すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ウルトラマンサーガ(2012)

『ウルトラマンサーガ(2012)』 タイトルバック
写真「□□□:△△」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


ウルトラマンサーガ(2012)


【INDEX】
キャラクター
データ、記録
スタッフ、出演者
タイトル、企画
ストーリー、展開
エピローグ、最期
エピソード、反響
S・E、音楽
ウンチク、豆知識
アイテム、商品
メモリー、想い出

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国(2010)←前作・次作→ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル(2013)

◆【キャラクター】  







登場する兵器(超兵器)

登場する兵器(通常兵器)

【設定】

フューチャースペース
物語の舞台。バット星人の実験場に選ばれ、多くの人間が消え、怪獣兵器が跋扈する世界に変わってしまった。

ネオフロンティアスペース
タイガとアスカの出身世界。太陽系は2017年からスフィアの攻撃を受けている。かつて光の巨人、ウルトラマンティガとダイナが活躍していた。

コスモスペース
ムサシの出身世界。地球には2009年にカオスヘッダーが襲来し、カオス大戦の舞台となった。ウルトラマンコスモスとジャスティスが活躍している。

レジェンド5
マン=ハヤタ、セブン=モロボシダン、ジャック=郷秀樹、エース=北斗星司の「ダンディ4」にレオ=おおとりゲンを加えた五人。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【データ、記録】 


2012(平成24)年3月24日 公開
英語タイトル:ULTRAMAN SAGA
配給:松竹
観客動員数:

  • 入場特典:ウルトラコミックブック(内山まもる「戦え!ウルトラ戦士 出撃!宇宙警備隊(初出「てれびくん」2010年4月号掲載作品)

関連作品

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【スタッフ、出演者】


  • エグゼクティブ・プロデューサー:山本英俊
  • 監修:大岡新一
  • 製作:柴崎誠、繁松徹也、垰義孝、大下聡、東海林隆、吉川昌之、寺田篤、松川直、立原滉二、秋本一孝



  • 企画:岡崎聖渋谷浩康
  • 制作プロデューサー:小山信行
  • ラインプロデューサー:中井光夫

  • 撮影監督:盒響
  • 照明:関口賢
  • 録音:浦田和治
  • 美術:木場太郎
  • 装飾:山下順弘
  • スクリプター:山内薫
  • 編集:松木朗
  • 操演:上田健一
  • 特機:岩田貞幸
  • ヘアー・メイク:岡野千江子
  • D.I.T:佐々木彰司
  • ビデオエンジニア:高田秀雄
  • 監督補:近藤孔明
  • 助監督:伊藤良一
  • アクション監督:カラサワイサオ
  • ワイヤーコーディネーター:宮木ヨシオ
  • 音響効果:古谷友二
  • キャスティング:空閑由美子
  • 企画協力:小林雄次

  • 音楽監督:田靡秀樹
  • 音楽:原文雄
  • サウンドエンジニア:内沼映二(ミキサーズ ラボ)
  • 「ウルトラマンサーガ」オリジナル・サウンドトラック:avex trax

  • 音楽協力
    • エイベックス・エンタテインメント
    • 秋元康事務所
    • AKS
    • office 48
    • 太田プロダクション
    • ホリプロ
    • プロジェクトスリー
    • EMI JAPAN
    • ポニーキャニオン
    • ミキサーズ・ラボ
    • LAB recorders
    • 芧ヶ崎 春スタジオ
    • 井上裕次(girl next door)
    • 竹田詩織ストリングス
    • 園山光博

  • 監督助手:越知靖、湯本信一、玉利祐助
  • 撮影助手:砂原洋一、大城真輔、池谷直樹、大内歩
  • IMAGICA撮影部:青木伸二、加藤信之
  • 照明助手:植田力哉、谷本幸治、石川裕士、村田博志、藤本早苗
  • 操演助手:川口謙司
  • 美術助手:那須野洋平、丹羽麻里奈
  • 小道具:大庭勇人
  • 持道具:守田槙子
  • 装飾助手:VABU、五十嵐大輔
  • 大道具:小塚信人
  • 衣装:藤山晃子、松山さと子
  • ヘアー・メイク助手:岩部杏子、田坂純子、中西恵里
  • 録音助手:池田雅樹、横山つかさ、森永昇吾
  • デジタル光学録音:中山義廣、宇田川章、大場広樹
  • 撮影応援:前田一穂
  • フォーリー:赤平直樹、西村洋一
  • 編集助手:森津永、増田嵩之
  • 撮影応援:宇野木勝彦
  • 照明応援:金谷真人、大西盛士、小山宏之、田中公臣、細谷育男、中井新、手塚毅、佐藤才輔
  • 特機応援:木本秀一、田中宏樹
  • 美術応援:堀礼法、井上敦、福島彰夫、内藤栞
  • 装飾応援:村田清雪(書家)、相沢克人(画家)、松本アキム(和紙の灯り)
  • メイク応援:玉木睦美、柳沼陽子、北島沙季
  • 医療指導:高橋美代子
  • ネイルアーティスト:奥山知比呂、細井理砂
  • ヘリコプターパイロット:五十嵐寛
  • カメラオペレーター:野口克也
  • ヘリコーディネート:横瀬博
  • インターン:尾又大地
  • 協力:寿野俊之、渡辺謙一
  • 車輌:岩本秀輝、綱島義明、広川靖、小原正、外岡昇、関戸淳
  • 演技事務:島田和正
  • アシスタントプロデューサー:小林奈穂子
  • 制作主任:大谷久征、児島冬樹
  • 制作進行:疋田理紗、戸村祥章

〈特撮〉

  • 監督助手:冨田卓、原野柊人
  • 撮影助手:西岡正樹、原伸也、大坪隆史、石塚崇寛
  • ビデオエンジニア:有森鉄也
  • 照明助手:泉谷しげる、施鐘萬、斉藤順、橋口祐介
  • 操演助手:大久保健、秀平良忠
  • 美術助手:花谷充泰、吉田友衣子、原島周平、北村麻里子、山田直樹
  • 特機応援:鮫島義人、泰良真央
  • 照明応援:秋山恵二郎
  • 美術応援:梶政幸、泰知奈美
  • 制作主任:中田啓介
  • 制作進行:石田有佳梨

  • 特殊造型:澗淵隆文品田冬樹
  • 造型:小林靖博、山長和徳、杉山桂太、亀田義郎、山本洋、香西伸介、田中史郎
  • 造型助手:千葉美生、松平陽子、山長初江、近藤圭輔、柏村康暁、三代川史枝、佃博之、関麻由
  • 造型電飾:伊藤伸朗、遠藤斗貴彦
  • 造型メンテナンス:山部拓也、福井康之、市川拓、八巻亜由子、宮川秀男
  • グビラ造型:前澤範、松原俊彦、吉川学、前澤将、河津一守、小柴航、土井亨平
  • ハイパーゼットン造型:開米敏雄、橋本琢、田原俊
  • バット星人造型:横内浩樹、小川雅代
  • 3D光造型:小川雄毅、溝端大介
  • 遊星ジュラン造型:寒河江弘
  • キャラクター・小道具管理:林宏之
  • コスチューム制作:浜松あゆみ、松浦綾子
  • スタジオエンジニア:大野誠
  • 仕上げ進行:鶴田幸伸
  • 制作進行:澤田智恵、日橋みずき
  • キャラクターデザイン:後藤正行
  • 隊員服・円盤デザイン、絵コンテ:酉澤安施
  • イメージボード:竹内純
  • 絵コンテ:松原朋広

  • VFXプロデューサー:鹿角剛司
  • VFXスーパーバイザー:前川英章
  • 3Dコーディネーター:里慎一郎
  • テクニカルスーパーバイザー:斉藤隆明

  • Studio BUCKHORN
    • CGディレクター水石徹
    • CGアーティスト:市川悟、北守正樹、宮下博光、中村升子、鈴木康之、近藤寿明、祖父江成則、猪股陽佑、笹倉秀信、若松みゆき、辻本貴則
    • 制作デスク:石坂佳乃子

  • NEC 日本エフェクトセンター
    • プロダクションスーパーバイザー:泉谷修
    • リード・エフェクト&コンポジットアーティスト:吉澤一久
    • エフェクト&コンポジットアーティスト:西山明宏、川端孝、小柴浩、原玉絵、岡有美、花井俊介、岩橋空也、小嶋國升、大矢倫代、小柳あかね、内田剛史、今井元、藤下忠男

  • 白組
    • CGIディレクター:岩本晶
    • デジタルアーティスト:杉山和隆
    • チーフコンポジター:小林晋悟
    • コンポジター:上西琢也、森田博之
    • プロデューサー:田中尚美
    • アシスタントプロデューサー:樋口真也

  • TERABYTE Inc.
    • CGIディレクター:大住啓司
    • デジタルアーティスト:高野健太郎、清水昭仁、Symon M.Bolivar
    • プロデューサー:板橋貴之
    • プロダクションアシスタント:入田尭光

  • 林デジタル工務店
    • プロデューサー、ディレクター:林秀則
    • CGディレクター:森裕二
    • CGデザイナー:吉岡隆史、唐澤祐人、岩崎真也、東孝裕、島田友晴、菅谷賢治、甲斐正文、坂本竜治、中島光、福山稚彩、立石和也、上村菊美、東智穂、テラオカマサヒロ、原島順、眞鍋岳史、竹原克彦、永岡聡、福士直也、近藤望、スカーレット、マツ・アンドレン、佐藤明登、Vitoon Jirodkul、町田政彌、田代恭規、稲見敬輔、江原敬彦、堀井慎也、野間裕介、大川威、藤江智洋、小林賢次、坂井義隆、里仲孝浩、松村育夫

  • (有)コア・ブレイン
    • VFXディレクター:豊直康
    • VFX:山本英文、林潔、高塚万理子、津田侑子
    • CGI:塚田均、中山敬太

  • 株式会社アンダーグラフ
    • VFXディレクター:小林敬裕
    • VFX:佐々木良太、新宮良平、北村武士

  • 株式会社マグナス アグリ MAGNUS AGRI
    • デジタル・アーティスト:大畑智也

  • KUROFUNE PRODUCTS
    • VFXディレクター:島章
    • CGI:早崎竜生、金野敬史、桂直也、林慶祐、三冨浩気、露木祐治、藤中修一、江川久志、ノブタコウイチ、三浦慎介、森敦志
    • VFX:有働武史、東城直枝、島田美奈子、光学太郎、内田剛史、荻原久代
    • プロダクションマネージャー:オオマチアヤコ

  • Malin Post・Production
    • VFXデザイナー:太田聖史、黒木鷹、諸星勲

  • C'SCRAFT 株式会社シーズクラフト
    • CGディレクター:立花大輔
    • デジタルアーティスト:近藤康洋、黒沢光之、加藤真史

  • ArtisTreeMediaCo.,Ltd
    • VFX:斉藤隆明、和田真弥

  • Qtec
    • フレームアーティスト:高橋良明
    • スタジオマネージャー:テルイ・カズヒロ

  • GRAPHINICA
    • VFXディレクター:堀内隆
    • VFXデザイナー:メルセデス・バウリーノ、原田祥子
    • モニターグラフィックス:蔡慶塤
    • スタジオアシスタント:青柳レナード
 
  • テクニカルアドバイザー:石田記理
  • カラリスト:高田淳、児島正博
  • タイミング:小椋俊一
  • オンラインエディター:山崎義成
  • 3Dテクニカルコーディネート:灰原光晴
  • 2D/3Dコンバートマネジメント:川村大輔
  • 2D/3Dコンバートディレクション:石田延哉
  • 2D/3Dコンバートスタッフ:丹野豊一、佐々木賢一、村田千登志、齋裕幸、戸部直人、増田徳樹、佐々木弥生
  • フィルムレコーディング:渥美大輔
  • データアセット:山田堅二郎、齋藤真裕
  • カラーマネージメント:村田慎也
  • デジタルシネママスタリング:橋本秀三、佐藤知美
  • ラボコーディネーター:毛利誠、横山雄志
  • ラボマネージャー:長澤和典、冨里幸太郎

  • メインタイトル制作:小柴浩
  • エンドロール:熊谷幸雄

  • プロモーショナルアドバイザー:廣瀬和宏
  • コミュニケーションアドバイザー:内山光司
  • アートディレクター:青木克憲

  • 宣伝プロデューサー:栗原俊志
  • 宣伝:因藤靖久、山中正博、飯田桂介、竹中悠、手島星水、玉置真司、勝又康喜
  • パブリシティー協力:マンハッタンピープル
  • 劇場宣伝:田島卓、小倉望
  • 配給:松倉浩二、熊谷浩二、岡村紘野
  • 宣伝タイアップ:細内重夫、星野将隆、藤代哲、早川均
  • 宣伝協力:古池啓一、橋爪滋裕、猪狩友宏、菅野悦子、徳田良平
  • MDライセンス:小西洋平、田口美里
  • 宣伝アートワーク:石井明、佐久間武彦(オッセ)
  • 公式ホームページ:甘利貴信、岡本武志、岡田亨大(クラップス)
  • アートディレクター:秋山具義
  • デザイナー:中野健太(デイリーフレッシュ)
  • プロデューサー:石王勝哉
  • プロダクションマネージャー:山田哲郎、志村卓紀(ダンスノットアクト)
  • エディター:飯谷智和(家元)
  • コンポジター:野間実
  • ジュニアコンポジター:中野裕介
  • 営業担当:露木裕子(イマジカ)
  • サウンドデザイン&レーコディングエンジニア:岩波昌志、森山貴之(ディオス)
  • サウンドミキサー:中嶋克
  • アシスタント:二宮沙矢花
  • 営業担当:山田裕治(アオイスタジオ)

  • スチール:橋本賢司、工藤勝彦、大野孝枝
  • メイキングプロデューサー:金光大輔
  • メイキングディレクター:飛山拓也
  • メイキング撮影:清洲昇吾
  • メイキング応援:池田遼
  • 広報協力:藤橋豊、秋廣泰生
  • システムエンジニア:足立和也

  • 協力:桜井浩子
  • 衣装協力:榊原博、土田隆男、鴨川功(バンダイ アパレル事業部)
  • 連載協力:講談社

  • ロケ地撮影協力
    • ユニー株式会社 アピタ吹上店
    • 社会教育研修センター憲修館
    • 千葉都市モノレール株式会社
    • さいたまスーパーアリーナ
    • バンダイナムコゲームス
    • 株式会社 躍華
    • インペリアル
    • Miyama cafe

  • 協力
    • 出光
    • MoonStar
    • 富士通 乾電池
    • NTT docomo
    • CAL
    • 光製作所
    • STAR・OF THE COLOR
    • MAKE UP FOR EVER PROFESSIONAL PARIS
    • 彩丹 Saitan
    • Hoshihime
    • JOKER
    • FULL LIFE
    • DIVINER
    • MinoriTY
    • ナガイレーベン株式会社
    • GLAD NEWS
    • Xfrm
    • CUBE SUGAR
    • エス・アイ・エー・シー
    • NO CROSSING
    • (株)サクシード
    • min plume
    • PONI
    • BELLE MAISON
    • BODY WILD Under wave
    • WEFO
    • Lemon
    • Berry' Berry
    • KP
    • 皮ノ館
    • 暮らす服
    • BODYMAKER
    • 4seasons
    • Gaiohs
    • LOGOS
    • NATURALMOMENT
    • 東芝ホームアプライアンス株式会社
    • 東洋計測器株式会社 計測器ランド
    • お世話や
    • ICOM
    • ファンテック
    • 開米プロダクション
    • SAN
    • ウエットスーツチコ
    • ベルタテワキ
    • レインボー造型企画
    • 有限会社インスパイア
    • 株式会社エスピーオー
    • ドォーモ

  • 製作協力
    • Panasonic ideas for life
    • IMAGICA
    • 日活撮影所
    • 日活スタジオセンター
    • 特殊効果 亀甲船
    • 日本照明
    • マーブリングファインアーツ
    • 東宝コスチューム
    • FREE CLIQUE
    • アートインプレッション
    • グレイショコラ
    • ユルタ
    • デジタル・フロンティア
    • ウルエ
    • (有)ダーツ
    • 宗特機
    • 株式会社 小輝日文
    • ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント
    • スワラプロ
    • (有)プログレッシブ
    • コスメイト
    • スリーエススタジオ
    • 東洋音響
    • ヘリテック・エアロサービス
    • 銀座サクラヤ
    • シナリオプリント

  • DOLBY DIGITAL 一部上映館を除く
    • ドルビーフィルム・コンサルタント:河東努、森幹生(コンチネンタルファーイースト(株))

  • 「ウルトラマンサーガ」製作委員会
    • 円谷プロダクション:黒澤桂、庄司和宏、南谷佳、森晃
    • フィールズ:小澤洋介、黒川裕介、林亮太郎、栗原啓悟
    • バンダイ:小野口征、飯塚航也、田原奈穂美
    • バンダイビジュアル:濱田健二、仲吉治人、前川伸二、近藤麻美子、小林美帆子
    • バンダイナムコゲームス:吉崎邦法、渥美真紀、落合詩可
    • バンプレスト:春山ゆきお、青木美佳
    • 電通:山西太平、斎藤朋之、猪瀬洋一、戸井出、町田修一、東山敦、仲野隆、各務新
    • 電通テック:武藤博昭、三浦啓一、橋本慶
    • 小学館:中村公紀、根來大策、間宮尚彦
    • 松竹:大角正、関根真吾、黒田康太、鈴木忍





出演者


  • アンナ:秋元才加

  • サワ:宮澤佐江
  • リーサ:佐藤すみれ
  • ミサト:梅田彩佳
  • ノンコ:増田有華
  • マオミ:小林香菜
  • ヒナ:島田晴香

  • タケル:高村竜馬
  • サーヤ:池田沙弥花
  • リツ:大橋律
  • ケン:安藤健悟
  • ヒロ:里村洋
  • ミコ:渡邉空美
  • レン:上野楓恋
  • カナタ:田中奏生
  • クー:森くれあ


  • 春野アヤノ:鈴木繭菓
  • タケルの母:中丸シオン
  • 春野ソラ:橋爪龍
  • 少年時代のタイガ:佐藤光将
  • 子供たちの親:齋藤崇
  • 子供たちの親:鶴岡幸乃
  • 子供たちの親:椿ゆきこ
  • 子供たちの親:上温湯剛
  • 子供たちの親:石川香織
  • 子供たちの親:神谷誠一
  • 子供たちの親:秋田智恵美
  • 子供たちの親:山科亨
  • 子供たちの親:梅原由華
  • 子供たちの親:星一典





  • アクションキャスタッフ
  • ZERO'S
  • アンカット ビビット
  • アクティブ・トゥワン
  • 円谷プロファンクラブのみなさま


(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【タイトル、企画】  



  • 脚本は平成ウルトラシリーズでお馴染みの長谷川圭一が担当。3月1日に行われたおか監督との初打ち合わせでは、『光』『闇』『奇跡』『絆』といった従来の作品で頻繁に使用されていた言葉をNGワードに設定し、それらを使わずに伝えられる物語を作るという方針と、プロット(そのまま映像化すると2時間45分ほどある大ボリューム)を基礎に核となる部分を決めて台本作りが開始された。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ストーリー、展開】  


無限に存在する並行宇宙のひとつ、フューチャースペースの地球は、滅亡の危機に瀕していた。
侵略者・バット星人の暗躍により、無数の生命体は地球上から消滅し、わずかな人々だけが残された。
その残された人間のうち、女性7人が非公式の防衛隊「チームU」を結成し、バット星人が送り込む怪獣と戦っていたが、心身ともに限界に近づいていた。そんなある日、凶暴怪獣アーストロンと遭遇したチームUの下に救いの主が現れた。それは宇宙を旅し続けていた伝説の英雄・ウルトラマンダイナ!!アーストロンを一蹴したダイナの姿はチームUのメンバーには正に救世主に見えた。…それからしばらくして、アナザースペースで戦っていたウルトラマンゼロは謎の声を聞く。その声に従い、フューチャーアースに赴いたゼロが見たものは、人類が忽然と消え失せた異様な光景だった。バット星人の無人戦闘機との戦いで巻き込まれた少年を救うために我が身を犠牲にしたスーパーGUTSのルーキー、タイガ・ノゾムの勇気に感動したゼロは彼と一体化するが、当のタイガはウルトラマンを否定して全くソリが合わない。そこに現れた深海怪獣グビラを押しとどめたのは、ゼロと同じく謎の声に導かれたウルトラマンコスモスだった。2人のウルトラマンは少年タケルを探していたチームUと合流し、この世界に起こった異常事態を知ることになる。そして自分たちよりも前にウルトラマンダイナがこの世界にやって来ていた事を知る。では、彼は一体何処へ行ってしまったのだろうか??そしてタイガはウルトラマンを受け入れて戦えるようになるのだろうか??

タイガとムサシが訪れてから少し経ったある日、遂にバット星人が密かに育成していた怪獣・ハイパーゼットンが覚醒してしまった。そしてそこにいたのは力を使い果たして石化したダイナだった。ハイパーゼットンの火炎弾がチームUのベースキャンプに降り注ぎ、コスモスが食い止めようとするがあまりの火炎弾の多さに防ぎきれない。タイガは、子供を助けている最中に過去の記憶がフラッシュバックし錯乱してしまう。結局、ベースキャンプは再建できないほど破壊されてしまった。タイガは動くべき時に動けなかった自分の弱さを恥じるが、そこでチームUの真実を知ることになる。彼女たちはほぼ全員が一般人であり、戦いの素人である偽りの防衛隊だったのだ。それでも、自分たちと同じくこの世界に取り残された子供達を守る為、彼女たちは逃げずに戦い続けていた。それを知ったタイガは自分のやるべき事を見いだし、ゼロと同調してウルトラマンになる決意を固めた。コスモスと共にゼットンとの戦闘を開始するゼロだが、圧倒的なパワーに決め手が打てない。その時、タケルはあるものを探していた。それは、かつてリーダー・アンナと共にダイナの最後を見ていた時に飛んできた光(リーフラッシャー)だった。苦心の末、それを見つけたタケル。アンナはあの時恐怖で逃げてしまったが、今度は逃げないという強い意志で傷つきながらも遂にダイナに光を届ける。そしてダイナは復活した!!2人から3人になったウルトラマン達は力を合わせて遂にゼットンを撃破!!しかし、バット星人は宇宙船ごと幼体ゼットンの亡骸に融合する。そこに現れたのは…。

破滅の邪神・ハイパーゼットンが遂に覚醒してしまった。ゼロ・ダイナ・コスモスはハイパーゼットンに立ち向かうが圧倒的な力の前に遂に敗北を喫してしまう。そして、アンナも心臓が止まってしまった。絶望に苛まれる者達。しかし、まだ終わりではない。限界を超えれば掴み取れる力がある!!もう一度立ち上がったアスカ・タイガ・ムサシ…、その時、奇跡は起きた!!3人のウルトラマンは融合し、神秘の戦士・ウルトラマンサーガに変身した!!そして、アンナも息を吹き返す。始まるサーガとハイパーゼットンの死闘。舞台を街に移してなお激闘は続く。両者の力は完全に拮抗していたが、チームUの援護が一瞬の勝機をもたらした!!すかさず、怒濤の連続攻撃を叩き込むサーガ。そして未来を掴み取る力が遂にハイパーゼットンを打ち砕き、バット星人の野望を粉砕した。消えた人々の命は還り、世界に平和が訪れた。チームUのメンバーはそれぞれの生活に戻り、ムサシも自分の世界へ還った。アスカはタイガの無事をスーパーGUTSのメンバーに伝え、また新たなる旅へ出た。そして、タイガはゼロと分離した後、このフューチャーアースで生きていくことを選択した。皆、それぞれ進むべき道へと向かってゆく。しかし、この平和は永遠に続くことだろう。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピローグ、最期】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピソード、反響】   


  • 2011年12月27日に初号試写が行われ、試写後にはキャスト・スタッフによる完成パーティも開かれた。製作陣もかなり自信をもてる出来のようだ。


  • 公式サイトの『メッセージ』のページには各キャラクターからメッセージが寄せられている。まず11月16日にゼロ、12月16日にコスモス、24日にアスカが宇宙からファンへ向けてメッセージを寄せている。

  • 本作の重要キャラクターであるサーガは東京ドームシティ・ラクーアガーデンステージで開催された『ウルトラの秋大作戦! 〜まるごと一日ウルトラマン〜(2011年11月19日)』で初お披露目となった。

  • 映画公開に先駆けて大阪府八尾市にある『円谷ジャングル』、熊本県荒尾市にある『ウルトラマンランド』、東京ドームで開かれる『お正月だよ!ウルトラマン 全員集合!!』でウルトラマンサーガが登場、年末から年始にかけて、サーガと触れ合うことができる。

  • 『お正月だよ!ウルトラマン 全員集合!!』では、チームUの劇中衣装や、Uローダーが特別展示される。

  • 東京消防庁とタイアップし、地震災害に備える啓発ポスターが製作、都内で10万枚が掲出されている。

  • 「AKB48オフィシャルショップ原宿」と「AKB48カフェ&ショップ秋葉原」でチームUのメンバーそれぞれがメインとなったアンナ編、サワ編、ミサト編、ノンコ編、リーサ編、マオミ編、ミナ編の全7編が放映されている。また、同店舗では映画前売券も発売している。

  • 2月1日(水)発売の漫画雑誌「月刊ヒーローズ」3月号でウルトラマンサーガが表紙を飾っている。短いながらカラーで特集ページも組まれている。

  • 東京駅一番街のキャラクターストリート内にある「ウルトラマンワールドM78 東京駅店」の店頭に撮影で使用されたウルトラマンサーガのスーツが展示されている。展示期間は2012年2月12日(日)まで。

  • 2月23日(木)〜2月27日(月)まで北海道夕張市で開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」で招待作品として本作が上映される。2月25日(土)12:00から。このほかにも前作「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」や「総天然色ウルトラQ」の上映イベントも予定されている。

  • 2月25日(土)「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」で上映され、人気投票でトップに選ばれた作品が選ばれる「ファンタランド賞」を受賞した。

  • 2月28日(火)〜3月12日(月)にかけ「ウルトラマンワールドM78 東京駅店」にてゼロとダイナのスーツが展示される。スーツは実際の撮影に使用されたもの。

  • 3月1日(木)放送開始の「AKB48のぐぐたす民(テレビ東京系)」の提供スポンサーは本作がつとめている。番組内では本作についての紹介もある。

  • 3月20日(火)放送の「火曜サプライズ(日本テレビ系)」にウルトラマントリオとしてDAIGO、つるの、杉浦がゲスト出演。

  • 3月21日放送の「ヒルナンデス」にゼロとダイナが出演。

  • 公開前日の3月24日(金)には、テレビ東京系の「おはスタ」と日本テレビ系の「森田一義アワー 笑っていいとも!」に主演のDAIGOと秋元才加が出演した。

  • 3月31日放送のフジテレビ系の「めちゃ×2イケてるッ!史上最強 夢の3時間スペシャル」に主演のDAIGOと共にウルトラマンゼロ達が出演した。

  • 4月2日放送の日本テレビ系の「ロンブー&チュートの芸能人ヒットソングで爆笑ショーバトル!」の合いの手対決でウルトラ戦士側からはウルトラマン、ウルトラセブン、ゼロ、ダイナ、コスモス、怪獣側からはバット星人バルタン星人ピグモンレッドキングダダが、オリラジ藤森・あやまんJAPANと共演した。敵ではないピグモンは戦闘シーンにはいない。また本編では見られなかったウルトラマンゼロとバット星人の直接対決が映像として見ることが出来た。因みに合いの手対決の相手ははんにゃ金田とSKE48である。

  • 第32回ハワイ国際映画祭で公式上映されることになった。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【S・E、音楽】


  • 主題歌「Lost the way」(avex trax)
    • 作詞:秋元康
    • 作曲:小内喜文
    • 編曲:D.L.M.
    •  歌:DiVA

  • 挿入歌「君だけを守りたい」produced by 高見沢俊彦
    • 作詞・作曲・編曲:高見沢俊彦
    •  歌:つるの剛士

  • 挿入歌「君だけを守りたい」
    • 作詞・作曲・編曲:高見沢俊彦
    • 編曲:原文雄
    •  歌:佐藤すみれ

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウンチク、豆知識】  


  • 当初の仮タイトルは「ゼロ・ダイナ・コスモス ウルトラマンサーガ 未来を抱きしめて」だった。


  • 本作の前に、「ウルトラマンゼロVSウルトラマンコスモス」というオリジナルビデオ作品の企画があり、おかひでき監督はそちらに参加する予定だった。


(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【アイテム、商品】   


映像

  • バンダイビジュアル ウルトラマンサーガ Blu-rayメモリアルBOX
  • バンダイビジュアル Blu-ray ウルトラマンサーガ
  • バンダイビジュアル ウルトラマンサーガ DVDメモリアルBOX
  • バンダイビジュアル DVD ウルトラマンサーガ

書籍

  • 小学館 ウルトラマンサーガ超全集
  • 小学館 SUPERてれびくん ウルトラマンサーガ
  • 小学館 てれびくんギンピカシール絵本 ゆけ!ウルトラマンサーガ
  • 講談社 講談社のテレビ絵本 ウルトラマンサーガ&ウルトラヒーロー だいしゅうごう!ぜんウルトラヒーロー
  • 講談社 講談社のテレビ絵本 ウルトラマンサーガ&ウルトラヒーロー ぜんウルトラマンだいしゅうごう!
  • 講談社 講談社のテレビ絵本 ウルトラマンサーガ&ウルトラヒーロー シールひゃっか

その他

  • avex trax DiVA LOST THE WAY
  • avex trax ウルトラマンサーガ ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK

写真
参考資料「■■■:▲▲▲▲▲」  

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ   

◆【メモリー、想い出】  








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2017年08月25日(金) 22:36:26 Modified by gokenban




スマートフォン版で見る