あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

作者:るにゅやんたん

シュタインは鈍感……告白するまでアプローチに全然気付いてくれなかった。
身体も大きくて顔もちょっと怖いし不器用。

「シュタイン、シよ?」
「……ゔ」

私は服を脱いでベッドに寝転がる。
シュタインは青かった顔を赤くして固まる。

「ゔっ!ゔぅ……」

シュタインはモジモジと指を擦り合わせている。

「来て…?」

私も恥ずかしいとは思いつつもシュタインを誘った。

「……あぁ……」

おずおずと近付いてきた彼がそっとキスをしてくれたので私は安心した。
そしてゆっくりと私の胸に触れてくる。

「んっ……」

初めての感覚に少し戸惑うけど、シュタインだから大丈夫だと思った。
ゴツゴツした指だけど私を傷付けない様に
優しく触れてくれるから嬉しい。

「ゔ…?」
「大丈夫、気持ち良いよ」

こちらを伺う様に見てきたのでそう言って微笑むと彼はホッとした表情をした。
彼に触ってもらってすっかり準備万端になった所でシュタインを受け入れようと足を開いた。

「シュタイン、挿入れて…?」



シュタインと1つになれる嬉しさと恥ずかしさ、初体験の痛みに対するちょっとした恐怖…色んな感情が入り交じりながらも彼に挿入をお願いした。

「……ゔぅ」
「…もうちょっと下だよ?ここら辺かな……」

私が自分の手で位置を教えてあげると、シュタインは恐々とそこに腰を進めた。
大柄な身体に見合ったサイズの彼の男性器が小柄な私の身体に少しずつ侵入してくる。

「んっ……ぐぅっ!」
「ゔぅ?」
「だ、だいじょうぶ……」

まだ半分程しか入っていないけど凄まじい圧迫感を感じる。
痛いし苦しいし早く終わって欲しいと思う反面、ずっとこのまま繋がっていたい様な不思議な気分だった。

「もっと奥まで挿入れていいよ?」
「……ゔ」
「いいから……」

心配そうなシュタインを促す。
ゆっくり慎重に進んでくる彼のモノはやがて私の最深部まで到達する。

「ん…全部入った……」

お腹の中に感じる熱量と質量に苦しくなるけれど幸せだとも思った。

「ゔ…」

私のアソコは雪女の私にとっては温かい方の部分だけど、それでも彼にとっては冷たかった様でビクッとして驚いているみたいだ。
お互い少しの間待って、温度差に馴染んでお腹の圧迫感もマシになってきた頃を見計らって私は言った。

「動いていいよ……?」
「……っ!?」
「大丈夫だから……」
「……」

私を心配する様に見つめながらもゆっくりと動き出す彼。
最初はおっかなびっくりといった様子だったが段々抑え切れなくなってきたのかスピードを上げていく。

「んっ、くっ、あっ、ふっ……」

シュタインの動きに合わせて声が漏れてしまう。

「……っ!……っ!」

シュタインは一心不乱に腰を動かし、時々何かに耐える様に歯を食い縛っている。
余裕のない表情なのに私を心配してくれているのが何だか可愛くて愛しくて仕方がなかった。

「しゅたいんっ……好きぃ……大好きっ……!」
「ゔぅ…ゔっ!」

思わず口から溢れてしまった言葉を聞いて彼は一瞬目を大きく見開いた後、ビクンと大きく震え私の膣内に大量の精液を放出した。

「んぁあああっ!!」

熱い液体が流れ込んでくる感覚と同時に私も絶頂を迎える。

「あつい……いっぱい出てるね…気持ちよかった…?」
「……ゔぅ」

肯定する様に呻いたシュタインがゴソゴソと服のポケットを探る。
取り出したのは何処かで摘んできた一輪の花だった。

「……これ、私に?」

コクコクと首を縦に振るシュタイン。

「ありがとう、大事にするね?」

私が受け取ると彼は嬉しさと照れ臭さで溢れた様な表情をして笑った。


私の彼氏は鈍感で身体も大きくて顔もちょっと怖いし不器用だけど…でもとってもカッコよくて、可愛くて、優しい。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます