曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

和尚よりも更に高徳の僧に与えられた称号。日本では鑑真和上に対して、淳仁天皇から最初の大和尚号が与えられた。
和尚とは、本来10年以上の修行を行った大衆の師表たる高徳の僧を意味している。現在の日本曹洞宗では、瑞世を終えて僧籍簿に登録された者に対して与えられる法階である。結制安居によって法幢を建てた者に対して与えられる法階が大和尚である。これらは『曹洞宗宗制』「曹洞宗僧侶教師分限規定」によって定めるところである。
道元禅師の時代には、△琉務としては存在せず、尊崇する仏祖に対して「大和尚」と付ける。
先師古仏天童堂上大和尚、しめしていはく、諸仏かならず嗣法あり、いはゆる、釈迦牟尼仏者、迦葉仏に嗣法す、迦葉仏者、拘那含牟尼仏?に嗣法す、拘那含牟尼仏者、拘留孫仏?に嗣法するなり。 『正法眼蔵』「嗣書」巻

また、「仏祖」巻を見る限り、歴代の仏祖はみな「大和尚」と呼ばれていたことが分かる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます