デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
形式番号ASW-G-66
頭頂高19.5m
本体重量34.5t
武装ドリルランス、刀、特殊KEP弾、ドリルニー
専用機パイロットガエリオ・ボードウィン(2期)
ガエリオ・ボードウィン

鉄華繚乱4弾P・TKR4-035

証言タイトル『魂』を宿すガンダム
内容自分は1人ではない……か。
ええ、自身の命を預けるモビルスーツに対して、そのように親密な例え方をする兵も少なくはありません。
人と同じ姿をしているのですから、なおさらですよ。
ですがあの人の場合、その域すら越えた想いが込められているようにも思えて……
ははは、まさか、ね」
インタビュー人物スキップジャック級の整備兵
備考

鉄華繚乱4弾CP・TKR4-089

証言タイトル衝撃の黒歴史に映る、『キマリスヴィダール』
内容黒歴史の映像とは本当に残酷なものですね。
画面の向こうへ救いの手をさしのべることなど出来るわけもなく、変えようのないその結末を受け入れるしかないのですから。
記録といってしまえばそれまでですが、いつかの遠い昔、これらの機械人形にのる人々は……
この宇宙のどこかで、互いの想いを傷つけ合いながら絡めていたことは確か。
私たちは学びましょう、2人の悲劇を糧とするのです
インタビュー人物キエル・ハイム
備考宿命の好敵手キャンペーンより。

鉄華繚乱5弾M・TKR5-047

証言タイトル『E』を語る
内容「阿頼耶識typeE?
……まったく、あなたは私に聞き慣れない言葉を届けるためだけに、毎回ここへ足を運んでおられる本当に物好きなお方だ。
ただ、その努力に免じてこの言葉を贈りましょう。
忌むべき技術だと罵られても、結果的に人の時代を良い方向に進ませる力の一助になっていれば……必要悪?
いえ、それを悪などという言葉で表すのは、平和の礎となったに大変失礼です」
インタビュー人物ギャラルホルン本部医療施設の医師
備考白々しさすら感じさせる証言である。
言い換えれば自分たちに都合の良い世界を作り上げるために死者すら利用し、弱者を300年に渡って苦しめ続け、そこから這い上がった者たち(鉄華団やマッキーたち)を汚い手段で踏み付けて死に追いやった者たちなので、尚更である。

VS5弾C・VS5-045

証言タイトル二つ目の『ドリル』
内容「ドリルランスの突進をなんとか回避し、ガンダム・キマリスヴィダールに肉薄で来た相手は……
その大きな幸運に感謝する前に、自身の機体を貫かれていることだろう。
ランスをかいくぐっても、あれの膝には回転式のパイルバンカー、ドリルニーが組み込まれているからな。
ガンダム・フレームなど、関わらない方が賢明だ」
インタビュー人物フリーの傭兵
備考

OA2弾C・OA2-036

証言タイトルバトル『スタイル』は
内容「私のバトルスタイル?
決まってるじゃない、このキマリスヴィダールの突進力をプラスしたドリルランスで、どんな相手でも大きな風穴をブチ開けるっ!
ふふ……こういうドリル系の武器ってガンダムじゃ結構レアだから、ガンプラバトルでも独特な感覚を味わえるのよ、たまんないでしょ?」
インタビュー人物パンサー姿のダイバー
備考映像作品では版権の都合上、登場出来ないもののひとつ。
本機以外でドリルを装備したMSとなると真っ先にジオン軍の特殊機アッグが挙げられる。

DW6弾ヴァリアブルM・DW6-043

証言タイトル『宿命』の決闘
内容「同一の条件のもとに行われる命を賭した2人の戦い、それが決闘だ。
キマリスヴィダールとバエル……
ガエリオ・ボードウィンマクギリス・ファリドによるそれは、いや……
その結末を今さら語るつもりもないが……
それが大きく時代を動かした宿命であったことは確かだ」
インタビュー人物アリアンロッド艦隊所属の士官
備考ガンダム・キマリスヴィダール(最終決戦)へヴァリアブル。

編集にはIDが必要です