーたち
備考外伝作品「ガンダムビルドダイバーズブレイク」のダブル主人公アークゼンの搭乗機ガンダムシャイニングブレイクG−エルスについて。
当初は黒いシャイニングブレイクと白いG−エルスでコンビを組んでいたが、価値観の違いから互いに袂を分かって敵対して(この時に互いの機体カラーが変わる)いたが、最終的に元鞘に収まっている。
ちなみにこの2人も証言者(上記リンクが証言者と登場しているカード)として本ゲームにスポット参戦しているため、本格参戦が待たれる。

DW1弾ヴァリアブルC・DW1-039

証言タイトル勝利の『方程式』
内容「G-セルフはとにかくバックパックの換装がキモさ、使いどころ次第で戦いを一気に有利に運べる、例えば宇宙用パックで出撃して、相手に攻撃グセをつけた後に一旦身を退き、すぐにリフレクターパックに変えて再び戦場に出れば向こうのビームを全部跳ね返して大勝利!!って・・・・・まぁそんな簡単にいくとは思っちゃいないが、それだけ器用な機体ってこったよ」
インタビュー人物メガファウナの乗組員
備考カードの換装はリフレクターパック

編集にはIDが必要です