あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。



「マスター」

声の主の方へ振り返ると、小悪魔の姿をした天使が──
もとい僕の精霊、イヴリースが居た。

「今日もお疲れ様でした、私がたっぷり癒してあげますね」

彼女は精霊として舞い降りた日から、いつも僕を癒してくれている。初めこそ片付けの手伝いとか、ちょっとしたカード探しの協力とか、そんなとりとめのないお願いばかりだったのだが…彼女の裏表のない純粋な好意と、そんな彼女の献身に絆されて、今日も僕は彼女に甘えてしまう。

「ふふっ、ではベッドまで…♡」

君がどんなカードの精霊なのか、分かっていても。

──♡──


「すり…すり…♡しこ…しこ…♡」

そうやって僕を労るように、イヴリースは欲望の塊を撫でる。
痛くないように、気持ちいいように、マスターである僕が感じてくれるように。
マスター優先のあまあまプレイ。

「今日は私が全部やりますから、マスターは身を委ねて下さいね…♡」

そう言ってイヴリースはひたすら僕を甘やかしてくれる。
ただの一度も拒絶されず、ひたすらに僕の欲望を受け止めてくれる。
僕のため、僕の反応だけで編まれた全肯定プレイ。
僕の気持ち良さ優先、僕が最上位のあまあま奉仕が、どうしようもなく気持ちいい。

───ヤバい、もう出る。

そんな情けない僕の声一つにも。

「はい…♡マスターどーぞ…♡いっぱい出して下さいね…♡」

なんて、甘い声をかけてくれる。
そして僕を強請るかのように、イヴリースは肉槍の弱い所を責めたてる。
これまでのプレイから、僕の弱点はイヴリースに全て理解されていて。
だけどイヴリースは最初からそこを責めたりはしなくて。
僕が激しくされたい時か、今みたいに我慢出来ない時。
僕の顔色を伺いながら、僕が果てる瞬間の快感を高めるためだけに、イヴリースは手を激しくさせる。
当然、すぐに限界は来て。
イヴリースの手を、僕の欲望が汚していく。
そんな僕の痴態を、君はひたすら愛おしそうな顔で見つめて。

「ふふっ、今日も素敵でカッコよかったですよ♡マスター…♡」

なんて甘く囁いて、僕の心を溶かして。
だからどうしようもなく君に溺れてしまう。
イヴリースという夢幻に溺れていく。



──♡──



そんなイヴリースに溺れる日々を過ごしてしばらく。
僕は今、初めてイヴリースにベッドで押し倒されていた。

「はーっ…♥はーっ…♥」

いきなりの状況に面食らって、どうしたの?と問いかけることしか出来なかった。

「ごめんなさい…♥もう我慢無理です…♥」

そう言い放つと、イヴリースは唇を重ねて来た。
強引に舌を絡めて、イヴリースは僕を貪る。
そうして暫く、イヴリースが僕の唇を解放すると。

「マスター…♥ひとつになりたいです…♥」

初めて、君の欲望が顔を出した。

「ご存知ですか…♥カードの精霊って…♥どうしようもなくマスターの事を好きになっちゃうものなんですよ…♥だってそれは…♥マスターが私のことを…♥夢幻崩界イヴリースを大切にしてくれてるの…♥知ってるからです…♥」

君は饒舌に語る、自らの想いを。

「でも夢幻崩界イヴリースは…自らの欲望のために…イヴという女の子を犠牲にした姿…罪の体現…そんなカードから産まれた精霊は…マスターの寵愛を受けていい存在じゃないんです…」

イヴリースの口は紡ぐ、君の秘めた悲しみを。

「だからせめて…マスターに嫌われないように…マスターのためになりたくって…マスターの幸せ…あげたくて…!」

イヴリースの感情が、次々零れていく。

「でも駄目なんです、抑えきれないんです、マスターと繋がりたいんです…!お願いしますマスター…今日だけ…許して下さい…私のこと…嫌わないで…」

あぁ、そういうことだったのか。
君はずっと、夢幻崩界イヴリースというカードの精霊であることに苦しんでいたのか。
なら、やることは一つ。
僕はイヴリースを抱き締める。

「えっ…?マスター…一体…」

君は戸惑う。僕は構わず告げる。
───イヴリース、好きだ。

「はぃ…!?♡」

───第一、カードの精霊にするくらい好きなんだから、今更何されたって嫌うわけないよね。

「あ…♡いや、その…♡」

───なのに知らないフリして強引に襲ってくるなんて、『僕のイヴリース』は悪い子だね。

「………はい♡ごめんなさい♡『貴方のイヴリース』は♡そんな簡単な事にも気付けない悪い子です♡これから私♡どうなってしまうんですか♡教えて下さいマスター♡」

───怒られてるのにマスターを誘惑する『僕のイヴリース』には、お仕置しなきゃ。

「〜〜〜♡はい♡お仕置して下さい♡『貴方のイヴリース』は♡怒ったマスターに躾られたいです♡」


──♡──



「あっ♡あっ♡マスター♡すき♡」

君は乱れながら、僕に愛を向け続ける。
酷く乱暴に突き上げているのに、痛いとか苦しいとか一言もなく、ただ嬌声と好意だけを僕の耳に流し込む。
もっと乱れろ、もっと感じろ。
今までの分まで、僕で乱れてしまえ。
イヴリースの腰を手をやって、決して離さないように必死に掴む。
…思えば、イヴリースの姿はとても露出が多い。
『僕のイヴリース』も、初めて会った頃は恥ずかしがってエプロンなどで隠していたが、僕の興奮を煽るためには惜しげも無くその姿を晒していた。
君は「こんな貧相な体でごめんなさい♡」なんて言っていたが、その滑らかな流線と、ほんな微かな膨らみが僕を狂わせ続けた。
そして僕を揺さぶる膨らみは、いつも以上に己を主張させている。
…違うと分かっていても、イヴリースがここを責めて欲しいと誘っているようにしか見えなかった。
だから───

「っ!?♡マスター♡らめぇ♡」

その突起を、さらけ出して、撫でて、擦る。
舐めて、しゃぶる。
吸う、ねぶる、摘む。
その度にイヴリースの身体は跳ねる。僕を離すまいと強く締め付ける。
当たり前だ。逃がさない。君は僕の精霊。僕の愛するイヴリース。
イヴリースの口から漏れる艷声は、甘さと艶めかしさを増していく。

「マスター♡それだめ♡イっちゃいます♡」

その声だけで、僕の溶けた理性が更に流れる。
イヴリースの腰を掴む強さが増す。跡がついてしまうほどに。
頂点への愛撫を加速させる。君の身体は更に跳ねる。
イヴリースへの抽挿が止まらない、止められない。止めたくない。
もうすぐイヴリースが果てる。僕で絶頂する。遂にその姿が見られる。

───イけ。

そう囁くと、イヴリースは大きく仰け反って、絶頂した。
そしてイヴリースの身体の痙攣に誘われるように、もしくは蕩ける君の姿に興奮したように、続けて僕も思いの丈を流し込んだ。



──♡──


「マスター♡」

声の主の方へ振り返ると、色欲を司る僕の精霊、イヴリースが居た。

「今日もいっぱい、私で癒されてください♡」

僕の天使は、僕に堕ちた。

「ではベッドまで…♡きゃっ…♡」

僕は今日も、君という夢幻を抱く。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます