メニュー

プロダクト



プログラミング


  • Java
    • Web 技術
    • メール技術
      • JavaMail
      • Apache James Mailet
    • Web フレームワーク
      • Jakarta Struts
      • Jakarta Velocity
      • Jakarta Tapestry
      • WebWork2
      • Jakarta Jetspeed
      • Apache Cocoon 2
    • DB 技術
      • JDBC
      • Hibernate
      • Apache Torque
    • DI (IoC) コンテナ
      • Spring Framework
      • Seasar2
      • Apache HiveMind
      • PicoContainer
    • 属性プログラミング
    • テスティング
      • JUnit
      • Jakarta Cactus
      • DBUnit
      • djUnit
      • FitNesse
    • ロギング
      • Apache Log4j
      • Jakarta Commons logging
    • 分散コンポーネント技術
      • EJB
    • リッチ クライアント
      • Java Web Start
    • GUI
    • XML Web サービス
      • Apache Axis
      • Apache SOAP
    • アプリケーション管理
    • トランザクション
    • 開発環境
      • Apache Ant
      • Apache Maven
      • Apache Maven2
    • Eclipse
    • Tips
  • .NET Framework
  • PHP
  • XML
    • SmartDoc
  • 正規表現
  • VB, VBA, VBScript, ASP
  • C/C++

DBMS


  • MySQL
  • PostgreSQL
  • Oracle
  • Microsoft SQL Server
  • HSQLDB
  • SQLite
  • Apache Xindice

アプリケーション サーバ



OS



バージョン管理システム



未整理


最近更新したページ
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる

Red Hat/CVS Setting

リポジトリ用のディレクトリを作成


mkdir /usr/proj/cvsrepo
chown proj:proj /usr/proj/cvsrepo
chmod g+w /usr/proj/cvsrepo
chmod g+s /usr/proj/cvsrepo

リポジトリを初期化


cvs -d /usr/proj/cvsrepo init

ユーザの設定


Linux ユーザとしてアクセスすることを禁止


CVSROOT/config ファイルを編集します。

SystemAuth=no

CVS ユーザを作成


CVSROOT/passwd ファイルを作成します。形式は、

ユーザ名:暗号化パスワード:Linux ユーザ

です。

暗号化パスワードは htpasswd コマンドで作成できます。

Linux ユーザは、プロジェクト用のユーザを指定すると、パーミッションの問題が起こりません。

TCPWrapper の設定


/etc/services に記述します。

cvspserver 2401/tcp # CVS client/server operations
cvspserver 2401/udp # CVS client/server operations

/etc/xinetd.d/cvspserver に記述します。

# cvspserver
service cvspserver
{
    socket_type = stream
    wait        = no
    protocol    = tcp
    user        = root
    server      = /usr/bin/cvs
    server_args =-f --allow-root=/usr/proj/cvsrepo pserver
    disable     = no
}

権限を変更します。

chmod 644 /etc/xinetd.d/cvspserver

xinetd 再起動


/etc/init.d/xinetd restart

これで CVS が使えます。リポジトリを増やすだけなら、ディレクトリを作成して初期化するだけでいいです。
2006年01月11日(水) 11:30:30 Modified by uguuxp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。