あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

―― じゅぶぶっ!ずる、ずずずずずっ!ぶじゅるぅっ!

「ひぃ……あはぁぁぁ!やめ……やめなさ、ひぃっ……ああっ!」
 マルファの身体を貫かんばかりに触手たちが力強い律動で彼女を揺らし始めた。
 薄い恥毛と愛液のぬめりが飾り付けている肉裂はさっきまで純潔を保っていた。
 それは今はぐにゃりと、目いっぱいに広げられている。薄桃色の粘膜はいやらしく伸びて、子供の腕ほどもありそうな触手を咥え込んでしまっていた。
「うう、ぁぁっ!ひぃぃっ、ううぅっ!ううううっ!」
 全身をガクガクと揺らされる。膣壁が圧迫され、行き止まりである子宮口はクニュクニュとくすぐられ、そのたびに彼女の胸の内に淫らな疼きが渦巻いていった。
 涎まみれの唇が紡ぐ喘ぎに合わせて、抉られる肉穴は汁を垂れ流しだし、触手に巻き付けられた乳首は激しく立ってしまっている。
(ダメェ……こんな淫らなことに……屈しては、ダメ、に決まって、るの、に……ぃ)
「あああんんっ!乳首がぁ……ち、ちぎれるぅぅ……!」
 はしたなくも思わず叫んでしまった。突き上げられるたびに天を向いてぶるぶると揺れ動くマルファの乳房……その先端が触手に取られ羅れて絞り出されている。
 肉蕾に生まれたチリチリとする感覚が思考を狂わせ、下腹部の疼きを加速させてしまう。

 粘液まみれにひしゃげている自分の乳房とその快感を前にして、彼女は自分の限界とシスターとしてのしがらみから解放されていくのを感じ取ってしまった。
「はぁっ……はぁぁん……!身体がぁ……うずいてぇ……、んんっ……ひぁぁんんっ!」
 濁った瞳からは光が薄れていき、きゅんっと鳴動した膣肉が汚らわしい触手に吸い付いていく。膣内がほじくられるたびに背筋がゾクゾクしていく。恥丘の薄い茂みからは陰核がのぞき始め、充血してひとりでに痙攣していた。

(あぁ……あ……、もぅ、ダメェ……すごく、気持ち、いい……♥)
 心が諦観に満たされて行き、自分の肉欲を認識してしまった瞬間、マルファは快楽の奔流へと完全に吞まれていった。
「んぁああっ♥い……イイィッ♥イッ……くぅぅぅ…ぅぅんっ♥」
 清廉潔白であることを求められるシスターの殻を脱ぎ捨て、ただのオンナへとなり下がったマルファの下腹部がざわざわと騒ぎ立てる。心地よい震えが背筋を伝って全身にいきわたり、桜色の唇を淫猥な笑みに歪ませた。
「イクゥっ♥イクううぅっ♥私のアソコ、イッくううぅぅぅぅぅっ♥♥」
 大きく叫ぶと同時に彼女は自ら腰を持ち上げて股間を突き出した。
 頭の中が白くなっていく。下半身が心地よく緩んで、小水が漏れ出ていく温かさを股間に感じていく。
(あ、ああ……キモチ、イイ……♥)
 全身を絶頂の喜びに震えさせながら、マルファの意識は次第に闇の中へと沈んでいった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます