デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カード枚数が多いため簡易目次を設置しました。
無印弾 Z弾 B弾 BG弾 鉄血弾 鉄華繚乱弾 OA弾 EB弾

パイロット解説

出典作品機動戦士Zガンダム
年齢17歳(新訳劇場版では15歳)
所属エゥーゴ
解説ティターンズへの個人的な反発からガンダムMk−を奪い、エゥーゴのメンバーとなる。
別バージョンパイロットカミーユ・ビダン&フォウ・ムラサメ&ロザミア・バダム?
カミーユ・ビダン&ヒイロ・ユイ
専用機ガンダムMk−II(エゥーゴ仕様)
Zガンダム
Zガンダム(バイオセンサー)
リ・ガズィBG2-010R クロスif限定
本館

3弾M・03-055

証言タイトル-
内容「エゥーゴの一員としてアーガマに身を投じて以降、カミーユの成長は目覚ましいものがあります。
ニュータイプの素養があったことはもちろん、数多くの出会いと別れもいい方向に作用したんでしょう。」
インタビュー人物アーガマ女性クルー
備考証言内容からして新訳劇場版の彼に対してだと思われる(TV版では成長する事に対して苦悩していく姿が描かれているため)。

3弾C・03-056

証言タイトル-
内容「たまに思うんだよ。
あの時ジェリド中尉が彼の名前をバカにしていなければ、ティターンズは敗れることがなかったのではと。
まぁ悪い冗談ではあるが……
その後の活躍を見れば、あながち間違いでもないと思えないか?」
インタビュー人物元ティターンズ兵士
備考教訓:口は災いのもと。

4弾C・04-062

証言タイトル-
内容「ああ見えて空手の経験者ですよ、カミーユ・ビダンは。
ジェリド中尉に放った上段突きや、マトッシュへの上段蹴りの鋭さを見ればわかる。
……ええ、自分も多少はかじっていたものでね」
インタビュー人物ティターンズMP
備考実際にカミーユは高校の空手部に属している。

5弾CP・05-072

証言タイトル-
内容カミーユに出会った時、わたしは彼にアムロ・レイを感じた。
それは同時に、昔の自分をも感じてしまったのかもしれない。
そのカミーユにいったい何を期待していたのか……
わたしもつくづく、矮小な男なのかもしれないな
インタビュー人物クワトロ・バジーナ
備考トライエイジ「絆」キャンペーンより。
パートナーのクワトロ大尉から。
ブライト中佐(当時)に続き、カミーユを「アムロの再来」と評している。

Z2弾M・Z2-055

証言タイトル「少年が『望む』大人」
内容「自分もガキの頃は、大人は理想の存在だった。
しかし時間(とき)を重ねていく事で、逆に人は憶病になっていくもんさ。
そういう意味ではカミーユ自身が一番まっすぐで強かったのかもしれないな、アーガマに乗っていた人間の中じゃ……はるかにね」
インタビュー人物エゥーゴの構成員
備考

Z4弾C・Z4-050

証言タイトル「戦いは『人』を失わせる」
内容「戦いの中に身を投じるきっかけなんて、意外と些細なものなんだ。
だけど、人と人が命の奪い合いをするってことが、どれだけ過酷かなんて……
実際に体験してみないとわからないものなのさ。
カミーユだってそうだ、あいつのお陰でエゥーゴは勝てたようなものだが、その代償は大きかった」
インタビュー人物アーガマの乗組員
備考メールシュトローム作戦(本編)終了後から。

B1弾M・B1-047

証言タイトル「『新たな』タイプ」
内容Zガンダムにはさまざまなエースパイロットが搭乗してきたが……
やはりカミーユ・ビダンが一番似合っていたと思うぜ?
新時代のガンダムに相応しく、優しさも激しさも……
色んな意味を含んだニュータイプだったからな、あいつはさ!」
インタビュー人物ネェル・アーガマの乗組員
備考

B3弾R・B3-045

証言タイトル「若さ=『攻撃的』?」
内容「んー、そうだな。
おかしいと思えば、たとえクワトロ大尉にでもハッキリと言えるヤツだった。
挙句の果てには、殴り飛ばしちゃうんだから……
大尉は『これが若さか』って納得していたけど、元々ああいうトガった性格なんじゃないのか?カミーユ・ビダンってさ」
インタビュー人物アーガマの乗組員
備考ちなみにブン殴ったのはアムドムラの中である。

B8弾C・B8-047

証言タイトル「『好敵手』という考え方」
内容「ティターンズのジェリド・メサはカミーユのことを、半ばライバルだとこだわり続けていたようだけど……
正直なところ、当のカミーユ本人はそんな感情など欠片も持ち合わせていなかったんじゃないかな。
あいつはそういう次元で戦いに参加できるほど、心に余裕がなかったと思うんだ」
インタビュー人物アーガマの乗組員
備考

BG1弾C・BG1-047

証言タイトル「迷う『大人』を放っておけずに」
内容「カミーユがあんなことになっていなかったのなら、あのままハマーンのネオ・ジオンと戦って、それから……」
「ん、どうしたの?」
「……ロンド・ベルじゃなくて、もしかしたらシャアの新生ネオ・ジオンに行ってたのかもしれないなって思ったんだ。
だってクワトロ大尉だろ、あの人」
インタビュー人物元アーガマの乗組員たち
備考連作証言の前半パートで、同弾Cジュドーに続く。
BG2弾クロスifのカミーユはシャアを止めるためにロンド・ベルに参加している。

BG4弾C・BG4-044

証言タイトル「『父親』の記憶」
内容アムロ・レイの父親がガンダムの開発に携わっていたように、カミーユの父親Mk−IIの開発に関わっていたんだって?」
「おい、やめとけ」
「なんでだよ?」
「今のカミーユにその話はタブーだ。
お前がアーガマに乗る前、その父親は一度エゥーゴと絡んでいるんだよ。
詳しく聞きたきゃ、クワトロ大尉にでも聞いてみるといいさ」
インタビュー人物アーガマの乗組員たち
備考カミーユの父親であるフランクリン・ビダンについて。
本ゲームにおけるIF設定では、ティターンズの復活を願う悪の科学者たちによって、サイボーグガンダム博士Mk−IIとして復活し、新たな黒いガンダムを開発する。
その後、フランクリン本人はOA4弾でパイロットとして参戦した。

鉄血の1弾R・TK1-047

証言タイトルU.C.0087年の『パイロット』
内容の名を知らしめたのは、パイロットを担当したカミーユ・ビダンの功績に因(よ)るところも大きいわ。
民間人がパイロットになるなんて、みんな彼にアムロ・レイを重ねていたみたいだけど……
彼は嫌だったでしょうね。
自分が成した功績に、余計な理由を付けられちゃたまらないわ。
RX−78があったからZが生まれたんじゃない、礎こそあれ、ZはZで生まれたものよ」
インタビュー人物Z計画の女性スタッフ
備考各時代のパイロットより。

鉄血の2弾P・TK2-046

証言タイトル激情の『底』には
内容「ホモ・アビスはご存じ?
人が背負って飛行出来る小型のブースターで、カミーユはその競技大会で優勝したことがあるんですって。
他にも空手とか、ジュニア・モビルスーツとか……
そんな男っぽいことばかりやってきたのは、彼の女性のような名前がコンプレックスになっていたからだそうだけど……
やっぱり根は繊細なのね、あの子って」
インタビュー人物エゥーゴの女性兵士
備考

鉄血の4弾C・TK4-047

証言タイトル戦い『終われば』
内容「カミ―ユが戦う理由?
あいつが望んでか、大人の都合で巻き込んだのか、そんなことを感じるヒマなんて戦争は与えちゃくれないよ。
確かなことは、今あの子がを降りたらアーガマは終わる、そういう責任はしっかり理解してるはずさ。
じきに戦いも終わる、そうなったら好きな女を目一杯抱きしめるとか、なんだってやってくれたらいい!」
インタビュー人物アーガマの乗組員
備考

鉄血の6弾C・TK6-049

証言タイトルその名前は『逆』に
内容「エゥーゴに参加したカミーユ・ビダンの存在が、グリプス戦役終結の一端であることは否定のしようも無いだろう。
戦役の重要な戦いで常に、彼は驚くような働きを示した」
「そこまで有名になっちゃったんだったら……
カミーユって名前の女性が、これから男だって間違われるんじゃない?」
「おいおい、皮肉かよ」
インタビュー人物元ティターンズの兵士たち
備考3弾Cの続き。

鉄華繚乱2弾C・TKR2-044

証言タイトルニュータイプと『言えど』
内容「ニュータイプって言うだけで、モビルスーツの動かし方をいきなりすべて理解できてるわけじゃない。
カミ―ユがMk-をあそこまで操縦できるのも、ほかのパイロットと同様……
いや、それ以上の努力をしたからなんだぞ?
なんでもやれるって思いこみがちだが、あんたらが見てない所じゃそういう苦労があるんだ」
インタビュー人物エゥ―ゴのパイロット
備考

鉄華繚乱4弾M・TKR4-042

証言タイトル『驚く』べきは
内容「エゥ―ゴのエースが子供?
そうか、やはりグリーン・ノアで起こった強奪事件の噂は本当だったのか……
ん?君は私に、もっと驚いた反応を期待していたのか……
はは、そもそも前の一年戦争だって、ガンダムに乗って活躍していたのは子供だろうに。
だが、彼の戦績には、その年齢など関係なく、同じパイロットとして驚嘆せざるを得ないね」
インタビュー人物ティターンズのパイロット
備考

OA6弾P・OA6-056

証言タイトルカミーユの『鋭さ』
内容「かつてガンダムに乗ったパイロット達の中でも、カミーユほど戦いで鋭さを見せる人間はいなかった。
まるでナイフのように……とは平俗な表現だが、彼はその鋭さで自分自身も傷ついていたのではないかな?
それが戦士として成長した後、他者への厳しさに繋がっていたようにも思う。
誰よりも純粋で誰よりも優しかった少年がね」
インタビュー人物元エゥーゴの構成員
備考

EB1弾P・EB1-047

証言タイトルカミーユの『鋭さ』
内容「子供の頃の鋭さを突出させたような奴だよ、カミーユって」
「ニュータイプだから、あらゆることに対して敏感になっているのかもしれない」
「まあ、あいつの言うことは生意気だけど……
時に本質を深く突いてくるんだ、こちらが驚くくらいにね」
「だから大人たちは、ただの子供のはずのあいつを放っておけないのさ」
インタビュー人物アーガマの乗組員たち
備考

編集にはIDが必要です