このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
カテゴリー
最近更新したページ
最新コメント
2024春出場校寸評 by 名無し(ID:3AY2ewk99g)
2024春出場校寸評 by ななし
FrontPage by 名無し(ID:7uJ7WpJpDw)
FrontPage by 名無し(ID:7uJ7WpJpDw)
FrontPage by 名無し(ID:xmBzl+KppQ)
2024春出場校寸評 by 名無し(ID:Ay+Hsonw5A)
FrontPage by 
FrontPage by 名無し(ID:pKJd3auiyA)
FrontPage by あ
2024春 甲子園への道のり by 名無し(ID:H8n+or7o5A)
Menu

2023春試合結果

第一日(3月18日)
 第一試合 東北(宮城) 1−3 山梨学院(山梨)
 第二試合 北陸(福井) 1−4 高知(高知)
 第三試合 大垣日大(岐阜) 3−4 沖縄尚学(沖縄)

第二日(3月19日)
 第一試合 東邦(愛知) 6−3 鳥取城北(鳥取)
 第二試合 大分商(大分) 6−8 作新学院(栃木)
 第三試合 英明(香川) 3−2 智弁和歌山(和歌山)

第三日(3月20日)
 第一試合 海星(長崎) 5−1 社(兵庫)
 第二試合 二松学舎大付(東京) 0−5 広陵(広島)
 第三試合 敦賀気比(福井) 1−3 大阪桐蔭(大阪)

第四日(3月21日)
 第一試合 能代松陽(秋田) 3−0 石橋(栃木)
 第二試合 龍谷大平安(京都) 4−3 長崎日大(長崎)
 第三試合 仙台育英(宮城) 2x−1 慶応(神奈川) (延長10回・タイブレーク)

第五日(3月22日)
 第一試合 光(山口) 2−0 彦根総合(滋賀)
 第二試合 常葉大菊川(静岡) 0−3 専大松戸(千葉)
 第三試合 城東(徳島) 2−5 東海大菅生(東京)

第六日(3月24日)
 第一試合 健大高崎(群馬) 2−7 報徳学園(兵庫)
 第二試合 氷見(富山) 1−4 山梨学院(山梨)
 第三試合 高知(高知) 3−2 履正社(大阪)

第七日(3月25日)
 第一試合 クラーク記念国際(北海道) 1−3 沖縄尚学(沖縄)
 第二試合 東邦(愛知) 6−3 高松商 (香川)
 第三試合 作新学院(栃木) 9−8 英明(香川)

第八日(3月27日)
 第一試合 光(山口) 1−7 山梨学院(山梨)
 第二試合 高知(高知) 4−6 専大松戸(千葉)
 第三試合 海星(長崎) 2−3 広陵(広島)

第九日(3月28日)
 第一試合 大阪桐蔭(大阪) 1−0 能代松陽(秋田)
 第二試合 東海大菅生(東京) 1−0 沖縄尚学(沖縄)
 第三試合 東邦(愛知) 4−5x 報徳学園(兵庫) (延長10回・タイブレーク)
 第四試合 龍谷大平安(京都) 1−6 仙台育英(宮城)

第十日(3月29日)
 第一試合 作新学院(栃木) 3−12 山梨学院(山梨)
 第二試合 専大松戸(千葉) 2−9 広陵(広島)
 第三試合 大阪桐蔭(大阪) 6−1 東海大菅生(東京)
 第四試合 報徳学園(兵庫) 5x−4 仙台育英(宮城) (延長10回・タイブレーク)

第十一日(3月31日)
 第一試合 山梨学院(山梨) 6−1 広陵(広島)
 第二試合 大阪桐蔭(大阪) 5−7 報徳学園(兵庫)

第十二日(4月1日)
 決  勝 山梨学院(山梨) 7−3 報徳学園(兵庫)



第一日(3月18日)
第一試合 東北(宮城) 1−3 山梨学院(山梨)
山梨学院のキャプテン、ショート・進藤がいきなりトンネルを開通させて開幕した今年のセンバツ。
だが、この後を無難に締めて事なきを得ると、試合前半は山梨学院のペース。
2回は2アウト満塁、3回にはノーアウト満塁、4回にもランナーを三塁まで進めてチャンスを迎える。
が、東北の先発・ハッブスがここから本領発揮。手始めに2回は三振で今大会初のZGSを達成すると、
3回は連続三振からの内野ゴロでPZGS、4回にも連続三振でピンチを脱出。山梨学院がなかなか押し切れない。

だが、山梨学院はここで三塁ランナーさえいなければハッブスのエンジンがかからないことに気づいたか、
5回に2アウトからよんたま、トゥギャでランナーを二塁に進めてからキャプテン・進藤が先制タイムリー。
続く6番・佐仲の右中間への当たりで進藤が一塁から一気にホームイン。ついに山梨学院が均衡を破ってハッブスをKO。

なんとか反撃したい東北は7回に7番・伊達のサード強襲のタイムリーで1点差に詰め寄ったが、
その裏に秋の防御率0.00のリリーフエース・秋本が最低限で初失点を喫して万事休す。
東北は自主性に任せた攻撃が不発で声出し応援が復活した9回に大きな声援が送られるもあえなく三者凡退。
久々の声援に感慨深かったスレ民もやや消化不良になるなど、最後まで山梨学院の先発・林を捉えられなかった。

山梨学院はプレイボール直後のやらかしに始まり、先制タイムリーやすないぽにナイメイ、
果ては守備の途中に足をつらせて一時治療を受けるなどキャプテン・進藤が何かと目立ちつつ、
令和になってから4回目の甲子園でようやく令和初勝利をゲット。関東王者の意地を見せて2回戦にコマを進めている。

第二試合 北陸(福井) 1−4 高知(高知)
先手を取ったのは北信越王者・北陸。初回にランナーを溜めると、足の親指を骨折している5番・平田がタイムリー。
これで北陸ペースか、と思いきや高知は直後の攻撃でおなじみエンドレスガガを発動、北陸先発・友廣の脳をかき乱す。
するとランナーが溜まって8番・辻井がジエンゴとなるレフトオーバーの逆転タイムリー。高知が2回に逆転に成功する。

すると高知は守りにもリズムが出始める。2・3回にはキャッチャー・高木が立て続けに北陸の盗塁を阻止すると、
6回には目には目を、骨折には骨折をとばかりに、こちらも骨折から復帰の高知6番・門野が貴重なタイムリー。
レパートリーの少ない高知ブラバンが今年持ち込んだ新曲、祝典序曲(ショスタコーヴィッチ)にも乗せ、
8回にも北陸2番手・川上から5番・高木のタイムリーでさらに1点を追加。じわじわとリードを広げていく。
投げてはジエンゴに気を良くしたか、早めの継投でいくはずが先発・辻井が北陸打線を手玉に取り2回以降は7回まで0を並べ続ける。

8回に1アウトから北陸は1・2番の連打でチャンスを作るとここで高知は辻井をスパッと諦めて2番手・平にスイッチ。
後続を骨折明け門野の好守などで断ってこれで大勢は決した。平は9回もヒット2本を浴びたが最後は代打・稲葉から(σ・∀・)σゲッツ!!
高知が2年生リレーで2年連続の初戦突破。北陸も中盤は外野が懸命の守備を見せる場面があったが攻撃につながらず。
骨折の平田が9回には内野安打を打って猛打賞と気を吐くも、他の選手に波及せず。
スレでは骨さえ折れていれば、と悔やまれる結果となって北信越王者が早々に姿を消した。

第三試合 大垣日大(岐阜) 3−4 沖縄尚学(沖縄)
大谷の影響で今回も点灯試合となった沖縄尚学と甲子園40勝目を虎視眈々と狙う阪口監督率いる大垣日大の対戦。
序盤、沖縄尚学はエース東恩納の芯をずらす投球と堅い守備陣で、大垣日大は山田のコーナーを突く投球で三振を次々と奪い点を与えず膠着状態。
早くもレベルの高い好ゲームの予感にスレ住民の期待も高まる。
3回裏、沖縄尚学は連打で満塁のチャンスを作る。ここまで丁寧なピッチングをしてきた山田の甘く入った初球を沖縄尚学4番の仲田が捉える。
大会第一号は先制としてはあまりに大きいグランドスラムとなった。
しかしそこは百戦錬磨のオーガ阪口率いる大垣日大。徹底的にストレートを狙い撃つ作戦で連打を重ねる。
プレッシャーに屈したかここまで好守を見せてきた宮平がタイムリーやらかしで1点献上。
6回には再び同じように連打でプレッシャーを与える大垣日大。執拗に転がす打球のプレッシャーに屈したか再び名手宮平がタイムリーエラー。2点追加で1点差に迫る。
試合の後半は1点をめぐる攻防戦となる。お互いヒットは出るものの好守に阻まれ1点が入らない展開に。
結局ギリギリのところで沖縄尚学が満塁お誕生日の得点を守ったまま逃げ切り二回戦進出。
大垣日大は執拗に食らいつくも、甘く入った一球になくこととなり初戦敗退。なんとか阪口監督の体力が持つうちに40勝目をもぎ取っていただきたい。


第二日(3月19日)
第一試合 東邦(愛知) 6−3 鳥取城北(鳥取)
前半は東邦が同じ愛知のライバル・愛工大名電を彷彿とさせるメイデン攻撃がビシバシ決まる。
1点リードの4回にはメイデンで内野安打2つを稼いで満塁とすると、タイムリーにやらかしも絡んで2点追加。
さらにメイデンでランナーを進めてからスク水もしっかり決めて4点目を奪うなど、この回はバント攻撃が炸裂。
鳥取城北も再三ランナーを出してメイデンは決めるものの、その後の攻撃が決まらず5回まで0を並べてしまう。

学校自慢に男子相撲部登場、チアに女子相撲部を加えどすこいダンスを披露するなど、相撲部の方が目立つ鳥取城北の反撃は6回。
2アウトからよんたまに連打で満塁のチャンスを作ると、ここで東邦先発・宮國から連続押し出し。
相撲部らしい反撃で土俵際から押し返すと、さらに東邦サード・眞鍋のやらかしでついに1点差まで迫る。

だが、春の東邦はここから試合巧者。直後の7回の攻撃で3番・眞鍋が先程の汚名返上とばかりにタイムリーで再び突き放す。
8回には相手の牽制やらかしで二塁から一気にランナーが帰ってくるなど、小刻みに点を加えていく。
投げては7回を山北、8回からは岡本と繋いで鳥取城北にこれ以上の反撃をさせなかった。
両チームとも3やらかしと土俵が荒れる中、最後は東海の横綱がしっかりと勝ちきって初戦突破。北朝鮮から祝砲?も上がった。
押し相撲だけでは役力士には及ばなかった鳥取城北は荒れる春場所を演出することができず。

