あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

npcの小説



「サニー団へようこそ! 『お兄ちゃん』?」
「貴方を我らのアジトに歓迎しましょう、『お兄さん』」
「フハハハハハ、どうしてこんなところにって顔をしているな!この私が開発した『ビリビリ★サニー』によって意識を失ったお兄ちゃんは、『トラブル★ハイエース』によって運び込まれたのだ!」
「ああ、サニーお手製のスタンガンですので威力の調整はバッチリです。縄で拘束はしていますが火傷も怪我もしていませんよ」
「結婚するって約束した我が花婿に傷をつける訳にはいかないからな! こうやってIvil★Twinの魔の手から救い出したことだし、これで何の気兼ねもなく契りを結ぶことが……え、覚えて、ない?」
「……ほら、言ったではないですかサニー、子供の頃に1日だけ会った相手のこと等覚えている筈がないと」
「そんなぁ〜……、ねぇ、覚えてないの? 観光に来た親とはぐれていた一人ぼっちの迷子を、ここの言葉も全然分からなかった女の子を助けたことがあったでしょう?」
 そう言えばそんなことがあった気もする。学校で習ったばかりの拙い外国語と、少女が持っていた地図の目印を頼りに迷子をホテルまで送り届けたことがあった。
「最後に分かれるときに、何か約束をしませんでしたか?」
 何か凄く喜んで外国語でいっぱい喋っていたから、意味は分からなかったけど取り合えず頷いて同意したかも。
「そんな……、伝わってなかったの……?」
「まぁ学校で語学を勉強し始めたところではネイティブの意味を聴き取るのは難しいでしょうね」
「は……、はは……」
「どうしますかサニー、彼のことは諦めますか?」
「は……、フ、フフフ、フハハハハハ!! 愚問だぞルーナ、我らはサニー団、欲しいものは太陽だろうと奪い取る! 好きな男の1人や2人、篭絡出来ずして何が盗賊団か!」
「おぉ、素晴らしい覚悟です。処女が言っているのでなければ説得力も伴うのですが」
「安心しろルーナ、ここにとってもエッチな薬『ムラムラ★サニー』がある。性欲の増進とそれに伴う各身体機能の強化、飲み物に一滴でも混ぜれば老いたインド象でもパオーンする効き目だ!」
「それは素晴らしいアイデアですね。私も彼がキスキルやリィラと性交しているところを盗撮して、一度彼のものを味わいたいと思っていたのです」
「えっ」
「えっ、Ivil★Twinと一緒に寝泊まりしてるって伝えましたよね?」
「お、お兄ちゃんって、Ivil★Twinの奴らとそこまで進んだ関係だったの? ……う、浮気者ー! 私のこと忘れてただけじゃなくて浮気までしてたなんてもう知らない、バカー!」
「ちょっと、暴れないで下さい! 蓋が飛んでしまうでしょう!」
 びちゃっ。
「……あ、顔に思いっきり『ムラムラ★サニー』が……」
「どうしましょう、大丈夫なんですかサニー」
「原液でかけても理論上は問題ない、だが性欲と身体機能は途轍もなく強化されるだろうな」
「確かに拘束していた縄を引き千切りましたね、補助的な身体機能の強化でこれなら性能力はどこまで強化されているのでしょうか」
「ひっ、お兄ちゃんのがあんなに……、ズボンにくっきりと分かるくらいに大きくなってる……!」
「明らかに理性も性欲で吹っ飛んでますね、まぁ私は無理矢理も嫌いではないのでいいですが」
「私は初めてなのー! ロマンチックなベッドもアジトに準備したのにー!!」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます