デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムUC MSV
形式番号RX-0
頭頂高21.7m
本体重量23.8t
武装ビーム・マグナム、ビーム・サーベル、ビーム・トンファー、アームド・アーマーDE、他
専用機パイロット-
本館

B7弾SEC・B7-074

証言タイトル「金色の『不死鳥』」
内容『UC計画』の要となるRX−0の開発は連邦ではなく、ビスト財団の主動下にあったのさ。
それが気に食わない一部の連邦軍将校たちは、財団のラインとは別の独自ルートで自分だけのRX−0を造った……
それがユニコーンガンダム3号機、通称フェネクスってワケ。
地球に降りる前の
バンシィと一度やり合ったって話だが、今はどこに居るんだろうねぇ?
インタビュー人物カイ・シデン
備考その後の行方は、漫画、小説で微妙に異なるが彷徨いながら戦い続けているようだ。

鉄血の6弾RE:SEC・TK6-073

証言タイトル不死鳥を『追えば』
内容よ、息災だったかい?
例のフェネクスだが、一度気になるととことん調べちまう性分でね、奴(やっこ)さんは今、宇宙のどこかにいることだけは確実だ。
だが、居場所がどうしても絞り込めない。
サイド7宙域で式典を襲ったって話もあれば、遠く離れた暗礁宙域で連邦の精鋭部隊とやり合った……
つまり、単独にしては行動範囲が広すぎるのさ。

補給も、パイロットの休息も必要ないのなら話は別だがね……
こういうの、ますます惹きつけられるだろ?
インタビュー人物カイ・シデン
備考前回の続き。

VS1弾M・VS1-037

証言タイトル再会は『いずれ』
内容「確かに私の知るRX-0はでもでもなく……
君が問うその金色のものだ。
青い光を放ち、その精白さとは真逆の戦い方をする恐ろしい存在だった。
同じ宇宙に存在する以上、また相対する可能性もあるだろう。超常の類いは良く理解できないが……
得てしていても私の運命というのは、無理にでも強い力を引き合わせようとするようだからな」
インタビュー人物ブランダムール隊の女性隊員
備考

編集にはIDが必要です