第二試合 大分商(大分) 6−8 作新学院(栃木)
久々にセンバツに戻ってきた作新だがどうにも怪しい守備を連発してしまう。
3回には挟殺プレーでピッチャーの川又が落球して進塁を許してしまったり、
7回にはメイデンをフィルダースチョイスしたり、強風の中で打球の目測を誤ったりと、大分商に度々付け入るスキを与えてしまう。

が、打つ方は前評判通りの強打を披露。大分商は先発の児玉、2番手の飯田がともに秋の防御率0点台を誇っていたが、
児玉からは2回に3連打などを重ねて4点を先制すると、6回・7回はリリーフの飯田も捉えて追加点を奪う。
とりわけ、6・7回は失点直後だっただけに効果的な追加点で大分商にダメージを与えていった。
リリーフの小川の登板が難しいとされる中、チャンスを見逃さない打線で作新が大分商を振り切った。

NHKで解説の足立さんが不適切な発言をするなど、作新のやらかしがそちらにも波及する中、
大分商は守りではこれといったミスはなかったにも関わらず頼みの投手陣が作新に捕まってしまった。
9回には相撲部に勧誘されそうな体格の主砲・羽田野が追撃のタイムリーを放つなど2点差まで詰め寄ったものの、
6番・丸尾のレフトフライの間に一塁ランナー・江口が二塁到達後に帰塁する際に二塁を踏まずに戻ってしまい、
アピールプレーを待っての幕切れ。最終的に審判もアピールプレーを待たずに一度アウトを宣告するなどやらかしまみれの試合に。
大分商のショートを守る上田は上田西の改変AAで声援を送られたが、西の文字を×マークで消されたAAを贈られた結果、
試合途中で足を攣らせて途中交代を余儀なくされるなど、何かと噛み合わないまま甲子園を去った。

第三試合 英明(香川) 3−2 智弁和歌山(和歌山)
英明の先発サイドスロー・下村は元内野手。一塁手が捕りづらいと嘆く送球を見て投手にコンバートされた変則派。
その下村を智弁和歌山の強力打線が打ちあぐねる。ヒットは出るが、長打警戒で下がる英明の外野陣の前にポトリと落ちる当たりばかり。
なかなかクリーンヒットが出ないうちに、下村に5回までのらりくらりと0に抑えられてしまう。

そうこうしているうちに、英明は6回にチャンスを作ると4番・寿賀がレフトへ先制のタイムリー。
先制点を許して尻に火がついたか、智弁はコロナによる制約が解けて完全体に戻ったジョックロックを発動。
魔曲を待ち望んでいたスレも沸く中、6回裏に下村からチャンスを作って9番・杉本のタイムリーで同点に追いつく。

だが、ここでひっくり返しきれなかったことで再び英明が流れを掴む。
8回、二遊間がお見合い気味でセンター前ヒットを許すなど、ヒット2本で2アウト一、二塁のチャンスを作る。
5番・中浦の当たりはレフト前へのヒット。二塁ランナー・平見が思い切って三塁を蹴り、智弁レフト・多田羅がバックホーム。
このバックホームがホームにヘッドスライディングする平見のヘルメットを直撃。ボールはファウルグラウンドへ。
その間に一塁ランナーの百々もドドドドドと一気に生還。まさかのヘディングで英明が2点を勝ち越す。

もう一度追う展開になった智弁は8回に再び魔曲を発動。骨折を機にピッチャーに転向した清水が追撃のタイムリーを放つ。
これがセンターのバックホームやらかしも誘ってさらにチャンスが続くと、飛び出した二塁ランナーを英明キャッチャー・中浦が牽制。
が、この二塁への送球が下村からマウンドを引き継いだサウスポー・寿賀の左腕を直撃。魔曲の威力にスレが戦慄が走る。
それでも治療を経て寿賀はマウンドに復帰。満塁にはしたものの1番・多田羅と2番・濱口を打ち取ってピンチ脱出。

9回もランナーが出てからジョックロックが響く中、この回からマウンドの3番手・百々が踏ん張る。
最後は代打・花田を三振に打ち取って見事な逃げ切り。阪神園芸志望の控え・森やアシカショー披露とネタも見せつつの快勝だった。
智弁は二度ジョックロックで得点を挙げるも、三度目は不発。フレンドリーファイアで魔力を使い果たし、夏に続いて初戦で姿を消した。


第三日(3月20日)
第一試合 海星(長崎) 5−1 社(兵庫)
どちらも夏春連続の甲子園という両校。先手を取ったのは海が見える絶景が自慢の海星だった。
初回に先頭の田中が内野安打で出るとメイデン、ARAKAKIで三塁に進み、3番・永田の最低限で幸先よく先制。
2回にもヒットと盗塁でチャンスを作って7番・角野のタイムリーで追加点とコツコツ点を重ねる。
1点を返された直後の5回には4番・田川のライトオーバーで2点を加えて突き放すなどペースを渡さない。

対する社も4回には忍者走塁を絡めてチャンスを作り1点を返したものの、その後は海星先発・吉田を捉えきれない。
JKの手作り弁当を絡めた小芝居がスレを沸かせるなど社もそれなりに見せ場は作ってはいたが、
そんな中投下された「モリシYoutuberになる」という特大ネタに全ての話題を掻っ攫われてしまう格好に。
ようやくモリシの話題が落ち着いた8回には太陽の光でフライを見失ってピンチを迎えると、
海星の三塁ランナー・平尾に警戒をかいくぐられて内野ゴロの間に見事生還されるなど社は流れを掴めない。

海星はリードを広げた8回から投入した2番手・高野も勢いに乗って社打線を封じてこのまま快勝。
再三固い守備を見せ、お互いやらかし0とスレも唸らせる玄人好みの一戦を制した。

第二試合 二松学舎大付(東京) 0−5 広陵(広島)
広陵・真鍋と二松学舎・片井という互いに注目のスラッガーを擁する両校の激突。
広陵が初回に真鍋がよんたまを選ぶなどして作ったチャンスでゲッツー崩れの間に先取点とマリア様戦法で先手を取ると、
真鍋は3回の第2打席で左中間への大飛球を二松学舎外野陣がお見合いする間にポテンヒットとなるラッキーは初Hを記録。
これで気を良くした真鍋は5回に2点目のタイムリーを放つと、ここから広陵は4番・小林、5番・只石も続いて3連打。
真鍋が火をつけたクリーンアップで広陵が一気に3点を奪って4-0と二松学舎を突き放していく。

一方の二松学舎・片井も第2打席でヒットは出たものの、立ちはだかったのが広陵の2年生・高尾。
何度もランナーを背負いながらここぞの場面で踏ん張り二松学舎に得点を与えない。
試合中には秋の大会後に骨折をしていたことが判明し、この春のトレンド・骨折バフがまた一つ実証されてしまった。

終わってみれば真鍋はお誕生日こそ無いものの猛打賞、2年生エース・高尾は8回無失点と広陵は投打の役者が仕事。
二松学舎はぽっちゃりを要所に配した打線がチャンスにもう一本出ずにこのセンバツ完封第1号を食らってしまった。

第三試合 敦賀気比(福井) 1−3 大阪桐蔭(大阪)
注目の大阪桐蔭のサウスポー・前田に対し、敦賀気比打線は対策を練ってきたか初回からヒットが飛び出す。
1回には2アウトから連打、2回にもヒットでランナーを出し、スレもざわめくがそこは流石の前田、後続をキッチリ断つ。
一方、敦賀気比の先発・竹下は1巡目の大阪桐蔭打線をヒット1本に封じる上々の立ち上がり。

が、2巡目に入って1番・山田のサード強襲の当たりがやらかしも誘うと、2番・村本の当たりはレフトへ。
敦賀気比のレフト・濱野のダイビングはわずかに及ばず、ボールが後ろに逸れる間に大阪桐蔭が先制する。
さらに、3番・徳丸にもタイムリー。2巡目に入って早々に竹下が捕まったかに思われた。
が、竹下はここから踏ん張って失点を許さない。6回まで投げて味方の反撃を待つ。

すると、大阪桐蔭にもやらかしが。4回にショート・小川の悪送球でランナーが出ると、敦賀気比5番・友田の当たりが三塁線を破る。
大阪桐蔭のレフト・山田がクッションの処理をもたつく間に敦賀気比が1点を返し、スレを盛り上げる。
だが、ここから前田が崩れない。要所要所で三振を奪い、6回で奪三振は10桁に到達。このセンバツ初の快挙となった。

すると、敦賀気比・東監督が7回に継投を決断。好投の竹下から背番号1の辻に繋ぐが、待ってましたとばかりに大阪桐蔭が襲いかかる。
8番・小川の当たりに今度は敦賀気比のセンター・野道がダイビングに失敗。3ベースにしてしまう。
よんたまを挟んで1番・山田がタイムリー2ベース。大阪桐蔭が突き放しにかかる。
それでも、辻の後を受けた3番手・桶谷が満塁のピンチをゲッツーで締めて最小失点に食い止める。

直後の8回には敦賀気比も1アウトから連打。しかし前田は動じなかった。後続を片付けてここも無失点で凌ぐと、
9回は三者凡退でゲームセット。終わってみれば14個の三振を奪う快投でやらかし絡み以外では失点を許さなかった。
敦賀気比も再三好守備を見せはしたものの、紙一重のダイビングに二度失敗したのがいずれも失点に直結。
前田の前にあと一本が出ず、継投の代わり端を捉えられるなど全てに大阪桐蔭が一枚上手だったか。

第四日(3月21日)
第一試合 能代松陽(秋田) 3−0 石橋(栃木)
WBC準決勝と時間が重なったこともあり、いつにもまして過疎ってスタートした大会4日目。
それとは裏腹に試合は初回から動く。能代松陽が連打でチャンスを作ると、最低限で先制。
21世紀枠の石橋は立ち上がりから追いかける展開を余儀なくされてしまう。

だが、ここから石橋は背番号6の先発・入江が再三ピンチを背負いながらも踏ん張る。
能代松陽も足を使った攻撃を度々仕掛けるが、バックが集中してダブルスチールを阻止するなどして失点を防ぐ。
オレンジ一色に染まった石橋アルプスの声援を受けながらあとは攻めるだけ、という展開に持ち込む。

だが、能代松陽の先発・森岡がそれ以上に見事なピッチングを披露。
140キロを超えるまっすぐとキレのある変化球を軸に5回までは毎回三振を奪う好投。
3939進行で1時間で7回に突入。1時間早く8時に始まったはずのWBCをあっという間に追い抜いていく。

能代松陽は7回に2アウトから連打。ここでようやくスレ民が待ち望んだタイガー・ラグを発動させるが、
ここを入江がまたしても凌ぐと8回には先頭からの連打で再び能代松陽がチャンス。
入江はここでお役御免。石橋が背番号1の藤巻を投入すると、藤巻は3・4番を打ち取って2アウトまで持ち込む。
が、続く5番・佐々木駿のゴロをさばいた石橋サード・原の送球がショートバウンド、ファースト・近藤が捕球できない。
ここにきて石橋に痛すぎるやらかしが出てランナーが一気に2人生還。能代松陽がリードを3点に広げる。

9回は石橋のやけくそプリティフライが響く中、最後まで落ち着いて能代松陽・森岡が投げきった。終わってみれば無四球。
前日の大阪桐蔭・前田に続く10桁奪三振を達成し、今年のセンバツで完封第1号。能代松陽がセンバツ初勝利を挙げた。
石橋も終盤まではよく守ったものの、内野安打2本だけではどうにもならず。マモノはマイアミに行っていたようだ。

第二試合 龍谷大平安(京都) 4−3 長崎日大(長崎)
依然としてWBCの準決勝が進行する中行われた第2試合。その序盤にWBCは日本の逆転サヨナラ勝ちで決着、
甲子園でも観客から拍手が沸き起こるという一幕もあり、マモノスレは一瞬重くなるという場面も。
マイアミでひと仕事を終えたマモノがここで帰阪。早速長崎日大の先発・廣田にARAKAKIを引き起こさせ、平安が先制する。

それでもすぐさまキャプテン・平尾のタイムリーで追いついた長崎日大が7回に仕掛ける。
ランナー一、三塁から一塁ランナーが盗塁、平安キャッチャー・松浦が二塁に投げた瞬間に三塁ランナー・加藤がスタート。
完璧なダブルスチールを決めて勝ち越し、スレを沸かせるとさらに廣田がジエンゴのタイムリーで追撃。長崎日大が2点を勝ち越す。

ところが名門・平安は一筋縄ではいかない。その裏、2アウトから連打で一、三塁のチャンスを作ると、
ここで廣田がこの日2回目のARAKAKI。これで1点差となると代打・松井がレフトへの同点タイムリー。
さらに1番に戻って白石もライト前に弾き返して逆転。さらにもう1本ヒットが出てとうとう2アウトランナーなしから5連打。
久しぶりに甲子園に響くあやしい曲とマモノに飲み込まれた廣田はここでKO。平安が一気にひっくり返した。

このリードを2番手・岩井が8・9回とよんたまは出すもヒットは許さずに守りきって龍谷大平安が鮮やかな逆転勝ち。
長崎日大は悔しい逆転負けで2年連続初戦で近畿勢に惜敗。長崎勢揃い踏みとはならず、海星に今後を託すこととなった。

第三試合 仙台育英(宮城) 2x−1 慶応(神奈川) (延長10回・タイブレーク)
強い大谷が来襲する中、昨夏の覇者が登場。強打の慶応を迎え撃つ形になった。
だが、雨でコントロールが定まらないか、仙台育英の先発・仁田は初回から苦しいピッチング。
1番・丸田にストレートのよんたまを与えると、この回はしのいだものの2回は先頭の5番・清原。
ファーストストライクをレフトに弾き返されるとよんたま・すないぽで満塁。須江監督はたまらず高橋にスイッチ。
この継投がピタリとハマる。高橋は9番・八木、1番・丸田を連続三振でZGSとしてこのピンチを切り抜ける。

その後も慶応が毎回ランナーを出すものの、3回は清原、4回は八木がともにチャンスで凡退するなど1点が遠い。
仙台育英も慶応の先発・小宅の前に4回まで内野安打1本に封じられていたが、5回に先頭の4番・齋藤陽がヒットで出塁。
トゥギャったあとにヒットが出て1アウト一、三塁とこの試合初めて仙台育英にチャンスが巡ると、2アウトになってから8番・高橋。
三遊間にしぶとく弾き返すジエンゴで仙台育英が先制。慶応がなかなかキメきれないうちにワンチャンスを生かした。

これで更に勢いを増したのが仙台育英の高橋。6回は清原、延末、渡辺憩を三者連続三振、7回も三者凡退とエンジンがかかる。
8回はバックの好守もあってランナーを出したものの無失点に抑えて1−0のまま9回へ。
だが、9回に先頭の6番・延末にヒットを許したところで須江監督が再び動く。好リリーフの高橋から湯田へつなぐ。
渡辺憩がメイデンでランナーを進めると代打の切り札・安達が初球をレフト前へ。延末が還ってついに慶応が追いつく。

慶応は9回を2番手・松井が抑え、この春から10回から開始になったタイブレークへ。スレのタイブレークマニアが歓喜に湧く。
先行の慶応がキャプテン・大村のナイメイで1アウト二、三塁とすると3番・渡辺千に湯田がすないぽ。満塁にしてしまう。
今日ノーヒットの4番・福井がファールフライで2アウト満塁となって5番・清原。甲子園もスレも盛り上がりは最高潮に。
ここは湯田が踏ん張る。最後は外のスライダーに清原のバットが空を切り、ZGS。甲子園は清原のためにはなかった。

こうなると流れは仙台育英。その裏、途中出場の岡田が初球でナイメイ。こちらも1アウト二、三塁の形を作る。
8番・湯田に2ボールとしたところで慶応ベンチは申告敬遠、満塁策を取って途中出場の熊谷との勝負を選択。
熊谷の当たりはレフト前に弾むも、1アウトということもあって打球が落ちたのをみて三塁ランナーがスタート。
そこへ今日打つ方ではいいところのなかったレフト・福井がバックホーム。キャッチャー・渡辺憩もバックハンドでショートバウンドを処理。
三塁ランナーフォースアウト、まさかのレフトゴロにスレは一気に加速。これで流れが変わるかと思われた次の瞬間だった。
1番・山田が初球を捉えてレフト前へ。今度は三塁ランナーがしっかり生還。ジェットコースターのような10回裏を経て仙台育英に軍配が上がった。
阪神園芸マニア、タイブレークマニア、申告故意死球マニアといった各種マニアご満悦の試合ともなった。

第五日(3月22日)
第一試合 光(山口) 2−0 彦根総合(滋賀)
昨日に続いて今日もWBCと同時進行の甲子園、スレはもちろん甲子園もガラガラの中センバツ初出場校同士の一戦。
序盤は光が押し気味に試合を進める。2回には一、三塁からダブルスチールを敢行するも、ここは彦根総合守備陣が落ち着いて対応。
3回にはゲッツー。4、5、6回も得点圏にはランナーを進めるもののあと一本が出ない。

先発の勝田が耐えている間に点を奪いたい彦根総合だったが、光の先発・升田が見事なピッチング。
彦根総合のヒットは全て単発で連打を許さず。5、6回には得点圏にランナーを背負ったものの後続を冷静に断つ。
7回までよんたま1つだけの78球。テンポの良いピッチングで升田が彦根総合に流れを渡さない。

彦根総合は7回途中からエースナンバーの野下に繋いでいくが、その野下が8回に捕まる。
ダメイデンこそあったものの、ヒット2本で光がチャンスを作ると5番・岡本がしぶとく一、二塁間を破る。
光がようやく均衡を破ると、9回には彦根総合の守備に2つのやらかし。光にさらに1点が加わる。

升田がこのリードを危なげなく守り切る。球数わずかに99球。光のエースという二つ名に違わぬ3939ピッチングだった。
彦根総合は散発3安打、11個の三振を奪われて最後は守備にも綻び。粘った投手陣を見殺しに。
緑にまつわる楽曲を多数携えたアルプスの声援に報いることもできず、アルプスリポートの謎クイズでも流れはつかめなかった。
ともに初勝利を懸けた一戦は光に軍配。光は春夏合わせて三度目の甲子園で念願の初勝利を手にしている。

第二試合 常葉大菊川(静岡) 0−3 専大松戸(千葉)
初回の専大松戸の攻撃中に日本が3大会ぶりにWBCを制したという一報が届き、昨日と同じように観衆から拍手が。
が、その直後に常葉先発・久保が制球を乱す。よんたまと2つのすないぽで満塁にしてしまう。
専大松戸の5番・太田がキレイなセンター返しで2人を返すと、久保の動揺は収まらない。
ファーストゴロでベースカバーに入るもベースを踏みそこねてオールセーフ、再び満塁としてしまうとどすこいまで発動。
マモノがマイアミから直帰したか、それとも行っていなかったのか、いずれにせよ久保にとっては痛い3失点に。

援護をもらったのは専大松戸のプロ注・平野。初回に自らのお手玉もあってピンチを招くもここを0で抑える。
4回以降は毎回ランナーを背負いながらも、伸びのあるまっすぐと変化球を効果的に折り混ぜて痛打を許さない。
専大松戸のバックも再三好プレーを見せて平野を助ける。常葉菊川はもうひと押しがなかなかできない。

2回までに四死球5つと乱れた常葉エース・久保だったが、3回以降は立ち直って別人のようなピッチングに。
3回以降7回までヒットを許さず、よんたまも1つだけに。5〜7回は専大松戸を三者凡退に抑える。
スレからも「初回がなければ」と悔やむ声が上がったほど。失点を初回の3点のみにとどめて味方の反撃を待った。

だが、最後まで平野が踏ん張った。7安打は許したがすないぽ1つだけでよんたま無しと余計なランナーを出さず。
前の試合の光・升田に続いての完封劇となって、専大松戸がセンバツ初勝利。
常葉大菊川は先発・久保の立ち上がりが全てだった。センバツ優勝捕手の石岡監督はほろ苦い甲子園監督デビューに。

第三試合 城東(徳島) 2−5 東海大菅生(東京)
試合前に女子マネージャー・永野さんのノックで話題をかっさらった21世紀枠・城東。
チーム紹介でも12人の選手全員から愛の告白を受けるなど、絶え間なくネタを供給すると初回の攻撃。
1番・加統の内野安打などで一、三塁として4番・岡の内野ゴロの間に歴史的初得点を挙げる。
さらに追いつかれた直後の2回には9番・長谷がスリーバントスク水を決めてマリア様戦法で勝ち越し。
東海大菅生の先発・宮本Jr,を2回までにマウンドから引きずり下ろした。

だが、そこは甲子園常連の東海大菅生。3回には連打でチャンスを作り、3番・酒井の3ベースで一気に逆転。
3回からは島袋、末吉とつないで城東打線を封じる。城東は3、4、6回にゲッツー3つでチャンスを潰すなど3点目が遠い。
それでもショート・吉田やセンター・加統の好守、キャッチャー・森本も盗塁を2回刺すなど懸命の守りを続けた城東だったが、
8回にはやらかしも2つ出てしまい東海大菅生に決定的な5点目が。これでスレも意気消沈。

東海大菅生は8回から190センチ右腕・日當を投入してエースの試運転も済ませるなど、
終わってみればノーエラーでしっかり守り抜いての初戦突破。投手層と守備力でキッチリと差を見せつけた。
中盤以降機動力を絡めた攻撃が影を潜めてしまった城東は9回にランナーを2人出して最後の抵抗を見せるも、
最後は日當の前に代打・浦野が三振に倒れて万事休す。永野マネージャーに勝利をプレゼントすることは叶わなかった。


第六日(3月24日)
第一試合 健大高崎(群馬) 2−7 報徳学園(兵庫)
初回に1番・増渕が快足を飛ばして1点を先取した健大高崎だが、先発・小玉の様子がおかしい。
NHKの解説・杉本さんが「1試合に2つくらいしか四球を出さない」と入念にフラグを立てると、
久々に声付きで甲子園に轟いた本家アゲアゲホイホイに心を乱されたか、点をもらった直後の2回に大荒れ。
満塁のピンチを迎えると、9番・盛田から3者連続ドスコイ。相撲の強豪校でもある報徳が押し出しで3点を挙げて逆転。
小玉は4回にも2アウトからのすないぽもあってランナーを溜めると3番・堀、4番・石野に連続タイムリーを浴びる。
報徳としては頼れる中軸が点を稼ぎ出してリードを広げるという理想的な展開に。

リードをもらった報徳先発・盛田はスイスイ飛ばす。点差も開いてトゥギャ崎は機動力を使いづらい展開に。
それでも7回に長打にセーフティバントを絡めてノーアウト一、三塁と久々に盛田の前にチャンスを作る。
ここで代打・團之原の最低限で1点を返したものの、後続は球数が100球に達した盛田が踏ん張って最小失点に食い止める。
すると直後の8回にトゥギャ崎2番手・加藤から報徳4番・石野が2ランお誕生日。取られた直後に鮮やかに取り返してみせた。

結局トゥギャ崎は盗塁を仕掛けた回数すら0。スペクタクルも機動破壊も感じさせないまま報徳に完敗。
守備陣は粘り強く守ったものの、先発・小玉の独り相撲で失った流れを最後まで取り戻すことはできなかった。
報徳は9回のマウンドを2年生・間木に経験させるなど余裕も見せての快勝。トゥギャ崎の初戦不敗神話をストップさせた。

第二試合 氷見(富山) 1−4 山梨学院(山梨)
初回に21世紀枠最後の砦・氷見が鮮やかな先制攻撃を仕掛ける。やらかしとヒットでランナーを2人溜め、
5番・橋本の当たりはセカンド後方へ。山梨学院セカンド・大森が一度はグラブに収めるも、ダイビングの衝撃でボールがポロリ。
執念で1点をもぎ取ると、その裏の山梨学院の攻撃を氷見先発・青野が三者凡退に抑える最高の立ち上がり。

これでイケるか、と思いきやその前に関東王者が立ちはだかる。2回は先頭の4番・岳原がフェンス直撃の3ベース。
1回戦で目立ちに目立った5番・進藤のタイムリーで追いつくと、先ほど紙一重で及ばなかった7番・大森が逆転のタイムリー。
試合をひっくり返すと、4回には氷見のショート・西川のやらかしの間に3点目を奪ってリードを広げる。
すると、山梨学院の先発・林も徐々に調子を上げ、氷見はなかなかランナーを出せなくなっていく。

いつしか山なしの試合展開になったスレでは氷見のローカルスポーツ・ハンぎょボールの話題で持ちきりに。
反則すると冷蔵庫送り、というルールもあってか、やらかしのあった西川が冷蔵庫送りにされるなどの用法を生んだ。
山梨学院は8回にもスク水で大きな1点を追加すると、先発・林が2試合連続の1失点完投で学校初の甲子園1大会2勝を達成。
打線に2回以降連打が出なかった氷見は9回2アウトから7番・正水が2ベースで出るも後が続かず。
冷蔵庫送りされた結果打線が冷えてしまったか、かくして今年も21世紀枠は初戦で全滅となってしまった。

第三試合 高知(高知) 3−2 履正社(大阪)
2回、高知のエンドレスガガが流れる中両チームの攻守が唐突に乱れ始める。
高知は振り逃げで先頭が出ると履正社の先発・福田が連続よんたまで満塁のチャンスをもらう。
ここで8番・西村真がスク水を仕掛けるも空振り、飛び出した三塁ランナーがタッチアウトになってしまう。
すると、ここでスク水失敗の西村真が先発ピッチャーであったにも関わらずの懲罰?交代。
この采配にスレでも疑問符がついた次の瞬間、福田がARAKAKI。結果的には高知がノーヒットのマリア様戦法で先取点。

ところが直後の3回表の履正社の攻撃では高知の守りが乱れる。
2アウトからヒットを許すと、一塁ランナーを牽制したキャッチャーの送球を高知ファースト・山平が捕球ミス。
その間に得点圏にランナーが進み、2番・森澤が同点タイムリー。履正社が追いつく。
この直後には失点につながらなかったものの、高知サード・福井にもやらかしが出るなど一気にgdgdな試合展開に。

その後も高知は細かい継投で履正社の攻撃をしのぎ、履正社の先発・福田は高知打線を7回までノーヒットに抑える。
が、その間には高知にさらにやらかしが出たり、福田もノーヒットながらよんたまを5つ出すなど字面ほど締まってはいない試合に。
ようやく試合が動いたのは8回。5回途中からマウンドに上がっている高知3番手・辻井を履正社打線が捉える。
先頭から内野安打とヒットで一、三塁のチャンスを作って4番・坂根の最低限でついに履正社が勝ち越し。

ノーヒットワンランという世にも珍しい記録を続けていた履正社の福田。
だが、8回の高知は先頭の代打・井上が初H、ついに童貞を卒業すると、メイデンを決めて同点のチャンスを作る。
ここで背番号1の中嶋が代打に送られると福田はよんたまを与えてしまいピンチを背負ったところでお役御免。
履正社はサウスポーの増田を2番手に送り込むが、1番・木村にもよんたまでとうとう満塁に。
2番・福井は三振に打ち取るも、3番・高塚にセンター前へ運ばれて逆転の2点タイムリーに。
またもエンドレスガガをバックに高知が点を取って再びリードを奪う。

再び追う展開になった履正社は9回に先頭の増田が汚名返上とばかりにヒットを打って出塁。
打順もトップに戻る絶好の展開を迎えたが、1番・西はレフトフライ、2番・森澤が空振り三振でランナー釘付けで2アウトに。
3番・森田こそよんたまで繋いだが、最後は4番・坂根が打ち上げてジ・エンド。最後は高知・辻井が踏ん張った。
履正社は多田新体制下での甲子園初勝利はお預け。高知が攻守に苦しみながらも辛勝、3回戦にコマを進めた。


第七日(3月25日)
第一試合 クラーク記念国際(北海道) 1−3 沖縄尚学(沖縄)
大谷が心配されたが、どうにか天気がもって試合が行われた大会7日目。
センバツでは50年ぶりとなる南北の果て同士の対決。2戦目となる沖縄尚学は打線の組み替えを敢行。
初戦でタイムリーやらかしを2回してしまった宮平を外して石川をスタメンに、そして初戦ノーヒットの玉那覇を3番に上げる。
すると3番に上がった玉那覇が第1打席でいきなりヒット、これで気を良くすると3回はチャンスで打席が回る。
今度は左中間への2ベースで2人を還す活躍。打線の組み替えが当たった沖縄尚学が先行する。

一方のクラークも1、2、4、5回と得点圏にランナーを進めるなどチャンスがないわけではなかったが、
ピンチでギアを上げた沖縄尚学先発・東恩納が抑える。5回は二者連続三振を奪うなど狙って三振に切って取る。
クラークは7回に先頭を出すもゲッツー、直後にヒットが出るなどちぐはぐな攻撃で0を並べてしまう。

沖縄尚学が6回にも1点を加えてリードを3点に広げる中、衝撃の情報がスレにもたらされる。
大谷による順延もあって帰りの飛行機を変更できなかったクラークの一部応援団にタイムリミットが迫っていたのだ。
制限時間まで残り10分を切った8回に1アウト満塁と大チャンスを迎えたが、東恩納が内野ゴロの間の1点のみ、最小失点で切り抜ける。
そして、1点返したのを見届けたところで飛行機の時間が迫るクラーク応援団の一部が帰宅となってしまった。

応援団を一部失ったクラークは9回の攻撃をあっさり三人で終えてしまい試合終了。通算3回目の甲子園でも初勝利が遠かった。
初戦に続いて先制して流れをつかんだ沖縄尚学がそのまま逃げ切り成功。今日はノーエラーとしっかり守りきった。

第二試合 東邦(愛知) 6−3 高松商 (香川)
キャプテン横井が選手宣誓を行った高松商が出場36校の殿として登場した第2試合。
試合はその高松商が学校紹介で生徒会長がチコちゃんをぶっ込んで流れを引き込むと、
初回こそルンバで先取点を逃したものの、2回にもチャンスを作ってピッチャー・大室がジエンゴ。高松商が先制する。

その大室は東邦打線を3回までヒット1本に抑える上々の立ち上がり。だが、4回に落とし穴が待っていた。
2番・大島にヒットを許すと牽制球が悪送球。スレにチコちゃんの怒号がこだますると、
3番・眞邉、4番・石川の連続長打。東邦が逆転に成功するとこれで流れは東邦へと傾く。
5回には9番・山北の打球が一塁ベースを直撃するラッキーなタイムリー、6回には5番・岡本にお誕生日。
小刻みに得点を加えていった東邦がリードを3点まで広げていく。

高松商の反撃は7回。東邦2番手・岡本の代わり端を攻めてランナー二・三塁のチャンスを作る。
2アウトとなって9番・佐藤はショートゴロ。が、これを東邦ショート・大島が悪送球。
やらかしで2点をもらった高松商が1点差に詰め寄ってこれで反撃ムードが高まったかに思われた。

だが、直後の8回表に東邦は2アウトから4番・石川が2ベースで出ると先ほどお誕生日の5番・岡本がセンター前へ。
石川への代走・藤田がその快足を飛ばして悠々ホームイン。取られた直後にすかさず取り返して東邦が流れを渡さない。
その裏には岡本がヒット、すないぽ、ARAKAKIと半ば自爆に近い形でランナーを二・三塁に進められたが、
6番・山本のショート深いところへのゴロを先ほどやらかした大島が今度は完璧な送球で仕留めて無失点でしのぐ。

9回には今日ノーヒットだった1番・中村ナイトにタイムリーが出てトドメの1点。
一度掴んだ流れを渡さなかった東邦は背番号1の宮國を投げさせないままの勝利で2回戦突破。
センバツ史上最多タイとなる58勝目となり、同じ愛知のライバル・中京大中京に肩を並べることとなった。
高松商は9回のやけくそプリティフライが三者凡退に終わるなど、今日はプリフラがほぼ不発に終わり初戦敗退。

第三試合 作新学院(栃木) 9−8 英明(香川)
初の甲子園2勝を目指す英明の先発は初戦でフレンドリーファイアを食らった寿賀。初回の作新を0点に抑えると、
その裏には4番として回ってきた打席でレフトオーバーのジエンゴ。幸先のいい形で英明が先行する。

ところが、直後の2回の守りで珍事件が。ランナー一塁で作新6番・東海林の当たりはファーストゴロ。
ファースト・大島がゲッツーを狙って二塁に送球したが、これが一塁ランナー・武藤の後頭部を直撃。
ボールが転々とする間にランナー一、三塁とすると、1アウトとなってから8番・草野。
強く叩きつけた当たりをファースト・大島が捕ったものの、一塁のベースカバーに誰も行かず、記録は内野安打。
マウンドの寿賀にとっては不運な形となり、作新が早々に追いつく。

ここから試合は膠着状態に。作新は先発・川又を1回で諦めて2回から磯を投入。英明は立ち直った寿賀が力投。
6回表までスコアボードに0が並び続けると、3時のニュースでNHKが桁違いの謝罪をするやらかしを見せてスレが沸く。
その直後の英明の攻撃だった。ロングリリーフとなりNHKからも先発と勘違いされた作新・磯はここが限界だったか。
1アウトからよんたまを出すと6番・大島、7番・尾中、8番・清家に3連打を浴びて英明が2点を勝ち越し。
さらに9番・高松のスク水に本職はショートの磯がダイビングを試みるも一歩及ばず。英明に4点目が入りここで磯は降板。

だが、英明の先発・寿賀にも限界が近づいていた。7回に入り作新打線に捉えられる当たりが増え始め、
途中出場の9番・塙、1番・高森の連続タイムリーで作新が1点差に迫ると、続く8回も先頭がヒットで出る。
ここで寿賀から初戦で好投の変則派・下村にスイッチした英明だったが、作新の勢いを止められない。
さらにヒット、よんたまで満塁としてしまうと、前進守備をあざ笑うかのように6番・東海林が逆転の2点タイムリー。
さらに代打・宮本、1アウトとなってから9番・塙にもタイムリー。この回5安打を集めた作新が一挙4点。
今日は動きすぎてコバリ扱いされていた作新・小針監督だが、ここに来て下村対策に特化した説が出始める。

だが、ここで磯を再びマウンドに戻したのがよくなかったか。先頭によんたまを出し、ARAKAKIなどで三塁へ。
英明1番・鈴木の当たりは作新レフト・塙がダイビングするもボールはグラブからこぼれて2点差に。
さらに内野安打でランナーを2人置いて3番・百々がライトポール際への逆転3ランお誕生日。
スレが擬音で埋め尽くされると、百々はその勢いのまま9回のマウンドへ。このまま英明が押し切るかに思われた。

しかし、1アウトから百々がよんたまを出すと、作新5番・武藤が真っ直ぐを狙い打ち。レフトスタンドへ再逆転の2ランお誕生日。
終盤になってのシーソーゲームにスレはこの春一番の加速。作新が再びリードを奪ったところで作新・小針監督が勝負手を打つ。
疲労の蓄積でしばらく投球から遠ざかっていたという小川をセンバツ初マウンドへ送り込むと、
その小川がダイブを見せつつ1アウト二塁とピンチを背負うとベンチ入り最後のメンバー・福富をマウンドへ。
最後は代打・遠山のサードゴロ、サードの送球が逸れかかるも、ファースト・齋藤がなんとかキャッチ。
ヘッドスライディングをした遠山に半ばのしかかるような形で27個目のアウトをなんとかもぎ取った。
総力戦を制した作新がベスト8一番乗り。英明は三度のリードを守りきれず、最後も一打サヨナラのチャンスを活かせなかった。


第八日(3月27日)
第一試合 光(山口) 1−7 山梨学院(山梨)
大谷で中一日空いての大会8日目。
初戦で完封の光・升田と2試合連続完投の山梨学院・林の両好投手の投げ合いが予想された。
すると、2回に両校が最低限の間に1点を取り合うという渋い点の取り方で試合の幕が開く。

3、4回はどちらにも点が入らず、次の1点がどちらに入るかが注目された5回だった。
山梨学院が天さんの2ベースを足がかりにチャンスを作って8番・林がジエンゴとなるタイムリー。
山梨学院が勝ち越すと、この後更に最低限でもう1点を追加、じわりじわりと光のエースを攻略し始める。

完全に流れをつかんだ山梨学院は6、7回にも2点ずつを追加。リードを6点まで広げて余裕の展開に持ち込む。
8回途中には球数が100球に達した林を降板させる余裕まで出てくるなど盤石の試合運び。
林は三者連続三振で立ち上がるなど今日も快調なピッチング。2回戦で四死球0だったコントロールは健在で、よんたまは無し。
すないぽもJKに学ランを貸し出した光の代打・大谷にぶつけた制裁の一撃だけで実質ノーカンという内容だった。

光は頼みのエース・升田が中盤以降攻略され、打線も林を捉えきれないままここで終戦。
それでも学ランの貸し出し、かっこいいオリジナルのチャンステーマ、リリーフのレアルとネタを豊富に提供。
初戦で見せた升田の投球という実力面以外でもネタの方面でもグッドルーザーとして春の甲子園を去った。
山梨学院は初の1大会2勝から更に飛躍して初のベスト8入り。関東王者の看板に偽りなしというところを見せている。

第二試合 高知(高知) 4−6 専大松戸(千葉)
初回の高知の攻撃、三塁への盗塁を刺そうとした専大松戸キャッチャー・吉田が悪送球。
やらかしで高知に先取点が入ると、この試合の前半は両チームやらかしの応酬に。

2回には高知がベースカバーの連携ミスでゲッツーを取り切れなかった挙句、送球をカメラマン席に放り込み、
一塁ランナーは二塁でアウトになるはずが安全進塁権を得てホームイン。マイクパフォーマンスマニアも満足の展開に。
チャンスの続く専大松戸はスク水を仕掛けるも失敗、だが流れを掴みきれない高知はARAKAKIが出るなどサイドピンチを迎えて失点。
一転して3回の高知の攻撃では牽制悪送球でランナーが進んで3点目のホームを踏んで高知が1点差に迫る。
他にも、牽制でランナーが刺される場面があったり、ダメイデンが出たりと、どちらも攻守にやらかしを連発。
しまいにはNHKのアナウンサーがアルプスリポーターの名前を間違えたり、間違えられたリポーターも自分のアルプス席がどちらかを間違えたりと、
そのやらかしはグラウンド外まで波及。専大松戸・広川が2回に打った2ランお誕生日もかすんでしまう試合展開に。

このやらかし合いに前半でスレもヘトヘト。それを察したか、中盤からは途端に3939の試合展開に。
専大松戸・平野はスタンドからの5才児の声援も受けつつ、4回以降は立ち直って粘りの投球を見せると、
高知も2回戦同様に西村真から平、辻井とつないで専大松戸に5点目を許さない。
7回には平野が辻井の頭部をすないぽしてピンチを招くもこれをしのぐと、辻井も無事マウンドに戻って直後の攻撃を三者凡退に。

この均衡がついに8回に破られる。高知は2アウトから3番・高塚、4番・山平の連続長打。ついに高知が追いつく。
が、その裏に専大松戸が手話ニュース間にチャンスメイク。内野安打とメイデンに高知・辻井のARAKAKIなども絡んで一、三塁。
同点の終盤とあって前進守備を敷く高知内野陣だったが、5番・太田がその間を破る勝ち越しタイムリー。
今日お誕生日を打っていた6番・広川も続くとバックホームをキャッチャーが弾いて6点目。専大松戸がすかさず突き放す。

再びリードをもらった専大松戸・平野が最後の力を振り絞る。140キロ台の真っすぐを続けるなど、
ランナーは1人許したものの最後はとうとう投げなかった高知のエースナンバー・中嶋をみのさんで仕留めてゲームセット。
山梨学院に続き、専大松戸も今大会で初めて甲子園1大会2勝を挙げ、関東勢3校目となるベスト8への名乗りを上げた。
先制点は奪ったものの攻守にやらかしが出て流れを手放した高知はここまで。エンドレスガガともここでお別れとなった。

第三試合 海星(長崎) 2−3 広陵(広島)
神宮準優勝、優勝候補の一角とも目される広陵に対してまずは海星が先手を取る。
2回にはランナーを二塁に置いて8番・井坂の当たりは詰まった高いバウンドのセカンドゴロ。
広陵セカンド・松下がチャージして一塁へ送球するも、この送球がわずかに逸れてバッターランナーはセーフ。
この間に二塁ランナーが還って先制すると、9番ピッチャー・吉田がジエンゴとなるタイムリー。
下位打線で2点を取ったことで試合の前半は海星ペースで進んでいく。

ジエンゴもした吉田は度々広陵打線に強烈な打球を浴びるも、野手の正面をつくなど運にも恵まれ0を並べていく。
一方、打線も広陵の2年生エース・高尾相手に球数を稼ぎ、追加点は奪えないまでもジワジワと追い詰めていく。
だが、そんな海星ペースを引き戻したのはやはり広陵の強力打線だった。長打を足がかりにチャンスを作る。
5回に7番・中尾がミルクティーで三塁へ進むと、8番・高尾が追撃の最低限。これで1点差に詰め寄ると、
6回にも先頭の田上が3ベースで出て2番・谷本の最低限。結果的にはタイムリーなしで広陵が追いつく。

続くピンチをしのいだ海星の先発・吉田だったが、7回にも先頭をヒットで出してしまう。
8番・高尾をダメイデンに仕留めはしたものの、9番・松下にヒットで繋がれて一、二塁。打席には先ほど3ベースの1番・田上。
田上の当たりは二遊間への強烈なゴロ。海星セカンド・田中はゲッツーを取ろうとするあまりに送球体勢に入るのを逸ったか、
打球は田中の股間を破ってしまう。海星にとっては痛すぎるやらかしが出てついに広陵が逆転。
それでも、吉田の後を受けた2番手・高野が広陵のポイントゲッター・ボンズ真鍋を三振に打ち取るなど最小失点で食い止める。

だが、球数を投げさせられた広陵・高尾は1点を返したところからさらに良くなる。
6、7回は三者凡退に抑えるなど、6回以降は海星打線をノーヒットに封じ、チャンスの芽もほとんど与えなかった。
初戦3安打のボンズ真鍋が海星投手陣にノーヒットに封じられるなど苦しんだ広陵だったが、
終わってみればタイムリー0で3点をしぶとく奪い、エース・高尾が155球、自責点は0という粘りの投球で守り抜いた。
海星は序盤に流れを掴んで健闘したものの、地力に勝る広陵に対して最後に痛すぎる守備のほころびが出てしまった。


第九日(3月28日)
第一試合 大阪桐蔭(大阪) 1−0 能代松陽(秋田)
大阪桐蔭の先発はエース・前田ではなく南(恒)。初回から三振を2つ奪うなど上々の立ち上がりを見せると、
打者一巡をパーフェクト、5回まで能代松陽打線をノーヒットに抑える完璧なピッチング。
だが、能代松陽のエース・森岡も負けていなかった。初回によんたま2個を出して迎えたピンチをしのぐと、
こちらも5回までノーヒットピッチング。なんと5回を終えて両校ともにHなしという禁欲的なゲームに。

大阪桐蔭・西谷親方の「大きいのが打てない」という発言が今度こそホンモノなのかとざわつくスレ。
6回には両チームとも初Hが出るも、後続でゲッツーを取り合うなど6回まで0-0の守り合いが続き、試合は終盤へ。
7回表の能代松陽はボテボテの内野安打によんたま、ARAKAKIも絡んで1アウト二、三塁の絶好機を迎える。
が、ここは南(恒)が踏ん張る。6番・柴田を三振、7番・森岡もフライに打ち取ってジエンゴを許さない。
するとその裏の大阪桐蔭は先頭の4番・南川が右中間最深部への3ベースで出塁。こちらもチャンスを迎えると、
1アウトになってから6番・村本が3バントスク水性交。大阪桐蔭が小技で欲しかった先取点を奪う。

粘りたい能代松陽は8回に内野安打にやらかしが絡んでランナー二塁、打順も1番に戻っていく理想的な展開を迎える。
するとここで親方が動く。3安打ピッチングの南(恒)からここでエースの前田にスイッチ。
前田は期待通りに後続2人を7球で料理。9回には先頭の3番・山田をヒットで出したものの、
続く齋藤のメイデンをファースト・佐藤がダイビングキャッチでダメイデンゲッツーに仕留めるなど反撃ムードを断ち切った。

能代松陽はエースの森岡が99球1失点完投、守ってもノーエラーに加え再三好守備を見せており、
逆に大阪桐蔭はわずか2安打、守っても2やらかしと、内容だけを見れば能代松陽に軍配が上がってもおかしくなかったが、
きっちりとワンチャンスを仕留められたかどうかが勝敗を分けた。

第二試合 東海大菅生(東京) 1−0 沖縄尚学(沖縄)
沖縄尚学は2戦連続完投の東恩納ではなく背番号10の儀部を先発させると、東海大菅生打線が積極的に早いカウントから仕掛ける。
結果、1回を7球、2回は6球。3回も10球、3安打を放ちながらも早打ちで儀部に次々とアウトをギブしてしまう。
それでも4回には連打と盗塁で作ったチャンスに5番・新井がキッチリ最低限。東海大菅生が先手を取る。

追いかける沖縄尚学は5回にビッグチャンス。よんたま、すないぽ、バントヒットでノーアウト満塁の大チャンス。
今日先発の東海大菅生のエース日當を攻め立てると、ここでアルプスから沖尚サンバこと浦学サンバ(モリシサンバ)が。
スレでは嫌な予感を覚えるレスもチラホラ見える中、沖縄尚学はここから三振とホームゲッツー。大チャンスを無得点で終える。
「チャンテが悪い」「モリシのせい」などと原因の究明が続く中、沖縄尚学は続く6回にもチャンス。
ヒットと長打でランナー二、三塁として今度は反省したのか「ハイサイおじさん」を演奏。だが、モリシサンバの残り香があったらしい。
スク水空振りで三塁ランナーが飛び出し、挟まれている間に二塁ランナーが三塁へ進塁。
三塁ランナーが三塁に戻って塁上に2人のランナーが居る状態で、東海大菅生のキャッチャー・北島が双方にタッチ。
三塁の占有権がなくアウトになったのは後にタッチされた二塁ランナーの方だったが、
先にタッチされた三塁ランナーがアウトになったのは自分だと勘違いして離塁。すかさず北島がタッチしてアウトが2つ増える羽目に。

一方の東海大菅生も今日は守りがとにかく怪しく、高いフライを三度にわたってポロリ。
そのうち一度は打ち取ってチェンジを確信したエース・日當のガッツポーズを無にする結果となり、
誰彼ともなくかつての山陰のジャイアンこと開星・白根を思い出すスレなのであった。
次の対戦相手に大阪桐蔭が決まっていることもあり、譲り合いになっているのではと邪推する向きも。

沖縄尚学は9回に先頭が出て最後の抵抗を試みるも、ここもモリシサンバの前に後続が倒れて試合終了。
第1試合と同じスコアとは思えないネタまみれの譲り合いの末に東海大菅生が大阪桐蔭に捧げられることに。
東海大菅生のエース・日當は途中明らかにキレ気味の表情を見せつつも完封。儀部、東恩納との投げ合いを制した。

第三試合 東邦(愛知) 4−5x 報徳学園(兵庫) (延長10回・タイブレーク)
競り合い、譲り合いときてどういった試合展開になるかが注目された第3試合。
報徳は先発に今大会初マウンドの2年生、今朝丸を送り込むとその今朝丸が期待に応える好投。
東邦打線を打者一巡パーフェクトに抑えるという絶好の立ち上がりで報徳に流れを呼び込む。

すると、報徳打線が2回に東邦のエース・宮國に襲いかかる。1アウトから6番・西村がヒットで出ると、
ここから繋ぎに繋いで5連打。東邦も外野陣が懸命の送球でランナーを二度ホームで刺すなど、
打ちも打ったり、守りも守ったりと双方の攻防が激突。白熱の試合にスレもこういうのが見たかったんだと言わんばかりの盛り上がり。
結果的に報徳が先制すると、これを足がかりに宮國を攻略。3回には最低限で1点を追加すると、
4回には8番・林にお誕生日が出るなど更に2点を追加。4回までに宮國に11本のヒットを浴びせて試合を優位に進める。

東邦も4回に3本のヒットを集めて1点を返したものの、報徳・今朝丸に手を焼いたまま試合は後半に突入。
劣勢を挽回したい東邦は継投で流れを引き戻しにかかる。6回の守りから2番手としてライトから岡本を召喚。
すると、6回の報徳を三者凡退で片付けた岡本が7回の先頭バッターとして2ベースを放つ。
続く6番・上田のメイデンを今朝丸がやらかし。ピンチが拡大すると7番・南出が追撃のタイムリー。
この後内野ゴロでもう1点を返し、更に1番・中村ナイトがサードのグラブを弾く同点タイムリー。ついに今朝丸を捕まえる。

この後は東邦が岡本、報徳は今朝丸から間木、そしてエースの盛田へと繋いでともに無得点。
タイブレークマニアが服を脱ぎ始める準備を始める9回裏、東邦・岡本は先頭の1番・岩本によんたまを出してしまう。
報徳は2番・山増が確実にメイデンを決め、サヨナラのランナーを得点圏に置いて中軸に託す。
野太いアゲアゲホイホイが甲子園にこだまする中、3番・堀がセンター前に弾き返す。
岩本がホームを突くが、今度は東邦センター・上田が完璧なバックホームで岩本は悠々アウトに。
東邦外野陣全員がバックホームでランナーを刺すという偉業を達成するなどして9回の報徳を0に抑える。

この春2回目のタイブレークは10回表の東邦の攻撃を報徳エース・盛田が1アウト二、三塁から内野フライとずばさんで0に抑える。
その裏の報徳は4番・石野がメイデン、5番・辻田を申告敬遠。東邦は満塁策に懸け、6番・西村を迎える。
すると西村が2球目を弾き返してライト前へ。満塁でヒットにされては鉄壁の外野陣でもどうしようもなかった。
投打に加えスタンドの応援を含めても互角の一戦は報徳に軍配。東邦は最後までリードできずにセンバツ単独最多勝とはならなかった。

第四試合 龍谷大平安(京都) 1−6 仙台育英(宮城)
センバツには珍しい4試合日にタイプの違う様々な1点差試合を実況し続けややお疲れのスレだが、
そんな事はお構いなしに試合は初回から動く。仙台育英が1番・山田がヒット、すかさず盗塁も決める。
ARAKAKIで三塁まで進むと、内野ゴロの間に生還。龍谷大平安の先発・氷召領ち上がりを攻める。

すると、今日の仙台育英は執拗に足を絡めた攻めを見せる。2番の橋本・9番の浜田が2盗塁ずつするなど今日はチームで5盗塁。
エンドランも度々仕掛けて平安・氷召縫献螢献蠅肇廛譽奪轡磧爾魍櫃韻討い。
7回にはメイデンも使って作ったチャンスに、最低限の内野ゴロと、相手のやらかしで2点を追加。リードを4点に広げる。
仙台育英の先発は初戦でリリーフとして登場した湯田。ユダは期待を裏切らない投球を見せる。
龍谷大平安打線を7回まで散発3安打に封じ、与えた四死球も0で二塁さえ踏ませない投球。
平安も時折ランナーを出しながらそこからの攻めに工夫の余地がなく、スコアボードに0を並べてしまう。

8回にはこの試合初めての長打を足がかりに、ピンチに登場した平安2番手・岩井から仙台育英9番・浜田がトドメの2点タイムリー。
リードが6点に広がったところで8回は甲子園初マウンドの田中を送ると、平安はヤケクソあやしい曲を発動。
よんたまの後で1番・白石にヒットが出て二塁を踏み、更に三塁まで到達するも、2番・稲内が倒れてホームには帰れず。
仙台育英は9回にも甲子園初マウンドの佐々木が登板。平安はキャプテン・山口が佐々木の初球を捉えて意地のお誕生日を放ち、
その後もランナー2人を溜めたがそれ以上にはつながらず。あやしい曲に効果はあったものの、攻守ともに終始受け身に回ってしまった。

仙台育英は大谷で詰まった日程を前に高橋、仁田といった実績あるピッチャーを温存することに成功。
ベスト8最後のイスを勝ち取り、夏春連覇、紫紺の優勝旗の白河越えへとまた一つ階段を登った。


第九日(3月28日)
第一試合 作新学院(栃木) 3−12 山梨学院(山梨)
作新は2回戦・3回戦に続いて今日も背番号1の川又を先発マウンドへ。ここまで2試合は3回、1回とオープナー的に使われていた。
そんな川又は初回こそ0に抑えはしたもののこの時点で2よんたまと焦げ臭さを感じさせる立ち上がり。
すると4回に山梨学院の8番・林にレフトへのジエンゴを決められて1点先行を許す。そしてハイライトは3回だった。

先頭の2番・星野にヒットを許すと、川又はストライクが入らなくなる。2点を追加されなおも2アウト三塁となってから、
よんたま、すないぽ、すないぽ、よんたま、よんたまと続いて3者連続どすこい。突如として押し相撲力士に変貌してしまう。
ここまで2試合すぐに動いた小針監督も今日は行けるところまで川又、と思っていたかもしれないがさすがに限界だったか。
3回持たずに四死球8を出してしまい川又はここで降板。代わった市川も3番・岳原にタイムリーを浴びるなどこの回7失点だった。

山梨学院は4回にも連続長打などで2点を追加。今大会29試合目にしてついに10桁得点に到達した。
が、序盤で一方的になってしまったこの展開にスレも若干冷ややかな対応。いずれにせよ、山梨がセーフティーリードを確保した。
そして川又とは対照的に今日も山梨学院の先発・林のコントロールいいピッチングが冴えわたる。
今日も8回までよんたま、すないぽは無し。今大会33回 2/3回を投げてよんたま1、すないぽ1(制裁)と数字が制球力を裏付ける。
点差も開いたこともあって作新は攻撃にも打つ手なし。作新1番・高森がお誕生日含む猛打賞2打点と気を吐くが、
攻撃はいずれも単発に留まり、英明戦のような畳み掛ける攻撃は林の前にできなかった。

作新は今日も16人を登用したものの、3回に失った7点はあまりにも重すぎた。
山梨学院は3回戦に続いて今日も背番号10の中田が試合を締め、攻守にわたって作新を圧倒。
終わってみれば関東王者と関東ベスト8という肩書き通りの差に。山梨学院が山梨勢8回目となる甲子園準決勝に挑むことになった。

第二試合 専大松戸(千葉) 2−9 広陵(広島)
専大松戸はエース・平野を3戦連続先発に送ったのに対し、広陵は高尾ではなく背番号10の倉重を先発に起用。
すると、専大松戸は2回の攻撃で倉重に球数を投げさせる。6番・広川が10球粘ってヒットを放つなどして満塁。
ここで8番・平野がこの春初ヒットでジエンゴ。前の試合に引き続き関東のエースがジエンゴで先手を取るという展開。
だが、なおも満塁のチャンスが続く中9番・上迫田、1番・大森は凡退。倉重が踏ん張ってZGSにしたことで流れが傾く。

その裏の広陵はヒットとラッキーな内野安打でランナーが2人出て、6番・中尾はメイデン。
が、平野が一塁への送球をやらかし。これで広陵が同点に追いつくと、7番・濱本が勝ち越しの2点タイムリー。
このあともう一度満塁にして2番・谷本にも2点タイムリー。平野は自らのやらかしから崩れて5失点、ここでKOされてしまう。
代わった2番手・渡邉からは中井監督からのポン酢呼びからの脱却を目指すボンズ真鍋がダメ押しの2ベース。

4回には真鍋が2回戦以来の猛打賞となる2ベースなどで更にリードを広げる。第1試合に続いて序盤で大差がつく展開にスレも意気消沈。
まるで第1試合をなぞるような試合となり、6回に専大松戸の4番・吉田のソロお誕生日が焼け石に水になるのも変わらず。
専大松戸はツキにも見放され、8回にはランナー一塁から3番・中山のセカンドゴロがイレギュラー。
ジャンプした広陵セカンド・松下が前に弾くが、そこがちょうど二塁ベース。小林、真鍋と渡って曲芸ゲッツーが成立してしまう。

専大松戸は10桁失点を免れるのがやっと。2回の攻防でもうひと押しがあったかどうかが最後まで明暗を分けた。
広陵は3番・真鍋、4番・小林がともに3安打と中軸が好調。投げる方も倉重から田村に繋いで今日は高尾を休ませることに成功。
高尾以外の17人を全員起用するなど経験値稼ぎにも余念がなかった広陵がセンバツでは12年ぶりとなるベスト4進出を決めた。

第三試合 大阪桐蔭(大阪) 6−1 東海大菅生(東京)
2021年夏、大谷によるノーゲーム以来となる対戦。当時の選手もアルプスで見守る中プレイボールがかかる。
東海大菅生の先発はひなたそこと日當ではなく、末吉を抜擢。この末吉が1・2回とランナーを背負うも0で抑える。
すると、ここで東海大菅生の上田監督が動く。打者2巡目に入るところで2番手として島袋を送り込む。
が、先頭の小川によんたまを出すと、メイデンが2本連続内野安打になって満塁。東海大菅生がやや不運な形でピンチを迎える。
ここで大阪桐蔭の4番・南川がライト前へタイムリー。2点を先制すると、5番・佐藤のメイデンをフィルダースチョイス。
傷口が広がったところでひなたそが登場するも、最低限にタイムリーでこの回都合4点。スレは早々にお通夜ムード。

というのも、大阪桐蔭の先発が前田だったからか。4回に最低限で1点は失ったものの、毎回のように三振を重ねる。
6回にはピッチャー返しを左ヒザに受けたものの、その後も意に介さず続投。変わらぬ投球を見せる。
8回のマウンドで初戦・敦賀気比戦に続いての10桁奪三振に到達、よんたま・すないぽも0と安定感抜群であった。

大阪桐蔭は5回に5番・佐藤の甲子園初Hとなるお誕生日で1点を追加。6回にもボテボテのタイムリー内野安打で6点目を奪う。
1試合目が12-3、2試合目が9-2と、勝利チームが3点、敗戦チームが1点を減らしていたこともあり、
その比率のままの6-1というスコアになったことで少しソワソワし始めるスレ。
すると7回以降はひなたそ、前田の両投手が0を並べ続けて見事6-1達成と相成った。

東海大菅生は3回戦に比べれば格段に良くなった守備を披露し、先発・末吉や3番手のエース・ひなたその力投はあったものの
不運な内野安打をことごとく足がかりにした大阪桐蔭の試合運びの前に屈してここで脱落。ノーゲームの雪辱は果たせなかった。
昨年センバツのお誕生日記録を更新した大阪桐蔭はようやく1本目が飛び出すなど、今日も小技中心の攻め。
守りに怪しさも垣間見えたものの、前田がその傷口を広げずに淡々と投げぬいて今年もベスト4にコマを進めている。

第四試合 報徳学園(兵庫) 5x−4 仙台育英(宮城) (延長10回・タイブレーク
12−3、9−2、6−1と何やら法則性をもったスコアで推移する今年の準々決勝。
3−0を期待するレスもチラホラある中、試合は初回から動く。
1回裏、仙台育英の先発・仁田は2アウトから3番・堀、4番・石野を警戒して歩かせてしまう。
5番・辻田がヒットを放つが、前日の東邦戦でホームで3度タッチアウトになったトラウマからか、ここは自重して満塁にすると、
昨日サヨナラタイムリーの6番・西村がライト前に2点タイムリー。報徳が先手を取ると、仙台育英は2回途中で仁田から高橋に継投。
だが、メイデンと内野安打でランナーが三塁に進むと、内野ゴロの間に報徳が1点を追加。
早々に3−0というスコアになり、以後はチャンスになるたびにソワソワするレスもある中、
仙台育英は高橋が3回から5回まではヒット1本に封じると、報徳・間木は再三ランナーを背負いつつゲッツーでしのぐ。

3−0のまま進んだ6回に仙台育英は2アウト一、三塁のチャンスを迎え、7番・濱田。
間木の変化球にバットが空を切るものの、ワンバウンドした球を報徳・堀が抑えきれずに振り逃げ。
この間に1点を返し、今日のスコアの法則性を崩壊させると、続くバッター高橋に対して代打・下山で勝負する仙台育英・須江監督。
が、ここは堀のリードに間木が応える。最後は先ほどARAKAKIになったスライダーで三振に仕留め、最小失点で切り抜ける。

ここから両チームは決死の継投策。報徳は7回から盛田、8回途中からは前日先発の今朝丸に繋いで抑えると、
一方の仙台育英は6、7回は湯田、8回には4番手・田中に繋いで相次ぐピンチを耐え抜き報徳に追加点を許さない。

とうとう3−1のまま9回。今日イチ締まった試合にスレも加速する中、2アウトから2番・橋本がよんたまを選ぶ。
ここでこのセンバツノーヒットの3番・寺田のところで代打・永田。その永田は初球を打ち上げてセンターへのフライ。
誰もが試合終了を確信した次の瞬間、報徳センター・岩本はボールに触れず落球、一塁から橋本が一気に生還、1点差とする。
スレでは開星のセンターが引き合いに出される中、続く4番・齋藤ひなたそがレフト前へ。
永田の代走の登藤が二塁から間一髪ホームイン、土壇場でついに仙台育英が追いついてスレはさらに加速した。

その裏、2アウト二、三塁と攻める報徳。ここで6番・西村は今日先制タイムリー、前日サヨナラタイムリー。
そんな持っている男をセカンドゴロ。ここは仙台育英・田中が耐え抜いて両校ともこのセンバツ2回目のタイブレークに突入。

先攻の仙台育英はメイデンで二、三塁の形を作って7番・濱田がライト前に落として1点を奪うも、後続は倒れて1点止まり。
するとその裏、報徳7番・竹内のメイデンを途中からサードに回った登藤が痛恨のやらかし。この間に報徳が追いつく。
この後2アウト満塁となって2番・山増。追い込まれてから田中の渾身の一球を流すとボールはレフト前に弾む。
報徳があわや開センの二の舞いになりながらも、なんとか振り切って2試合連続のタイブレークサヨナラ勝ち。
仙台育英はマモノの加護で一度は追いつきながら、最後は自らにもやらかし。夏春連覇の夢はここで断たれた。

第十日(3月31日)
第一試合 山梨学院(山梨) 6−1 広陵(広島)
山梨学院は今日もエースの林が先発。広陵は準々決勝で温存された高尾が中3日で登場。
コントロールに定評のある林だが初回いきなり1番・田上に2ベースを許すと3番・真鍋にはよんたま。
直後に4番・小林に最低限を浴びて先制を許すが、山梨学院もすかさず反撃。
4番・高橋がヒットで出るとARAKAKIなどで三塁へ進み、6番・天さんが最低限。
両チームのキャプテンが渋い仕事をして1点を奪い合うと、ここからは両エースの投げ合い。

林は毎回ヒットを浴びながらも2回以降は0を並べていき、よんたまも0と元のピッチングを取り戻すと、
高尾は3、4回を三者凡退に抑えるなどどちらも得点の匂いを感じさせないまま中盤がすぎる。
7回の山梨学院は先頭がヒットで出るもエンドランを失敗して単独スチールをマジャられると、
直後に天さん2ベースから7番・大森がセンター前へ。本塁に突っ込んだ天さんは微妙な判定の前にタッチアウト。
ちぐはぐな攻撃になってしまい勝ち越しを逃すと、その裏に9番・高尾のピッチャー返しを林が利き腕に受けてしまう。
スレでも影響が心配されたが、林は後続を断つと8回には2アウトからヒットとすないぽで迎えたピンチ。
フルカウントで投じた林の真っすぐを7番・松下がボールと確信して見送るもこれがストライクの判定。
広陵も勝ち越しのチャンスを逃してとうとう1-1のまま9回へ。

高尾も球数が130球を越えてきたところでついに山梨学院打線が高尾を捉える。
先頭の2番・星野がヒットで出てメイデンで送ると4番・高橋がセンター前へ。星野が本塁へ突っ込む。
先ほどはストライク返球で判定に持ち込んだ広陵センター・田上のバックホームが今度はわずかに逸れる。
星野がホームインしてついに勝ち越すと、この後5番・佐仲がライト線へ。ライト・金山のダイビングも及ばず3ベースになると、
6番・天さんはレフトオーバーで続いてメイデンを挟んでの4連打。3点を勝ち越してついに高尾をKOする。
この後2番手の倉重からもう3本ヒットを重ねてこの回だけで7安打5得点のビッグイニングとなった。

その裏、林はヒット1本を浴びながらも後続を断って無失点。終わってみれば毎回安打を打たれながらも1失点完投。
高尾との我慢比べに勝利した林が山梨学院を山梨勢8度目となる準決勝で初勝利、そして初となる決勝進出へと導いた。
広陵は毎回のようにチャンスを迎えながらも林の前にあと一本が出ず、10残塁で高尾を見殺しにしてしまった。
真鍋はネクストで試合終了を迎えた。今日はよんたま1つを選んだのみでノーヒット。夏までポン酢扱いになりそうだ。

第二試合 大阪桐蔭(大阪) 5−7 報徳学園(兵庫)
昨秋近畿大会の決勝戦の再戦となった一戦。西谷親方にとっては母校との一戦に甲子園最多勝タイを懸けることとなった。
大阪桐蔭は前田ではなく3回戦・能代松陽戦にも先発した南(恒)が先発。1・2回を三者凡退と最高の立ち上がり。
一方の報徳学園は盛田が先発。ナックルを織り交ぜつつ適度に荒れた球で的を絞らせずこちらも1・2回を0に抑える。

が、盛田の荒れ球も3回に制御が効かなくなる。先頭をよんたまで出すと2アウトからARAKAKIを出した後でもう一つよんたま。
3番・徳丸に今日カウントが取れていたカーブを狙われて先制タイムリーを許すと、4番・南川にもよんたまで満塁。
満塁という酷な状況でバトンを託された2番手・間木は初球をぶつけてどすこい。押し出しで親方に2点目を献上してしまう。
こういう勝負どころを逃さないのが大阪桐蔭。6番・長澤が2点タイムリー、7番・村本もタイムリーで一挙5点。
親方の言う通りに大きいのは出ていないものの、しっかりつないでくる大阪桐蔭打線の相変わらずの強さにスレも消沈しかかる。

だが、秋の雪辱に燃える報徳はその裏、当たっている7番・林のヒットを起点にチャンスメイク。大音量のアゲホイが轟く。
ランナー二、三塁となって9番・間木はボテボテの内野安打。ラッキーな形で追撃を開始すると、この回最低限でもう1点。
声出し応援再開の恩恵を一番受けているであろう報徳が簡単には流れを渡さない。この後試合は膠着状態に。

大阪桐蔭は前田が準備しつつも南(恒)が4回から6回までは力投。そのまま7回のマウンドにも上がる。
だが、先頭の5番・辻田、続く6番・西村に連打を許し暗雲が立ち込めると、このセンバツ大当たりの林がレフト線にタイムリー2ベース。
1点差に迫り続く8番・竹内にセーフティメイデンを鮮やかに決められたところで西谷親方は前田をマウンドへ。
その前田の初球を代打・宮本が捉えてレフト前へ。三塁ランナーが還ってついに報徳が追いつく。
なお、一塁ランナーが一度一塁に戻ったか、二塁でフォースアウトになったため記録はレフトゴロというおまけのネタもついた。
前田がこの回は後続を断ったが、続く8回の大阪桐蔭の攻撃はヒットで出たランナーを動かしにかかるも、
NHK・坂梨アナが「どひゃあ」と形容した報徳キャッチャー・堀の強肩に刺されてチャンスを潰す。

こうなると完全に流れは報徳。8回に先頭の2番・山増がよんたまを勝ち取ると1アウトとなって4番・石野。
レフトオーバーの当たりでクッション処理をもたつく間に一塁から山増が一気にホームイン。ついに報徳が逆転。
2アウトとなってから西村の二遊間への当たりはショートのグラブを弾く内野安打となってさらにもう1点。
前田と中学時代の同級生という属性持ちの林が、打点こそつかないもののヒットでつなぐなどスレも甲子園も報徳ムード一色に。

このリードを8回からマウンドに上がった報徳3番手・今朝丸が守る。9回は大阪桐蔭も1番からの好打順だったが、
2アウトからよんたまをだしたものの、4番・南川の当たりはセンターへ。最後は報徳・岩本が準々決勝の悪夢を繰り返さない堅実なキャッチでゲームセット。
戦前には「西谷先輩に母校の校歌を聞かせたい」と意気込んだ報徳・大角監督としても有言実行となった。
5点差をひっくり返す会心の逆転劇、「逆転の報徳」の看板が錆びついていないことを示し、21年ぶりとなるセンバツの頂点まであと一つに。
大阪桐蔭は昨夏に続いてリリーフ・前田が打たれ、春連覇はここで霧散。西谷親方も甲子園通算最多勝タイ、センバツ単独最多勝がお預けに。


第十二日(4月1日)
決  勝 山梨学院(山梨) 7−3 報徳学園(兵庫)
開幕戦にも登場した山梨学院がついに決勝戦に登場。先発・林は今日も先発マウンドへ。
これで6試合目の先発となった林だが、やはり疲れもあるのかいきなり報徳1番・山増によんたま。
ここまでわずか2よんたまの林の疲れを危惧する声もスレでは上がる中、林はなんとか3回まで0を並べる。

が、4回に昨日大阪桐蔭も飲み込んだ報徳打線に火がつく。先頭の3番・堀がサード強襲の内野安打。
4番・石野もヒットで続き、メイデンを挟んでランナーが二、三塁に。打席には6番・西村。
ここで投球モーションに入った林が踏み出した左足のかかとがマウンドに引っかかってしまう。
たまらず投球モーションが中断、これでボーク宣告。先制ボークという珍しい形で報徳が先手を取ると、
西村も即座にタイムリーで続いて2-0。今日も甲子園とスレにアゲアゲホイホイがこだまする。

報徳の先発は2年生・間木。4回まで1安打ピッチング。打たれる気配がしなかったが、5回に突如として大波が訪れる。
1アウトからよんたまでランナーを出すと、8番・林が正真正銘のミルクティー。ランナー二、三塁と自らチャンスを作る。
これがBIG WAVEの始まりだった。9番・伊藤がレフト前に2点タイムリーで同点に追いつくと、1番・徳弘もヒットで3連打。
この勢いを間木が止められない。2番・星野にもレフトに運ばれて山梨学院が3-2と1点を勝ち越すと、
3番・岳原は右中間への2ベース。報徳ライト・石野がもたつく間に一塁ランナーも還って一挙に5-2。

昨日の広陵戦の9回も思わせる5連打で一気にひっくり返すと、ここでついに間木はKO。今朝丸が2番手で登場。
代わってすぐの4番・高橋のサードゴロを報徳サード・西村がファインプレー。これで流れが切れたかに思われた。
が、続く5番・佐仲がレフトスタンドへのお誕生日。このセンバツ山梨学院初のお誕生日でついに7-2。
この回ヒット6本で一挙7得点。山梨学院のBIG WAVEに報徳が完全に飲み込まれた5回裏の攻防であった。

なんとかしたい報徳は8回に1番・山増がヒット、2番・岩本が落球後初Hとなるセーフティバントを決めてノーアウト一、二塁。
三塁側の報徳アルプスのみならず、外野の一部にもアゲホイダンスが波及、山梨学院は全方位敵という状況。
だが、林は動じない。今日ヒットを打っている3番・堀、4番・石野を連続内野ゴロ。1点は返されるも最小失点で食い止める。

これが報徳のラストチャンスだった。9回は林が三者凡退。今大会4回目の完投で締めくくった。
5回以外はほぼ完璧に抑えていた報徳投手陣にとっては結果的に悪夢の5回。たった一度のBIG WAVEが全てを決めてしまった。
山梨学院は学校初の1大会2勝から一気に駆け上がってついに山梨勢初となる甲子園優勝の歓喜に。
選手交代はリリーフで2回登場した背番号10の中田のみ。ほぼ精鋭9人で戦い抜いての頂点だった。
2023年04月01日(土) 18:00:09 Modified by jockmanias




スマートフォン版で見る