hack のためのネタ帳, etc,,,

状況

とりあえず、「設定」→「ネットワーク」→「ネットワークプロキシ」を「◎ 自動」にしておくと WPAD(Web Proxy Auto Discovery) で wpad.dat を引いてきてくれそうな感じなんだけど、これどこに反映されるのかが不明。
少なくとも、Software & Update (update-manager) や Ubuntu-Software (snap-store) には効果が認められないし、Firefox も「◎ システムのプロキシー設定を利用する」でこれを拾ってくれている様子がない。更に、コマンドラインに関しても環境変数 {ftp,http,https}_proxy に反映されている様子がない。

ということで、apt、snap、web browser、コマンドラインのそれぞれに proxy を設定する必要があるようだ。
凄く面倒臭い。

設定方法

準備

とりあえず、PROXY の HOST と PORT を自分の環境に合わせて以下のように設定しておく
$ PROXY_HOST=proxy.example.com
$ PROXY_PORT=8080

これは面倒なので、wpad から引いてきたいところ。
拙作の私家版 apt-cyg から wpad 周りの実装 を流用してくるのが吉か?

apt

定番だが、以下の設定を行う
$ cat <<EOD | sudo tee /etc/apt/apt.conf.d/00proxy
Acquire::ftp::Proxy   "http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT";
Acquire::http::Proxy  "http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT";
Acquire::https::Proxy "http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT";
EOD

snap

snap 2.28 以降は snap set system key=value コマンドで設定すれば良いらしい。
sudo snap set system proxy.ftp="http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT"
sudo snap set system proxy.http="http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT"
sudo snap set system proxy.https="http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT"

参考:

Firefox

これも定番だが、
「設定」→「一般」→末尾の「ネットワーク設定」から「接続設定」→「インターネット接続に使用するプロキシーの設定」を「◎ このネットワークのプロキシー設定を自動検出する」

command line

こちらも定番だが以下の環境変数を設定しておけば良い。
export ftp_proxy="http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT"
export http_proxy="http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT"
export https_proxy="http://$PROXY_HOST:$PROXY_PORT"

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

フリーエリア

編集にはIDが必要です