禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

「七逆罪」のことである。この罪を犯した者は、受戒が許されないとされるため、「七遮罪?」ともいう。いわゆる「五逆罪」に、殺和上と殺阿闍黎を加えたものである。
問ウテ云ク、受戒の時は七逆の懺悔すべしと見ゆ。如何。 『正法眼蔵随聞記』巻2-4

【内容】

具体的には以下の通りである。

1:出仏身血(仏身を傷害する)
2:殺父
3:殺母
4:殺和上(和上?とは受戒の師。その僧を殺すこと)
5:殺阿闍黎(阿闍黎とは教授師のこと。その僧を殺すこと)
6:破羯磨転法輪僧(教団の和合を不正に破ること)
7:殺聖人(阿羅漢を殺害すること)

なお、『梵網経(下)』第四十・四十一軽戒に、七遮罪の者に受戒させない旨が明記されている。しかし、道元禅師栄西?禅師の教えとして、七遮罪の者でも懺悔すれば受戒を許すべきだとし、それで菩薩が罪を得ても良いという(『随聞記』巻2-4)。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます