各機種で発売されるJustCause2のwiki



概要


日本語版は海外版との相違点がある。
このページではそれらの情報をまとめている。

このページを編集する方々へ


このページでは客観的な「相違点」やそれによる利益・弊害・考察などのゲームに直接関係する情報のみを掲載してください。
それ以外の情報は本スレなどでまとめてください。

海外版との相違点

追加要素

  • 日本版は日本語字幕と日本語音声が追加されて選択可能になっている。

レーティング

  • レーティングに微妙な違いがある。
    ・海外版:17歳以上推奨(ESRB MATURE 17+
    ・日本版:17歳以上推奨(CERO D
    言葉の上では同じだが、規制レベルとしては日本の方が厳しい。規制の詳細は下記相違点参照。
    なお、前作はCERO Zで規制なし。

相違点(オフィシャル情報)

スクウェア・エニックス サポートセンター(http://support.jp.square-enix.com/faqarticle.php?k...
  • 米国版で初回予約特典および有料配信が予定されている追加ダウンロードコンテンツ「ブラックマーケット カオスパック」がパッケージに収録されています。
  • 武器による民間人への攻撃、車両による民間人への衝突・攻撃ができなくなっています。
  • 勢力ミッション数が45ミッションとなり、「Ricos Day in Court」「Paparazzi Pursuit」「Nothing to Declare」「Smugglers Do Run」が非実装となっています。
  • 各勢力ゲリラ兵の配置はありません。
  • 一部の音声を修正しています。

具体的な相違点

DLC同梱

Black Market Chaos Packが製品に組み込まれている。
ただし、海外版でDLCとして入手した場合と違い、カオスを溜めてロック解除する必要がある。

一般人無敵

何をしても一般人は死なない。
ワイヤーや攻撃は当たらず、爆風にさらされても平気。車が爆破されても問題なし(消えるだけ)。車両で壁に極限まで押し付けるとスポーンとすっぽ抜けて飛んでいく。
誤射誤爆でヒートレベルが上がることは無くなったため、村への装甲車無双やヘリ無双が手軽になった。

勢力ミッション一部削除

Rico's Day in Court(リコの傍聴日記)
証人の口封じをパナウ市街で行うミッション。
証人が一般人のために削除されたと思われる。
Paparazzi Pursuit(パパラッチの追跡)
パナウ市街をバイクで逃げるパパラッチを倒してパパラッチに撮られた不利な写真を回収するミッション。
パパラッチが一般人のために削除されたと思われる。
Nothing to Declare(問答無用)
ヘリで逃げる裏切り者を抹消するミッション。
裏切り者のパイロットが一般人のために削除されたと思われる。
※このパイロットはラザクの専属パイロットのため、一般人かは微妙。ただし外見は一般人。
Smugglers Do Run(逃走)
ボートに乗った密輸業者を機銃とロケットの付いたボートで倒すミッション。
密輸業者が一般人のために削除されたと思われる。
※密輸業者が一般人かどうかというモラル的な判断は別問題なのかもしれない。

勢力ゲリラ削除

野良の勢力ゲリラはすべて削除となっている。
そのため、海外版では起きていた下記の事が起きなくなっている。
  • 各勢力の本拠地周辺にゲリラが多数配置され、警戒に当たっていたり射撃訓練をしていたりする。
  • 政府軍とゲリラの抗争。
    ゲリラは勢力エリア内を政府軍と同様に巡回しており、その頻度は勢力ミッションをこなした数に比例する。
    ゲリラと政府軍が遭遇すると銃撃戦になり、リコ以外も戦っているという雰囲気を作り出している。
  • 一部の都市や集落、制圧した拠点やミッション目的地などにゲリラが常駐するようになる。
    政府軍と遭遇して銃撃戦になることもある。
  • リコが銃座付きの車両に乗った際、付近にゲリラが居れば勝手に乗り込んで政府軍を自動射撃してくれる。

なお、ゲリラの出る各種ミッション中には出てくるが、終わると同時に消え去る。
拠点制圧ミッションではクリアと同時に消えてしまうため、多数の政府軍を相手にしている真っ最中の場合は注意する事。

遠景テクスチャがおかしい(スクウェア・エニックスが2010/6/18に認定)

通称「禿」「禿山」。
一定距離以上のテクスチャが貼られないため、遠景の地面がトゥーンレンダされたような茶色の起伏にしかなっていない。
PC版や海外版ではそれなりのテクスチャが貼られ、遠目でもどういう地形かが判別できる。
茶色の起伏から突然橋が生えていたり、近づくと雪山(のテクスチャ)に覆われるなど、おかしいことは一目でわかる。

この現象についてスクウェア・エニックスより2010/6/18に正式にバグとの発表あり。
パッチをリリースして改修するとのこと。

PS3版は7月8日リリースのパッチにより修正されました。
ネットに接続し、PSNにログインした状態でJustCause2を起動するとパッチが自動でインストールされます。

Xbox360版は7月13日リリースのタイトルアップデートにより修正されました。
ネットに接続し、XBLにサインインした状態でJustCause2を起動するとタイトルアップデートが自動でインストールされます。

なお、ネット接続環境の無い人への対応は発表されていない。
比較画像
海外版


日本版

検証動画


実績「プロドライバー」の対象車種は104ではなく106

104車種に乗ると解除されるはずの実績が解除されない
海外版ではDLC車を含めた104車種で解除されたが、日本版ではDLC車が2台組み込まれて106車種が標準になっている模様いた。
海外版でもバグで出ない観光バスの問題が日本語版でもあるらしく長らく「本当に106車種なのか」が未確認だったが、DLC車両が2車種追加され、106車種で解除の報告が出て確定した。その後、104へ修正された。

こちらも参照の事。
トロフィー/実績 - トロフィー/実績取得のアドバイス - 乗り物回収

未確認情報


真偽が確定したら速やかに適切な場所への移動や削除を行ってください。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

編集にはIDが必要です