あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

「どうしよう、これじゃ宿屋に戻れないよ……」

 怪しげな植物の魔物の攻撃によって、胸が大きくなってしまった勇者様が嘆く。たゆんたゆん、という言葉では言い表せないほど大きくなっているその胸は、服に納まりきらず、下着も意味もないものにしてしまっていた。服が着れないのもあって上半身は素肌を晒している。

「くしゅんっ」

「勇者様っ」

「やっ、やっぱり寒いかも…」

 深い闇が支配する森。太陽が差し込まないこの場所では気温が大きく下がっていく。服が着れない状態が続くと、勇者様の体調に響いてしまうだろう。

 夜営のテントにいるから安全ではあるものの、状況をどうにか改善しないといけない。思い出せ。なにか、対応方法があったはずだ。

「……あっ」

 思い出した。記憶が正しければ、この森のモンスターの膨乳に対する治し方は、そのおっぱいを揉んであげること。そして、貯まっている液体を出させてあげることだ。勇者様のそれはまだ、その、母乳ではないはず。きっと、なにか他の別の液体が貯まって大きくなっているだけだろう。

「水遣い、どうかしたの?」

「治し方、わかったかもしれません」

「本当? どうすればいいのかな」

 勇者様が無垢な瞳で私を見つめてくる。静かに私は答えた。

「その、おっぱいを揉んで、液体を出すんです」

「ふえっ」

「それで、解決するはずですから、信じてください…!」

 恥ずかしくなりながらもそう言葉にする。本当は私だって提案するのは恥ずかしい。けれども、このままでいるわけにはいかない。

 それを聞いた勇者は、顔を赤くしながら、私にお願いしてきた。

「……重くて、持ち上げるないと潰されちちゃいそうだから、出そうとするの難しいんだ」

「ゆ、勇者様?」

「だから、水遣い。その、さ、搾乳してもらっていいかな」

「ゆゆ、ゆうしゃさまの、おっ、おっぱいを……!」

 畏れ多い。触ってはいけない気もする。けれど、頼まれている。これは、やらないといけない。私が。理由もあるから…

「し、しつれい、しますっ……!」

 大きくなった勇者様のおっぱいに触れる。

「ひゃん……っ」

 敏感になっているのか、それだけで勇者様は感じてしまっていた。でも、搾乳するのならもっと、で、出るところを触らないといけない。そっと勇者様の両方の乳首を指で挟みながら、おっぱいを掴む。

「ひにゃ、み、みず、つかい…♥️」

「ゆ、ゆうしゃさまっ…が、がまんしてくださいっ」

「が、がまん、できにゃ、ひゃ…あ♥️」

 掌いっぱいで、勇者様のおっぱいを触って、乳首にも刺激をいっぱい与える。勇者様がびく、びく、と動く。感じている。
「だめ、みずつかい、だめ、だめ…♥️」

「ゆうしゃさま…っ」

 勇者様の乳首から、白い液体が吹き出される。母乳、ではない、はず。でも、甘くて、とろってしている。まるで、蜜のように…

 蜜…? まさか、モンスターを集める催淫作用が…!

「も、もんすたーよけっ」

 なんとか聖水をまいてモンスターが近寄るのは阻止できた。だけれども、それ以上のことは手遅れだった。

 身体が熱を持つ。きゅんと、興奮してしまって止まらない。もっと、味わいたい。いっぱい、蜜を食べたい…

「ゆうしゃさまの、おっぱい……♥️」

「みずつか、ひ、ひにゃっ…♥️」

 直接はむはむと乳首に甘噛みする。とくん、とくん、沸き上がってくる勇者様の特製の蜜。そっと、舌でその蜜の味を堪能する。

「な、なめちゃ…ら、らめっ…♥️」

「かわいいです、ゆうしゃさま……♥️」

 身体全体が熱を持つ。下着ももうびしょびしょ。でも、我慢なんてできない。

 はむはむできない方のおっぱいには掌で刺激を、与えて、直接はむってできる方にはいっぱい噛む。でも、余った蜜を味あわないのはもったいない。

「んっ、んんっ…♥️」

 唾液を交えて、大胆にキスをする。唇に指を舐めさせて、勇者様も蜜を味わってもらう。これで、みんな蜜の虜になってしまった。

「は、はふ、も、もっとしてぇ、みずつかい…♥️」

「はいっ、いっぱい、してあげますっ…♥️」

 唇を重ねて、おっぱいも揉んで、秘所も擦りあわせる。

「イく、イくぅぅ…♥️」

「は、ひゃ、ゆ、ゆうしゃ、さま、ぁ…♥️」

 お互いがお互いを気持ちよくする空間。甘い蜜がその場を支配していた…





「みず、つかい…っ」

「あれ、ゆうしゃさま…?」

 少しだけ光が外から見えてくる。朝になったみたいだ。勇者様のおっぱいは元通りになっていた。……服がめちゃくちゃなことになっているけれども。

 そこで、意識がはっきりする。私は勇者様になんてことをしてしまったのだ。

「ご、ごご、ごめんなさいっ」

「大丈夫、元通りになったから、ね」

「でも…」

「昨日のことは二人の内緒にしよっ」

「…わかりましたっ」

「……また、したいな」

「はぅ…♥️」

 新しく服を整えて、勇者様と私は街まで戻っていった。また、同じことがあるのなら、自分の意思でいっぱい感じたい。夜のことを思い出すと、身体が少し反応してしまっていた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます