禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

^匕靴里△詬撞靴任△蝓⊃佑某魴匹稜阿魑こさせるほどの僧の行い。行住坐臥という四威儀に代表される、僧侶の正しい振る舞い。古来から、僧には三千の威儀、八万の律儀があるとされる。日本曹洞宗では近代以降、自らの宗風について、威儀即仏法作法是宗旨と表現することが好まれた。
僧侶が具えるべき正しい服装のこと。道元禅師は、威儀について説示される。
威儀を具すといふは、袈裟を著し、坐具をもち、鞋襪を整理して、一片の沈・箋香等を帯して参ずるなり。 『正法眼蔵』「陀羅尼」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます