あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

【閲覧注意】エリアルちゃんをダイスでエッチな酷い目に遭わせたいスレ より



「だ、だからえっと……これはっ……ひうっ♡」

 儚無みずきの小さな口から甘い声が溢れていく。幼い年齢に不釣り合いなほど膨らんだ乳房は今、興奮しきった少年にしゃぶりつかれていた。
 顔を真っ赤にして震えながらも、少年が頼んだ役柄は忘れない。

「おんなのこ、ココは……そうやって、なめられると……んぅっ♡すごく、きもちよくて……やさしく、あつかわないと……」

 ガクガクも背中が揺れて甘い声が止まらない。
 先生になりきって性教育してみて?と少年に言われたものの、みずきの知識以上に少年は手慣れている。
 みずき先生♪と13歳の少年は、見た目こそ年下のみずきにそんな風に語り掛けていく。
 それでもみずきもされるがままでは終えられず、口を引き結びながらも先生として振る舞った。

「そ、それからぁ……あっ♡おっぱいからでるミルクをのむと……あぁっ♡おとこのひとは、げんきになって……ひうっ♡」

 途切れ途切れになりつつも、みずきは必死に先生役をこなしていく。
 少年がわざとらしく、こう?とみずきの身体で実践してきていた。

「そ、そう……んっ♡それで、おとこのこのげんきになった、これはっ……てでシコシコすると……」

 ちゅーちゅーと胸を吸われながら、みずきは少年の肉棒を扱いていく。
 自分より一回りは大きい少年を甘やかすのはなんとも歪に感じたが、意外とムッツリスケベであったみずきはこういうシチュエーションにも興奮してしまう。
 そして何よりも、少年が可愛かったのだ。
 自分の胸に吸い付いて母乳を必死に飲み続ける様など赤ちゃんそのもので、お姉さんぶって頭を撫でてしまう。

(男の子に、いっぱい好き勝手にされて……)

 じゅわぁっとショーツの中が濡れた感触がして、とうとうみずきは性教育の最終段階へと進んでいく。

「おんなのこも、おとこのこも、きもちよくなったら……はぁはぁ♡ココに、おとこのこのをいれるんだよ……♡おいで……♡」

 リードするように言いながら、みずきは少年を迎えていく。
 吸われるだけでイってしまったのか、膣はすっかり濡れそぼっている。
 淫らなロリ巨乳のみずきに、少年も堪えきれなくなったのか一気に奥深くへ肉棒を挿し込んでいった。

「ふあっ……♡いっきに、おくまできたぁ……♡」

 シーツを掴み歪ませる。小柄なみずきの身体では容易く最奥まで肉棒が達し、少年が腰を揺すれば快感がダイレクトに与えられていく。
 少年は腰を打ち付ける度に激しく揺れるみずきの巨乳に、抗うことなくしゃぶりついていった。

「ひあっ♡ちゅーちゅーしちゃぁっ……ひうっ♡」

 音を立てながらしゃぶりつけば、みずきは甘い声を上げながら快感に振り回されていく。
 何かすがり付くものを求めて、少年の頭を抱き締めればよりいっそう胸に押し付けることとなっていた。
 少年も息苦しさを感じながらも、瑞々しい肌の感触に夢中になっている。

「せんせーのなか……あっ♡はぁはぁ……きもちいい?」

 甘い声で喘ぎながらも、みずきが尋ねれば少年はくぐもった声でだがもちろんと即答した。
 それに調子付けられたみずきは少年の頭を撫でながらその行為を受け入れていく。

「じゃあ、もっときもちよくなってね……よしよし……んっ♡」

 ずぷずぷと膣内を擦られながらも、みずきはその幼い身体で懸命に奉仕する。
 先生になりきって、教え子である少年に快楽を教え込む。
 それがどうしようもなく心地良くて、みずきはさらに少年を強く抱き締めて、自らも腰を振り始めていた。

「あんっ♡あっ♡すごいっ♡おっきぃ……ひうっ♡」

 限界まで張り詰めた肉棒が、何度も子宮口を突き上げてくる。
 その度にみずきの身体は震え上がり、甘い声が抑えられなくなる。
 蕩けた瞳は普段の大人しくて優しげな幼いシスターからかけ離れていた。

「あっ、はぁはぁっ♡せんせーのなか、すきなだけだしていいからぁっ……♡」

 そこまで言われれば少年はさらに激しく腰を打ち付けていく。
 乳首を吸う力も強まり、時折歯を当てたり舌で潰したりされて母乳が滲まされていた。
 激しすぎる行為は長くは続かず、やがて少年はみずきの幼い膣にありったけの精液を流し込んだ。

「んぅぅぅっっっっっ♡」

 一際激しい打ち付けと共にまたイカされて、小柄な身体をのけ反らせながら絶頂するみずき。
 瞳を蕩けさせ甘い吐息を溢す彼女に、先生のナカはすごく気持ちよかったよと少年は告げた。
 そして次は交代しよっか!と少年は囁いた。今度は彼が先生役で、みずきはどうやら生活指導を受ける生徒らしい。
 行為がまだまだ続くことを教えられつつも、みずきは少年のことを拒まず受け入れていくのだった。

「せんせー、みずきはとってもえっちで、わるいこです……♡」

 少年はじゃあそんなエッチな悪い子にはお仕置きだと囁いて、みずきの胸を揉みしだいていく。
 とても大きく膨らんだ胸は少年に指でぐにゃぐにゃと歪まされ、先端を擦り上げられる度に悶えさせてしまう。

「せんせぇ、もっと……♡」

 そんな言葉を放ちながら、みずきは少年との行為に没頭していく。
 そこにいたのは清楚な普段の彼女ではなく、うちに秘めた劣情を隠さなくなったオンナであった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます